2020/6/21 GIII 函館スプリントS

函館1200m芝・3歳以上・別定

1200mの小回りワンターン、時計も出やすい時期の函館ということで、逃げ先行馬なら勝ち時計が8.5秒以下の速いレース時での成績が求められるか。

また差し追い込み馬なら、ワンターンで(直線が平坦な)小回りコース(京都内・新潟内・福島・小倉・札幌・函館)の成績を確認。

全て新馬戦と未勝利戦を除く、ワンターンに中京1600は含むが中山1600は含まず。

1枠1番スリーケープマンボ セ5 竹之下智昭56.0kg

札幌で2連勝で1勝クラス、2勝クラスと勝ち上がっているが、共に前残り、相手も3勝クラス未満で苦戦の馬ばかりと恵まれた逃げ、先行馬。

8.5秒以下:0−2−0−3(連対は共に500万下中京1200)以上:2−0−0−6

平坦小回り:2−0−0−4(勝ちは共に札幌1200)他:1−2−0−7

最内に入ってすんなり逃げあるいは先行して前残りに期待できるとはいえ、戦績的に中京1200や札幌1200のようにタフ向き、高速化している今回は力不足か。

1枠2番マリアズハート牝4 大野拓弥54.0kg

前走の春雷S(リステッド中山1200m)も含めここ3戦は基本後方からにはなるが、どれも終いの脚は長く鋭く、一方で前崩れの展開に助けれられた面もある。

長く鋭い脚は使えるので、早めに仕掛けていきやすい外枠、あるいは位置取りを取れるのが理想、あるいは内枠なら覚悟を決めてイン差し。

踏み込みが強い馬なので函館の剥がれやすい洋芝は合わなそう。

8.5秒以下:2−1−0−1(連対以上は全て中山1200)以上:1−0−1−0

平坦小回り:0−0−1−1(3着は福島1200)他:3−1−0−0(全て中山1200)

差し馬ながら過剰に人気している気配。

2枠3番エイティーンガール牝4 坂井瑠星54.0kg

前走の鞍馬S(オープン京都1200m)は休み明けながら上がり最速32.4秒の強烈な外差し、上位とは位置取りの差。

血統的には函館1200は抜群の適正だが、展開待ちであることは否めない。

8.5秒以下:0−0−1−2(3着は前走の京都1200)以上:3−3−0−0

平坦小回り:2−2−1−1(全て京都1200)他:1−1−0−2

直近3走こそ、京都1200など平坦小回りでも後方から上がりを使って馬券内に食い込んでいるが、時計が速いと前走のような差し損ねも。

人気の差し馬は今回は控えたい。

2枠4番スイープセレリタス牝4 丸山元気54.0kg

前走の晩春S(3勝クラス東京1400m)は直線で仕掛けてからの反応は良いものを見せているが、長い直線でこそ、またテンで前に行ききれない面は気になる。

8.5秒以下:(出走なし)以上:(出走なし)

平坦小回り:(出走なし)他:3−1−3−2(左回り:3−1−2−1)

ただし内枠の中ではスリーケープマンボの後ろを取れそうではあるので、未知部分は多いが人気してないなら抑えても良いか。

3枠5番ティーハーフ牡10 国分優作57.0kg

いまだに時々上がりは出せているし、一発はある馬だが、近走で穴を空けている舞台は全て京都1200。

多いので2018〜2020に絞って確認。

8.5秒以下:1−0−1−4(共に京都1200)以上:0−0−1−4

平坦小回り:1−0−2−4(当然全て京都1200)他:0−0−0−4

3枠6番ダイアトニック牡5 武豊58.0kg

前走の高松宮記念は中京の坂でも思いの外伸び脚が良く、なおかつ斜行の不利がありながらも、そこからのもう一脚があったのも評価できる一戦。

そもそも初のスプリントながらスタートを決めて4番手の位置につけられたのが大きい。

その前の阪急杯は降着にこそなりはしたが、差し有利の展開で4番手の追走ながら一時先頭に立つ脚を見せた。

休み明けも走るし時計のかかる馬場も問題にしないので洋芝も大丈夫だろうという考えも出来るが、1番人気にしては他に斤量の不安もある。

8.5秒以下:(出走なし)以上:0−0−1−0(前走の高松宮記念)

平坦小回り:5−0−0−0(全て京都1200)他:0−3−2−2

4枠7番ライトオンキュー牡5 古川吉洋56.0kg

前走の京阪杯はスタートでやや出遅れるも、外からスムーズに差し、スプリントで中団からでも上がりは使えている。

直線では手前を変えておらず、不器用かもしれない。

昨年は札幌でスプリントを2走して、キーンランドCでは差し有利ではあったが4着と洋芝は問題ないだろう。

懸念はドバイ遠征の空振りで、アーモンドアイこそヴィクトリアマイル1着安田記念2着も、アドマイヤマーズは安田記念で思いの外奮わなかった。

8.5秒以下:0−1−0−0(連対は札幌1200)以上:2−0−0−1

平坦小回り:2−1−0−2(勝ちは共に京都内)他:2−0−0−3(1600で馬券外2回)

あまり速い馬場は歓迎ではないこと、テンが速くないことから人気では買いづらい条件。

4枠8番シヴァージ牡5 藤岡佑介56.0kg

前走の高松宮記念は後方から、4コーナーで若干進路は狭くなったが、直線の伸びは前にいたグランアレグリアと同じ上がり最速の33.1秒、前有利の展開で届かず。

3走前の淀短距離S(リステッド京都1200m)でも同じように前有利の展開の中でしかも追い出しが遅れながらも、強烈な末脚でアタマ差の4着。

当然展開待ちの馬になるが、想定オッズでは過剰人気感が否めず、また近3走の時計が遅く、パワー系である点も気になる。

8.5秒以下:(出走なし)以上:1−0−0−2

平坦小回り:1−0−0−1(勝ちは小倉1200)他:0−0−0−2

想定よりは人気していない点と、同じ差し馬のマリアズハートやエイティーンガールより人気していないなら、仮に抑えるとしたらシヴァージになる。

5枠9番フィアーノロマーノ牡6 藤岡康太57.0kg

前走の阪急杯は阪神内回りの短い直線で斜行の不利がありながらも、そこから一脚使っての馬券内は評価、その前の阪神Cも同様で器用な馬。

同時に急坂でも粘れるタイプで、マイラーズCは直前で出走取消となったが、戦績が急坂コースに偏っている傾向が気になる。

初のスプリント、初の洋芝、平坦コース替わり、基本的には先行タイプなので前目に位置を取るにはあまり内枠過ぎない方が無難か。

8.5秒以下:(出走なし)以上:(出走なし)

平坦小回り:0−0−0−1 他:2−2−0−6(阪神:2−2−0−0)

唯一平坦小回りだった渡月橋S(1600万下京都1400)は出遅れて後方から大外ぶんまわしの上がり最速4着。

一見急坂巧者と上述したが、阪急杯、阪神C、ダービー卿CTや2018ファイナルSと阪神内回りや中山といった直線短いコースでの好走が多い。

東京や新潟での戦績が悪いことからも、また阪急杯、阪神Cの走りからも直線の短いコースに適正が高いと思える。

5枠10番ジョーマンデリン牝4 岩田康誠54.0kg

連闘という不安は付きまとうし、過去の戦績から函館・札幌はたしかに連対を外していないが相手が相手。

前目の位置は取れそうなので、抑えるかどうかは人気次第。

8.5秒以下:1−0−0−3(勝ちは前走函館1200)以上:2−1−1−2(8.6秒で1・2着)

平坦小回り:3−1−0−2(連対以上全て函館1200)他:0−0−1−4

明らかに人気過剰、単勝1桁台では流石に買えない。

6枠11番アリンナ牝6 丹内祐次54.0kg

前走のバーデンバーデンC(3勝クラス福島1200m)は中目の馬場が良く、展開も前崩れのハイペース、その辺りは向いたが後方から大外ぶん回して距離ロスは目立つ。

函館1200コースは昨年2勝クラスで3走して5→3→4着だが、すべて時計が9分台と微妙、特に昨年のHTB杯の勝ち時計は同日3歳以上1勝クラスと同じ。

多いので2018〜2020に絞った。

8.5秒以下:1−0−0−9(勝ちは前走福島1200)以上:1−0−3−4

平坦小回り:2−0−2−8(勝ちは共に札幌1200)他:0−0−1−7

6枠12番グランドボヌール牡6 城戸義政56.0kg

前走のオーシャンSはダノンスマッシュの後ろの好位中目から、折り合いを欠いてやや伸びあぐねはしたが、先行出来たのは評価、ただ展開は向いていた。

新馬戦を除くワンターンの芝レースに絞ると、左回りは4−0−0−5、右回りは0−0−0−5、急坂(中山・阪神・中京)は3−0−0−5、平坦(東京・京都)は1−0−0−5、中京専用という感じ。

平坦で唯一勝った東京1400(1000万下・現2勝クラス)の相手は、その後降格したりと相手に恵まれしかもスローバランス、ハナを取れて展開利を受けたもの。

今走は上位に先行馬が不在なのである程度いい位置は取れそうだが。

8.5秒以下:1−0−0−1(勝ちは逃げた中京1200)以上:0−0−0−2

平坦小回り:0−0−0−2(共に二桁着順)他:4−0−0−8(中京や東京1400で3勝)

7枠13番リュウノユキナ牡5 横山和生56.0kg

1200のOP級で連対以上は2歳時の2戦のみ、前半の速いダート戦でも先行できているので、ここでも先行はするだろう。

8.5秒以下:0−0−0−2 以上:1−1−0−3(共に2017年代)

平坦小回り:1−1−0−4(共に2017年代)他:0−0−0−5

7枠14番ミキノドラマー牡7 勝浦正樹56.0kg

過去の戦績からも中団以降の位置からキレる脚を使えているわけでもない。

1200では最高でも6着と明らかに足りていない。

8枠15番メイショウショウブ牝4 池添謙一54.0kg

前走はダートだが、近2走は逃げるも展開や馬場が向かずに二桁着順。

スプリント初が気がかりだが、テンの3Fが33.9秒だった阪神Cでは番手、差し決着の中でフィアーノロマーノと差のない3着で時計も悪くない。

過去の戦績からも、ハナより番手辺りで控える方が良さは出ているので、大外枠を引いた今走はダイメイフジを行かせつつ、内の馬の出方を伺いながら。

8.5秒以下:(出走なし)以上:(出走なし)

平坦小回り:0−0−0−1 他:0−2−1−4(3着は阪神C)

8枠16番ダイメイフジ牡6 菱田裕二56.0kg

近4走はダート、逃げて穴を空けてから逃げ馬に、ここでも逃げに出るしかないだろうか。

昨年のUHB賞(OP札幌1200)ではライトオンキューと差のない3着ながら、今走は想定オッズでかなり差がついている。

またその後のキーンランドCや京阪杯は勝ち時計が9秒前後と時計がかかるレースで先行、共に差し決着と展開が向かなかった。

開催2週目の函館なら前残りの可能性はあり展開利はありそう、ただしダートと芝では違うので上手く先行出来るか。

大外枠に入ったことで覚悟を決めて出していけば一発あるかも。

多いので2018〜2020に絞った。

8.5秒以下:1−0−3−5(3戦が中山1200)以上:0−1−0−3

平坦小回り:2−1−1−7(3戦は2018年代の京都内)他:1−0−2−8(全て中山1200)


逃げ先行馬は1スリーケープマンボ、10ジョーマンデリン、12グランドボヌール、13リュウノユキナ、18ダイメイフジ辺りと外に寄った印象。

その次点が4スイープセレリタス、6ダイアトニック、9フィアーノロマーノ、15メイショウショウブ辺りか、どちらにせよ上位人気馬は好位より後ろでスタートに左右されそう。

どの馬にも不安材料はあるので、先行できそうな穴馬をメインに考える。

◎9フィアーノロマーノ

△15メイショウショウブ

△4スイープセレリタス

☆16ダイメイフジ

消7ライトオンキュー

レース振り返り

結果的に内枠の中で一番の好スタートを決めた6ダイアトニックが、初め掛かり気味も、番手内の最高の位置を取れたことで、斤量差を踏まえると圧勝の内容。

短距離では逃げ先行が有利なのは当然、展開利を享受するためにスタートを決める力は必要な能力。

ダイアトニックはスプリント2戦目にして、他よりも圧倒的に良いスタートを切ってみせ、スプリント適正が高いことを示した。

2着の☆16ダイメイフジはおそらく鞍上がハナを取ることを決めていただろう好騎乗。

自身は前後3Fで33.4−34.4とややハイ、スプリントにしてはゆったり単騎で逃げられたこともあり2着にまで粘れた。

3着の10ジョーマンデリンはこれで函館1200は3−1−1−0とパーフェクト、位置取りも良い場所を確保、適正の高さを証明した。

ただ流石に3番人気では手が出ない馬、このあとローテ的に札幌だが、果たして通用するかどうか。

4着の◎9フィアーノロマーノは初のスプリントにしてはある程度先行は出来たとは思うが、その前にいた3、4番手集団をまくる時の距離ロスが痛かった。

過去唯一平坦内回りだった京都1400でも差し届かずだった辺り、ゴール手前に急坂があるコースの方が、より適正が高いのは間違い無さそう。

あとはそれでも差し切る末脚ほどでは無いと考えると、もう少し前の位置かあるいは内目の枠が良かったか。

5着の8シヴァージはさらに大外ぶん回して派手な競馬、この結果、今後も微妙に人気してしまうのなら買いづらくはなる。

6着の7ライトオンキューはダイアトニックを意識するようにダイアトニックの後ろをマーク、位置取り的にはいい場所だった。

ところが直線の伸びはイマイチ、徐々に沈んでいってしまった。

概ね要因としてはドバイの空振り、前半で脚を使ってしまった、時計が速かった辺りが考えられる。

どちらにせよ、この馬にとって2番人気は少々荷が重いようにも思うし、これで次走人気が落ちてくれれば面白い馬。

△15メイショウショウブは終始内から3頭目の位置を回されており、ダイメイフジとは対照的に大外枠が響いた形だろう。

あとはもっと積極的に前、阪神Cのように今走であれば番手外まで狙っても面白かった。

勿論馬の行き脚が微妙だったかもしれないが、それほど直線で脚を長くは使えないこの馬にとっては、あの位置からマクル形ではそこで足を使ってお終い。

△4スイープセレリタスは予想以上にスタート行けず、最後方からしかも大外ぶん回しては無理中の無理。

フィアーノロマーノにしろメイショウショウブにしろスイープセレリタスにしろ3頭とも初スプリントで思ったように位置取れなかった。

参考

参考動画(順不同)

競馬オタクYouTubeチャンネルさんのチャンネルより

【2020函館スプリントS】函館芝1200mの特徴と馬場傾向(トラックバイアス)

【2020函館スプリントS】距離短縮で一変!?1週前○○追いに注意!

競馬ナンデ編集長おくりばんとさんのチャンネルより

函館スプリントステークス2020激ヤバ展開予想!もちろん大穴狙い【新機軸・展開マトリックス】

hide勝ち組在籍方法!さんのチャンネルより

【函館スプリントステークス2020】有力馬は?函館で行われるサマースプリント。前走レースにヒントあり、予想材料として特徴を整理解説(競馬初心者にも楽しんでもらえるよう分かりやすい解説を心がけました)

アラシさんのチャンネルより

函館スプリントステークス2020 展望 ダイアトニック、ライトオンキュー等、実績馬も出走!! 元馬術選手のコラム【競馬】

ユニコーンS・函館スプリントステークス2020 予想 まだまだ回収率高水準、連敗から引き戻したい!! 元馬術選手のコラム【競馬】

ユニコーンS・函館スプリントステークス2020 回顧 どちらも勝馬は格が違った 元馬術選手のコラム【競馬】

邪推師GANMAさんのチャンネルより

【函館スプリントステークス2020 有力馬考察】ダイアトニック他 人気馬5頭を徹底考察!

<函館スプリントステークス&ユニコーンステークス>【ヒモ解き】激走馬 発見!2020

邪推師GANMA ギアセカンドさんのチャンネルより

【ぼやき回顧】函館スプリントステークス&ユニコーンステークス<2020>

夢色グラス 競馬チャンネルさんのチャンネルより

【馬体診断】2020ユニコーンステークス&函館スプリントステークス!好素質馬揃ったユニコーンステークス楽しみ!

【展開予想】2020ユニコーンステークス&函館スプリントステークス!ハイレベルなダート重賞はレッチェバロックの逃げで開幕?

【最終予想】2020函館スプリントステークス!別定戦なので斤量と馬場考えて本命を捻りだす

【回顧】2020ユニコーンステークス&函館スプリントステークス!カフェファラオが文句なしのレースレコードで圧勝劇!

伝説の馬券師ソリッド君さんのチャンネルより

函館スプリントステークス 激走穴馬はこれ!ダイアトニック斤量不安!

函館スプリントステークス最終予想 激走穴馬メイショウショウブは大外枠へ・・・逆に考えるんだ!オッズが美味しくなると!

参考ページ(順不同)

競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

Team真田.出馬表

邪推師GANMAのフレキシブル馬券法〜重賞で勝てる無料競馬予想ブログ〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする