2020/8/30 WIN5

WIN1 2勝 苫小牧特別

札幌ダ1700m・3歳以上・定量

日曜は一日雨予報、しっかり降るらしく重馬場まである。

逃げ馬候補が多くペースは上がりそうなので、札幌らしい好位差しが決まりそうだが、馬場次第では前が止まらない可能性もある。

人気サイドの馬の戦績がパット見微妙なので、穴サイドから順に。

3クリノヴィクトリア・・・1000万下降格経験あり、流石に実力不足。

11ベアクワウフ・・・700m一気の距離延長、馬場がタフになったとしても流石に。

13サクラルーフェン・・・近2走の凡走は共に後傾3秒以上で明らかにオーバーペース、間隔も空いた方が走る。

また、2100の1戦を除く負けた1勝クラスの相手はどれも強い。

1秒差付けられた9/14の勝ち馬エクリリストワールは3勝クラスで3着2度。

その次戦の勝ち馬ブラックヘイローは2勝クラスで馬券内2度、2着馬デッドアヘッドは2勝クラス勝ち上がり。

さらにその次戦の重馬場では前半3F35.3秒のハイペースを番手ながら粘って2着、勝ち馬のワンダーコノシュアがダートの重馬場巧者過ぎただけ。

重馬場実績があり休養明けでフレッシュ、必ずしも逃げる必要はないので、内から行きたい馬を行かせて、大外枠から良いポジションを確保、漁夫の利のちょこっと粘り差しがありそうな面白い穴馬。

12アオテン・・・勝ち上がったレースの相手が弱く、その前に屈した相手も弱い

4タマモサンシーロ・・・軽斤量での好走、57kgの斤量では厳しい。

10スズノアリュール・・・負けた相手が特段強かったわけではない。

5フクノワイルド・・・勝ち上がったレースは少頭数楽逃げの恩恵が大きいものの、札幌ダ1700は相性が良い。

ここ2戦はスタートで出負けしており、吉田隼人騎手と手があっていない可能性もあったが、乗り慣れている加藤祥太に乗り替わりで変わり身あるか。

6ヴィーダ・・・前走競馬からフクノワイルドとの逆転が望めるほど上積みは期待出来ない。

次に現状単勝1桁の5頭について、勝ち上がり初戦の馬が3頭、3歳牡馬が4頭。

2プロヴィデンス・・・1600で大敗、300mの距離延長、初のツーターンなど未知の要素が多いが他もパットしないし、事前よりは人気していない。

1アンダープロミス・・・重馬場実績があり、不良の札幌は前や内枠が有利になっていて堅そう。

win的には1アンダープロミスと2プロヴィデンスか。

WIN2 L 朱鷺S

新潟芝1400m・3歳以上・別定

土曜の外回りはほとんど外枠の差し馬だが、12Rの内回り1400は前後3Fで34.5−12.1−35.3と前傾だが前が残った。

ペースが速くなれば外差しが届きそうだが、明確な逃げ馬がいないので緩い流れになりそう。

18頭立てで馬群凝縮すれば馬場も相まって内枠の各馬は動きづらく、逃げ番手の馬か、外枠から動きやすい差し馬を狙いたい。

4枠以内で一番テンが速そうなのは3グランドボヌールで、恐らくそのままハナに出るだろう、ピンかパーなので人気無いなら狙ってみても面白い。

外枠からは14アリンナ、15ラヴィングアンサー、16プリンスリターン、18プールヴィル。

win的には3グランドボヌール、15ラヴィングアンサー、18プールヴィルかな。

WIN3 OP 小倉日経OP

小倉芝1800m・3歳以上・別定

逃げるのは恐らく3ミスディレクションで番手に外から8タニノフランケル、共に前走の小倉記念と同じ、流石にハイペースで共に潰れた。

タニノフランケルはラスト1Fまで粘っており良さそうだが、そこを突っつきそうな9セラピアが厄介な存在で、外差しの利く馬場も相まってここは厳しいか。

そのセラピアは3ヶ月半ぶり、初のツーターン、上がりのかかる1800は不安要素が大きい。

やはり差し馬を狙いたい。

その中で過去重賞でも掲示板が2度ある5アメリカズカップは、前走前が潰れる展開でジリジリと伸びていた。

あとは外目の枠で実績のある10サラキアか、1ダノンチェイサーは抑え。

win的には2ダノンチェイサーと10サラキアか。

WIN4 GIII キーンランドC

札幌芝1200m・3歳以上・別定

※出走馬考察は別記事

絞るなら12ライトオンキュー一択。

WIN5 GIII 新潟2歳S

新潟芝1600m外・2歳・馬齢

※出走馬考察は別記事

5フラーズダルムと11ショックアクションの2頭か。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする