2020/10/11 WIN5

WIN1 3勝 藤森S

京都ダ1200m・3歳以上・定量

考察

今週は台風の影響で土曜まではしっかり雨、日曜は晴れるが回復しても恐らく稍重までと見て予想していく。

アヴォンリーが過去走ってきたダート1200mは中山、中京、新潟の3会場、唯一馬券外は1枠2番と内枠だった中京でのレース。

前走もそうだが、より外枠でスムーズな競馬ができる前目の位置取りを素直に取れれば、前が残りやすい京都ダ1200は十分通用する。

一方で今走は先行馬が多く、仮に内枠でも引こうものなら絶対に消し。

なんと大外枠、逆らえないか。

3歳牝馬のサダムスキャットの2走前は上位5頭中4頭が4コーナーの通過2桁、その中先行で2着メイショウテンスイはその後3勝クラス勝ち上がり、地方重賞GIIIで2着。

先行して9着だったウルトラマリンも3勝クラス勝ち上がってOP4着、ほぼ同じ辺りを追走していた全日本2歳優駿2着馬のアイオライトでさえ15着。

その日の他のダート1400は前半3Fは36秒台と遅いレースが多いながら、後方からの差しも届いている中、このレースは34.6秒の入り。

前走は軽斤量に不良馬場で3番手追走ながら上がり最速、今走も人気しないなら道悪ダートで斤量の恩恵を受けての先行逃げ粘りも期待出来る。

結局2番人気まで上がってきたが、今走は逃げ先行争いが激しそう、重馬場なのでより外のキックバックの影響が無い外枠が有利か。

振り返り

内外で6頭の馬が先行争いする流れになり、アヴォンリーは前走よりも外を回される明らかに厳しい流れに。

その中でも強い人気馬が内枠から先行出来たので順当に決まったようなレース。

上がり最速で突っ込んできたサダムスキャットは中団外で控える競馬を選択。

芝では3歳馬は上位馬意外はあんまりだが、ダートは結構結果を出している。

WIN2 L グリーンチャンネルC

東京ダ1400m・3歳以上・別定

考察

重馬場適性があり、外差しを決められそうな上がりが出せる穴馬を見つける。

アードラーは脚質が差し追い込みに変わった2018年以降、馬場関係なく上がりを出せている。

特に稍重あるいは重馬場での惜しい好走が続いていて、4走前の重馬場開催だった京都ダ1400の栗東Sで敗れた3頭は普通に強かった。

地方重賞で好走連発のファッショニスタ、中山GIIIマーチSで3着のレピアーウィット、しかもこの2頭より1kg重い斤量、そして1着馬はサクセスエナジー。

流石にこれらを後ろから差し切るには、ラスト一番伸びていたが京都では直線が足らなかったし、そもそも前後3F33.8−36.7で逃げ切る前の馬たち強すぎる。

東京ダ1400自体の出走は過去に3度、1度目は2年前の同レース、良馬場ながら上がり2位で3着、その時に敗れた相手2頭は、直後に東京GIII武蔵野Sで1、2番人気、結果1、3着馬のサンライズノヴァとナムラミラクル。

2度目はOP霜月S良馬場、このレースは1着と0.2秒差の7着、上がり幅が小さく差しが届かないレース。

3度目は東京GIII根岸S、これはイン差しを敢行したものの、明らかに砂を嫌がる素振りを見せていた。

前走は中京のスパイラルカーブを大外ぶん回しては届かないのも無理はないが、やはりラスト一番伸びていて、末脚の衰えは感じない。

今走はデターミネーションやジャスパープリンスが前半3Fを33秒台で快調に飛ばしてくれる期待もあり、かつ差し届きやすい東京の重馬場でこの人気なら。

ブルベアイリーデは東京での重馬場実績があり、前走はアードラーに差されているが、4走前の東京ダ1600オアシスSでは好位差しで勝ち切り。

現状前走エニフS組の着順と想定オッズが乖離していて、1着ジャスパープリンス2番人気、2着レシプロケイト11番人気、3着タガノアム7番人気、5着アードラー12番人気、7着ブルベアイリーデ8番人気。

後ろから差し脚一気の同型(ショーム、ドリュウ、タガノアム、アードラー)が思いの外多く、あまりペースが上がらないとなると流石に後方一気は厳しい可能性も。

ハーグリーブスはタガノアムやブルベアイリーデに敗れているし、前走のレースは低レベル。

サトノファンシーは東京ダ1400に限れば2−1−3−2、だが1年以上の休み明け3走目で58kgの斤量、流石に厳しいか。

だいぶ人気が変わって、レシプロケイトは3番人気に、ブルベアイリーデは4番人気に上昇、代わってショームなど差し馬は穴目に。

なら差し決着を期待したい所、やはり東京1400のOPやLで結果を出しているショームが本命か。

振り返り

東京の重馬場ダート、差し有利と見て差し馬を選択も、前半3Fは34.3と思いの外遅く、差し届かずの結果。

ショームの末脚は案外だったが、戦績をよく振り返るとレース上がり3Fが35秒台ではあまり上がりを出せていなかった。

一方で馬場関係なく上がりを出していたアードラーが一番突っ込んできたのもうなずける結果。

ここでも3歳馬が勝ち、スタートが素晴らしく3番手追走から後ろの追い出しを十分待ってから追い出す事が出来た分、粘りきれた。

ハーグリーブスとブルベアイリーデは不良の東京1400で結果を出していて、振り返れば共に道悪巧者っぷりの戦績。

WIN3 3勝 北陸S

新潟芝1200m・3歳以上・ハンデ

考察

新潟内回りは開幕週で絶好の前有利な馬場、枠は関係なくとにかくテンで先行出来ればそのまま残る。

勝ち時計が8秒フラットだとして、テン3Fが33.5秒だと上がり3Fは34.5秒、余裕で前が残れそう。

まず逃げ候補はアルミューテンとビアイ。

最内枠のビアイは前走もスタートとテンでハナを奪ったが、すぐ外の番手で他馬がマーク、開催の進んだタフな小倉で前半3F33.6秒は流石に厳しい流れだったが、ラスト1Fまでなんとか保っていた。

鞍上も1勝クラス、2勝クラスと連勝した原田騎手に乗り替わり、斤量のハンデもあり、ハナを取って内をロス無く回せばワンチャンス。

アルミューテンは前走から−3kgの斤量、ビアイよりもハナに拘りたい所、新潟の千直でもテン32.5秒でハナを取りきっている。

4走前に東京1400で1200m8.1秒通過もあり、高速馬場も問題なし。

両者共に前走が割と激走しているので、それの反動に不安はある。

仮にこの2頭が潰れたとして、次点は番手の馬。

安定して番手辺りを追走できているのはロードアクア、アダムバローズ、千直からヒロイックアゲン。

ロードアクアは3走前にビアイに位置取りの差で敗れていて今走はそれが再現されるし、過去の走破時計ももの足らず、掛かる馬場のほうが向いてそう。

アダムバローズは前走、ビアイのペースに5番手追走、大外枠で馬場の良いところを走れた恩恵は大きそう。

今走も引き続き大外枠、かえって決め打ちで走りやすい位置まで押し上げられれば問題はないが、内外の差は出そう。

ヒロイックアゲンは枠順的に、ビアイやアルミューテンの後ろの内を取れそう、もし取れたら内をロス無く回して好位差し。

それと1200では2勝クラス時代、あまり差のない競馬をしていたコウエイダリアも斤量のハンデと展開利を取れたら、ヒロイックアゲンを逆転の可能性も。

振り返り

読みどおり前決着ではあったし、挙げた逃げ先行馬5頭から2頭で連対まで決着、悪くはなかったが、ビアイが最内から前に出られず。

とはいえラストの伸びは微妙、馬群の中を走るのが駄目だったかも、あるいは前走の反動か。

逃げたアルミューテンはよく粘っていたが、1200は若干長かったか、あるいはこちらも前走の反動もありそう。

代わりにロードアクアが前で結果的にビアイにやられたレースの逆の展開、ヒロイックアゲインもその後ろをぴったり。

WIN4 GII 京都大賞典

※出走馬考察は別記事

WIN5 GII 毎日王冠

※出走馬考察は別記事

買い目

16アヴォンリー

14ショーム

1ビアイ

3シルヴァンシャー

9サリオス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする