2020/8/8・9 2歳戦

8月8日(土)新潟

1R未勝利戦 芝1600m外 ショックアクション

恐らく朝から雨で稍重から重、ただかなり時計がかかるまではいかないだろう。

雨でペースが速くともバテバテの展開とまではならず差し有利になりそう。

根幹距離なんでここは前走が同距離の馬を優先する。

前走と同距離はコウソクカレン、リフレイム組からスターリーアイズとジャッカルの2頭、バージョンアップの4頭。

コウソクカレンは前走かなりの不良馬場、それよりは高速化する馬場に対して未知数だが、現状の人気では買いづらい。

スターリーアイズの前走の時計は同日12R3歳以上1勝クラスと1.2秒差と悪くない。

差しが届く馬場の中、勝ち馬とはハナと4番手という位置取りの差や外々を回した差だが、上がりは2位の33.6秒としっかり出せている。

ただ前走15番人気から一気に5番人気に上がっていると手は出しづらい。

距離延長なら差し届かずのシゲルセンムがやや気になるが、割合は多めなので逆に距離短縮から前走アオイゴールド組の2頭だがイマイチ。


雨 稍重 18頭

12.4 – 10.9 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 11.7 – 11.1 – 12.6 = 1:35.3

その後の成績 勝ち上がり0頭

5R新馬戦 芝1600m外 ストゥーティ

雨 稍重 18頭

12.5 – 11.3 – 12.4 – 12.9 – 12.5 – 11.8 – 11.5 – 11.9 = 1:36.8

その後の成績 勝ち上がり0頭

9ROPダリア賞 芝1400m ブルーバード

1Rよりさらに雨が降って重馬場、逃げ先行馬が多く、ペースが流れて差し有利になると予想。

そういう意味でジャカランダレーンには逆らえなさそう。

それ以外で中団から差して1着だったのはブルーバードくらい、1200m前後3Fで35.5−35.1と逃げ馬がそのまま逃げ勝ちそうな所を差し切った。

前走の映像を見ると4コーナーから徐々に加速、ラスト1Fでは3馬身差くらいあったが、かなりギリギリの所で交わしており、1Fの延長ならさほど問題ないだろう。

最内枠で経済コースを回せるし、前が落ちてきた所をスムーズに一気に差す展開がある。

前走同距離で一番気になるのはプルスウルトラで、前走は番手追走ながら上がり最速。

2着馬ユイノチャッキーにやや抜け出される所をもうひと伸び、距離短縮した次走勝ち上がっている。

新馬戦の内容からも好位差しも問題なさそう。

あとは当日の内外の馬場差次第。

微妙だが雨が降り続いているので内ラチ沿いは厳しそう、ここはプルスウルトラの複勝を。


曇 重 11頭

12.3 – 11.0 – 11.1 – 12.3 – 12.7 – 11.7 – 12.3 = 1:23.4

8月8日(土)札幌

2R未勝利戦 芝1800m ジオルティ

8頭立て、下位に気になる馬もいない、強いて言うなら600m延長で変わり身があるかもしれないトーセンネッロ。

曇 良 8頭

13.0 – 12.0 – 12.0 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 12.2 – 12.6 = 1:50.1

その後の成績 勝ち上がり0頭

5R新馬戦 芝1200m テーオーメアリー

曇 良 9頭

12.3 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.5 – 12.3 = 1:09.9

その後の成績 勝ち上がり0頭

8月9日(日)新潟

1R未勝利戦 芝1800m外 スウィートブルーム

まず前走で大別すると、ツーターンかワンターン、まずは今走と同じワンターンから3頭。

人気しているセファーラジエルの前走は追い出しで詰まってはいるが、同日同コース3歳以上1勝クラスより3秒遅い時計とやや物足らない印象。

ミヤジオシャラクは前走1200からの距離延長、最内とか枠が極端なら良かったが。

あとは東京マイルからサンキューベイリーだが、スピード負けの可能性があり上がりがかかる馬場は良いかもしれないが微妙なところ。

ここはツーターンで不器用さが出てしまった馬の変わり身が期待できそうな馬を探す。

まずあまりペースは上がらなさそうで、雨の重馬場外回り、直線も長いのでなるべく内目でロスなく回れる好位差しの馬を選定したい。

とりあえず非根幹距離なので前走同距離の馬から、3、4コーナーで順位を4つ下げながら着順を上げているのがトーセンマーク。

前走の映像を見ると、まず3コーナーで進路が狭くなる瞬間があり、その後4コーナーで他が前へ行く所で遅れを取っている。

その後はもう一度気合を入れて直線やや左にもたれながらも地味にジリジリ来ており、広い新潟コースで一変する可能性を感じる。

枠も内目で悪くない。

2000からはアイリッシュムーンで、前走は明らかにコーナーで仕掛け遅れて脚を余しているので、今走も同じ内枠で直線長いコースなら。


雨 不良 18頭

12.5 – 10.8 – 11.5 – 12.2 – 12.7 – 12.9 – 12.1 – 12.0 – 12.6 = 1:49.3

その後の成績 勝ち上がり0頭

5R新馬戦 芝2000m ランドオブリバティ

曇 不良 15頭

13.2 – 11.5 – 13.1 – 14.1 – 13.3 – 12.8 – 12.5 – 12.2 – 11.5 – 11.5 = 2:05.7

その後の成績 勝ち上がり0頭

6R新馬戦 芝1600m外牝 インフィナイト

曇 不良 18頭

12.6 – 11.8 – 12.1 – 13.3 – 12.7 – 11.8 – 11.2 – 12.0 = 1:37.5

その後の成績 勝ち上がり0頭

8月9日(日)札幌

1R未勝利戦 芝1200m牝 ハイプリーステス

8頭立ての1200、波乱もなさそう。

晴 良 8頭

12.6 – 10.5 – 11.0 – 11.6 – 11.7 – 12.0 = 1:09.4

その後の成績 勝ち上がり0頭

5R新馬戦 芝1800m オーソクレース

晴 良 8頭

12.9 – 12.3 – 13.1 – 13.3 – 13.0 – 12.3 – 11.8 – 11.2 – 11.4 = 1:51.3

前後4Fは51.6−13.0−46.7の超超スロー上がり4F加速、からの2F直線勝負。

1着0.3 1枠1番オーソクレース牡2 ルメール54.0kg

スタート遅れて中団内、4コーナーから外に進路を求めてロンスパ差し切り。

2着0.3 7枠7番シティレインボー牡2 池添謙一54.0kg

終始1頭分外を回すロス、直線スパッとは切れずじりじりタイプか。

3着0.5 3枠3番トーセンガーリー牝2 横山和生54.0kg

内々を回せたが仕掛けどころで進路取りに手間取り、やや仕掛け遅れた3着。

その後の成績 勝ち上がり0頭

未勝利戦結果

8/9新潟1R

アイリッシュムーン→2人気3着 複勝2.5倍

トーセンマーク→11人気9着

参考

【新馬戦解説 次走狙い】2020年8月2週目(8月8日・9日)デビュー馬を初心者の方にも分かりやすい解説を心がけました。テーオーメアリー、ストゥーティ、サウンドブレイズ、オーソクレース、インフィナイト

こーちゃんの競馬ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする