友人と麻雀(180814)

こんにちは!

友人と麻雀シリーズです。

友人と麻雀したりBBQしたり映画見に行ったり忙しくて全然更新してなかった分を取り返すべく、前回の記事と連続で書いてます笑

さて、前回は途中までの強運のおかげで勝てましたが今回は果たして。

ルールは前回の記事を参照してください

今回の結果です。計13半荘やりました。()内の数字は順位です。

+120(1) -8(3) -26(3) -34(4)

+7(2) -65(4) +53(1) -26(3)

-37(4) +68(1) -38(4) -24(3)

+50(1)

計+40

今回は全体としては厳しい闘いでした。

前回の終わりで既に強運は終わったことは承知してたので、前回記事にも書いたとおりの戦略(決め打ち)でなるべく負けないように打ちました。

結果、一度は箱下になったものの、それ以外の4着は大きくは負けなかったおかげで、何とかトータルでプラスに持ってこれました。

ただまあもちろん努力はしましたが、やっぱり1半荘目のプラスがめちゃめちゃ大きかったっていう話ですかね笑

その1半荘目が最初で最大のハイライトです。

実はこの半荘、1着キープのためにオーラスで適当に上がった以外は一度しか上がってません笑

その一度がとてもとても大きかったわけですが笑

その日一番最初の半荘ということもあり、前回の終わりを引き継いでいるのか様子を見ながら打ってました。

配牌的にはやはり前回を引き継いでいる感じだったので、決め打ちをしようと。

微妙な局が続く中、調子悪い時あるあると言っていい七対子を目指していると、みるみる暗刻になって、ついにはツモリ四暗刻をテンパイ、自分はこの場合即リーチします。

出上がりの場合は裏ドラに期待したいですから。

しかし結局上がれず流局。

今日も役満はテンパるだけのあるあるか、と思っていたら今度は配牌で9種10牌!

これは狙うしか無い、行くしか無いと思い迷わず国士無双へ。

そして7巡目辺りでテンパって、13巡目辺りで盲牌したら誰でも分かる白をツモ!!国士!!気持ちいい!!(画像はhttp://nnkr.jp/tools/tehai_generator/にて作成)

子の役満は親16000点子8000点の計32000点。

さらにルールに則って、点数とは別途+60。

ちょうど1着の人が親だったことも幸運でした。

しかし2局連続で役満をテンパイ出来るものなんですね笑

流石に興奮しました。

結局最初だけは強運だったのでしょうか笑

だって国士無双を意識的に狙おうとしたのは最近だとこの局くらいですからね。

その後の局は最初に書いた通り厳しいながらも頑張りました。

一番最初の局が結局最大のピークでしたね。

そのピークがとんでもなく大きかったんですがね笑

次回の麻雀はいつになるか分かりませんが、機会があったら記事にします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする