2020/5/24 優駿牝馬(オークス)

東京2400m芝・3歳牝馬・定量

先週の日曜は、ヴィクトリアマイルでアーモンドアイがレコードタイムに0.1秒迫る時計を出しながら顕著な前残り。

先週はBコース替わり初週ということもあり、今週の東京は土曜までちまちまと雨が降る予報。

とはいえ先週も土曜に雨は降っていた。

2400mと長い距離なので、ペースが落ち着いたとしてもある程度終いの脚は求められるため、極端に前が残る可能性は低いとは思うが。

今走はスマイルカナが恐らく逃げる、またマイル色の強い馬も多いので、引き締まったラップの縦長展開になりそうな感じ。

なので単純な上がり3Fのキレ勝負というよりは、4F〜5Fと11秒台前半の脚を長く使える馬が良いかな。

イメージは昨年のジョディーが逃げたオークスで、前中後半4Fで47.0−48.8−47.0と同等の平均ペース、上がり3Fは最速でも34秒台。

距離適性重視、平均ペース以上でも追走に苦労せず上がりを使える馬重視。

1枠1番デゼル牝3 レーン55.0kg

前走のスイートピーSは超スローの3F勝負、上がり3Fタイム2位タイが5頭、3位タイが3頭と、4コーナーでの位置取りでほぼほぼ決まったレース。

そこをダントツの上がりで後ろから唯一差してきたのがこの馬。

初戦の未勝利戦では、他がラスト1Fで失速しているところを11秒台の脚を持続、上がり最速34.4秒は稍重の阪神では悪くなく、一定の持久力も見せた。

スタートは酷かったが、前走はある程度改善されていたし、最内枠という絶好の枠にも入ったので、ロスなく回して脚を溜められれば面白い。

ただ今まで単純な3F戦ばかりで、縦長の展開になって仕掛けの早いレースになると未知数な所が大きいので、馬券妙味に欠ける。

1枠2番クラヴァシュドール牝3 デムーロ55.0kg

前走の桜花賞は3、4コーナーの間辺りで進路が狭くなり下げざるを得ず、しかも雨の重馬場での不利なので、そこでの消耗はなかなかだったはず。

その不利をカバーするかのように直線では上位では唯一最内を付いて、上がり2位の4着。

ミヤマザクラと比較すると一瞬の加速は勝ったように見え、血統的にもやはり先行して出し抜いて粘る形が良さそう。

枠が良くスタートもそれほど悪いタイプではないし、粘り強さがあるということは距離延長にも流れたペースにも強い。

決め手には欠けるタイプなので勝ち負けはともかくなため、想定3番人気ではやや馬券妙味に欠けるか。

2枠3番アブレイズ牝3 藤井勘一郎55.0kg

前走のフラワーCは先行勢の中では強いというか、前半5Fが59.2秒と流れた中でタフな競馬を見せたとは思う。

アブレイズでラスト4Fのペースが12.1 – 12.5 – 11.6 – 12.6とまさに出し抜いた競馬で好騎乗ではあった。

スタミナという意味では距離適性は十分あるが、東京の高速馬場にどこまで対応できるか。

枠が良く楽に先行できそうで、番手とか3番手くらいの位置で後続に脚を使わせながら、自身は長い直線でも粘り強さを見せたい。

2枠4番デアリングタクト牝3 松山弘平55.0kg

前走の桜花賞はとんでも道悪でとんでもハイペース、それでいてハナのスマイルカナと番手のレシステンシアが馬券内に残るレース。

そのレースで普通に差してきたのは実力以外の何者でもないのは当然。

人気してしまうのも当然で、また前走はスタミナも証明したため、距離延長は問題にしないようにも思えてしまう。

前走消しているし、今走は馬券妙味に欠けるので「見」したい。

3枠5番ホウオウピースフル牝3 内田博幸55.0kg

前走のフローラSはこの馬にとっては割と理想的な持続力を求められる展開、唯一直線で前が詰まって追い出しが遅れたのが勝ち馬との差。

前が相手からの弾け方はなかなかで、恐らく加速ラップか同程度でラストは上がってきている。

そこからも距離はまだ伸びても大丈夫そうなので、ウインマリリンと人気が逆転し、しかもより内枠に入った今走は面白い存在。

3枠6番リアアメリア牝3 川田将雅55.0kg

想定人気ではあるが相当下がっていて、前走の桜花賞を受けてのものだとは思うが、流石に度外視していいだろう。

そこから東京の軽い馬場に戻ってくれば復活も十分ありそう、特に阪神JFはチグハグな競馬で後方からだったが、何だかんだ上がり3位の時計は出している。

そこからも距離延長はそれほど問題にしないように思うし、これだけオッズが下がるなら軸はともかく抑えといておいても良いかも。

4枠7番ウインマイティー牝3 和田竜二55.0kg

前走の忘れな草賞は桜花賞と同日、雨が降って稍重の発表、スローの3F勝負の展開で上位の中では常に最内を回して距離ロスなくすんなり競馬できた。

血統的にもタフな馬場や急坂コースは合っており、距離適性は良さそうだが一転して東京の高速馬場での適性が気になる。

4枠8番スマイルカナ牝3 柴田大和55.0kg

過去の戦績からも逃げが必須、なのだが全てマイルで2400でこの馬がどう逃げるか、あるいはそもそも逃げないのか、レース展開を握る重要な馬。

緩めすぎてもチューリップ賞のようにキレ負けするし、飛ばしすぎても流石に保たない、難しい騎乗になる。

思い切って乗るなら逃げて昨年のようなペースを刻むだろうことに期待しているがどうか。

5枠9番インターミッション牝3 石川裕紀人55.0kg

2走前のアネモネSを見る限り、末脚ズドンというよりは、小回りの機動力を活かした器用なタイプ。

母はマイル前後で活躍しており血統的に距離も長い。

5枠10番ミヤマザクラ牝3 武豊55.0kg

前走の桜花賞も最後までジリジリ脚は残していたし、京都2歳Sと同じようにタフさを見せた。

東京でもワンターンのマイルではあるが、クイーンCでそれなりの走りを見せている。

ただどのレースも突き抜けた走りでは無く、マジックキャッスルにタイム差なしまで迫られたり、マイラプソディに完敗したりと微妙な所。

距離は伸びたほうが確実にプラスも、この人気で抑えるかは微妙なライン。

6枠11番リリーピュアハート牝3 福永祐一55.0kg

2走前のゆりかもめ賞はスローの3F勝負でやや前が詰まるも上がり最速で差し切った。

東京の上り坂での加速は評価できるが、その相手のヴォリアーモやルトロヴァイユはその後フローラSで完敗。

前走の忘れな草賞は、馬場がタフだったことと内回りでラップの速かった4コーナーは外を回されていた。

時計的にも特に突出したものでは無いが、東京2400を経験済み、前走は忘れな草賞でオークスへ照準をしっかり合わせている。

6枠12番マジックキャッスル牝3 浜中俊55.0kg

前走の桜花賞は流石に道悪過ぎて参考外で良いだろう。

その前のクイーンCはミヤマザクラに対して後方から33.4秒の末脚であと一歩まで迫ったが、血統的にはマイルが適正でのこと。

その証にデビューは1200m、2400mはたとえ高速馬場だったとしても長い。

7枠13番ウーマンズハート牝3 藤岡康太55.0kg

前走の桜花賞は流石に道悪過ぎて参考外で良いだろう。

その前のチューリップ賞のいまいちな末脚も、阪神の急坂が要因の可能性もあり、東京替わりで一変する可能性は秘めている。

反面早熟な可能性もあり、スローの瞬発力勝負特化の可能性もあるが、血統的には高速馬場なら東京2400mをこなしても不思議ではない。

あまりに人気がないので抑えても良いが、やはりペースが流れると難しいか。

7枠14番フィオリキアリ牝3 田中勝春55.0kg

行き脚がつかず基本は後ろからの競馬になるだろう。

上がりは使えるが今の東京の速い馬場では物理的に厳しい。

7枠15番チェーンオブラブ牝3 石橋脩55.0kg

フィオリキアリ同様、後ろからでは厳しい。

8枠16番ウインマリリン牝3 横山典弘55.0kg

前走のフローラSは内枠を引いて展開も位置取りもハマった形で、ホウオウピースフル比較では上手く立ち回れた分が大きいが、器用さはあるということ。

今走は外枠に入ってスタート次第にはなるが、思い切って先行して出していけば面白い。

高速馬場なら距離は何とか、馬場の恩恵を受けて前残り期待。

8枠17番マルターズディオサ牝3 田辺裕信55.0kg

前走の桜花賞を度外視すれば、ウーマンズハートやマジックキャッスル、レシステンシアやクラヴァシュドールなどを相手に奮闘している。

それにもかかわらずあまりにも人気が落ち過ぎではないか。

8枠18番サンクテュエール牝3 ルメール55.0kg

2走前のシンザン記念は完璧な競馬で1着も、個人的には2着のプリンスリターンを評価していた。

そのプリンスリターンはその後アーリントンCでこそ先行に厳しい流れも3着と粘ったが、NHKマイルCでは前残りの展開で内枠ながら完敗。

アルテミスSではリアアメリアに末脚で完敗しており、またこの馬自身距離が長い印象。


土曜のレース結果を見る限り、超高速馬場であることは間違いなく、冒頭では34秒台と言ったが、場合によっては33秒台の上がりを求められそう。

展開によっては差しも決まるが、基本的には前有利は変わらないか。

各馬を見てみても正直いまいちピンとくる馬がいない、というかやはり距離適性はわからない。

その中で気になる2クラヴァシュドールと5ホウオウピースフル、それに忘れな草賞組の7ウインマイティーと11リリーピュアハートの4頭。

各馬上がりは使えているし、クラヴァシュドール以外は2000以上の経験とそのレースで上がりを出せている。

問題は本命だが、人気のクラヴァシュドールが一番内の枠というのがなんとも。

ここは逆らわずに本命か。

消す馬は妙味的な意味で、かなり人気しているデアリングタクト。

◎2クラヴァシュドール

△11リリーピュアハート

△5ホウオウピースフル

☆7ウインマイティー

消4デアリングタクト

◎複勝とワイド◎一頭軸流しの計4点。

レース振り返り

戦前の予想ラップは前中後半4Fで47.0−48.8−47.0だが、実際は47.7−50.4−46.3とかなり中緩みのスロー。

ラスト4Fは12.1−11.2−11.2−11.8なので上がり3F勝負と、完全に展開予想はハズレ。

なのでスローの瞬発力に長ける6リアアメリアや12マジックキャッスル、15チェーンオブラブ辺りは4〜6着と台頭も、基本的に後ろからの追い込みは届かず。

その中で差し切った4デアリングタクトは無敗で2冠達成、これは脱帽と言う他ない。

前走の重馬場でしかもハイペースのタフな阪神マイルで上がり最速、超高速馬場の東京2400でも上がり最速。

先行して上手く立ち回った16ウインマリリンや☆7ウインマイティーに対して、直線やや追い出しが遅れながらでもあり、ただただ強い。

消しはしたが来たら仕方ないと言った所だったし、と言い訳を。

◎2クラヴァシュドールは思った通りのレース運びで直線来たか、と思ったが失速してしまった。

粘り強さが持ち味なので、距離の問題の可能性もあるが、桜花賞のダメージ残りもあったか。

△11リリーピュアハートは流石の福永、前が壁だった。

そうでなければもう少し上がりは使えたと思うが、それでも後ろからでは今走の展開では厳しかった。

△5ホウオウピースフルは4コーナー手前で馬群に揉まれた事が、どの程度直線に響いたかはわからないが、どちらにせよ持続力を問われる展開にならなかったのは大きい。

しかも結局内外の枠の差もむなしく、ウインマリリンに前をいかれたので、前走と同じ形に。

1デゼルは後ろから、しかも3コーナーから外々を回してだったので流石に厳しすぎる。

☆7ウインマイティーはスローの3F勝負になってあわや大金星目前だったが、惜しくも差されてしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする