2020/4/11 GII ニュージーランドT

中山1600m芝外・3歳牡牝・馬齢

NHKマイルカップのトライアルレース。

1枠1番カフェサンドリヨン牝3 内田博幸54.0kg

前走は逃げてスローの瞬発力勝負で前有利、展開面が大きい。

勝ち上がった未勝利戦はスタートが綺麗に決まり、逃げ馬と共に後ろより離れて直線出し抜き。

中山マイルでは前走や3走前のような仕掛けの遅い展開待ちで、それでも位置取りの差で敗れる。

単純な3F勝負になりやすい直線長いコースの方が向いている。

1枠2番カリオストロ牝3 ヒューイットソン54.0kg

前走のフィリーズレビューはハナを取るも結果33.4−36.0の超ハイペースになり展開的にかなり厳しい中での4着。

近3走は最内枠1番続き、馬群に包まれるのを避けるため、テンの良さを活かしてハナを取っている。

滅法ハイペースに強いスタミナタイプで、今走も枠次第では逃げてペースを引き上げる可能性はあり、距離延長で前走よりはペースを調整しやすい。

反面瞬発力やトップスピードには劣るので、あまりスローになりすぎるとキレ負けするため、絶妙なペース配分が必要。

2枠3番マイネルグリット牡3 国分優作56.0kg

新馬戦や小倉2歳S、京王杯2歳Sを見ての通り、スピードタイプではなくスタミナタイプなので、前走のファルコンSその前の朝日FSも後方からでは何も出来ないのは当然。

久々に小箱の中山に戻ってきた今走は、先行さえ出来ればチャンスはあるかもしれない。

2枠4番フルートフルデイズ牝3 木幡巧也54.0kg

前走は最後方から勢いを付けて加速できたので上がり最速も物理的に届かず。

3走前のフェアリーSでは16頭立ての後方では末脚も見せられず見せ場なく、恐らく1600はスピード的に短い。

3枠5番ペールエール牝3 北村友一54.0kg

前走の朝日杯FSは思いの外先行できずというより先行せず、馬群に包まれて直線反応も悪くほとんど追わず。

新潟2歳Sではウーマンズハートに次ぐ上がりを出したが、本来はその前のデイリー2歳杯のように先行粘りタイプなので、それなりに人気が落ちる今走は期待したい。

3枠6番ソングオブザハート牝3 川又賢治54.0kg

前走のアネモネSは案外やれているように思うが、前が46.5−49.0の超ハイペースで逃げた事で、あまりスピード勝負に振れなかった事が大きい。

それでも左回りを得意とするビッククインバイオを差しきれず、やはりダート向きの走り方をしている印象。

4枠7番ソウルトレイン牡3 田辺裕信56.0kg

前走や前々走、勝ち上がった未勝利戦を踏まえると、高速馬場での長い直線3F勝負タイプ。

トップスピードが持ち味で、それに関しては前走でオーロラフラッシュ以上を証明した。

たとえ外回りだとしても、中山は馬場的にも展開的にも向かないと感じる。

4枠8番コウソクスピード牡3 丸山元気56.0kg

馬名とは裏腹にスピード勝負では分が悪く、3走前の未勝利戦はマルターズディオサやハーモニーマゼランら格上にあっさり抜かれた。

トビが大きめなので、前走のように後ろから控える競馬では脚を余すため先行出し抜きが良い。

中山は外回りとはいえ直線が短く、持ち味の長い直線での持続が活きない。

5枠9番オーロラフラッシュ牝3 ルメール54.0kg

中山での未勝利戦は大きく膨れた前の馬をさらに外から交わしつつ、接触するも物凄い末脚でクビ差の2着とインパクトが大きい。

ただこれを見ると、直線長い大箱コースや高速馬場の方がスピードも活かしやすそうで、東京や京都のマイルで結果を出している。

また中山での未勝利戦については、ややハイペースで差し有利だと捉えることもできる。

5枠10番ハーモニーマゼラン牡3 大野拓弥56.0kg

オーロラフラッシュと直接対決した中山での未勝利戦は、ややハイペースの中を先行粘り勝ちで時計も優秀、ラストのラップが11.8−12.1と急坂で大きく落としていないのも好印象。

前走は逃げて45.6−48.2と一層のハイペースを作り、相手は微妙だったものの、決して緩いペースではなかった同日メインの中山記念の1600m通過タイムより0.3秒速く好時計。

中山マイルで唯一負けたサクセッションはスプリングSで苦しい展開も3着。

決して得意舞台ではないであろう東京や新潟マイルながら0.3秒差で負けた相手は、ファルコンS2着のラウダシオン、チューリップ賞1着のマルターズディオサと強い相手が多い。

6枠11番ルフトシュトローム牡3 石橋脩56.0kg

新馬戦や前走の相手レベルが疑問で、新馬戦の相手のほとんどが次走で着順を落としている。

とはいえその中をしっかり持ったままで突き抜けているし、前走はそこそこの流れでも持ったままで楽々勝ちきっている。

共に中山マイルでのコーナーリングが抜群、あとは多頭数で馬群に包まれるリスクさえ乗り越えられるかどうか。

6枠12番アブソルティスモ牡3 北村宏司56.0kg

トップスピードよりも持続タイプで先行した方が出し切りやすいタイプだが、スタートはあまり良いとは言えず、近2走の1400mは短すぎた。

結構大トビだと思うので、中山は外回りならまあ許容範囲、下り坂で惰性でスピードアップできるのも良い。

懸念は多頭数でポジションを取り切れるかと、急な4コーナーをスムーズに回せるかどうか。

札幌での未勝利戦では明らかにコーナリングでやや置いていかれている。

7枠13番シャチ牝3 山田敬士54.0kg

カフェサンドリヨンとともに出走した4走前の中山マイルは馬群の中を抜けて上がり最速。

前走は3kgの軽ハンデもあり、馬群の中をコーナリングで上がりつつ、抜け出してチアチアクラシカやアミークスら重賞経験のある馬を抑えた。

馬群の中を上手くさばきながら加速できるので、中山マイルは適正が高いとは思うが、穴を空けるなら内枠が良かった所。

7枠14番シーズンズギフト牝3 津村明秀54.0kg

前走のフラワーCはスタートからずっと外々を回され、しかもペースも速くラストの直線は3着粘りで精一杯。

新馬戦や1勝クラスの外からマクル競馬を見ても、スローで脚を溜められてこそだと思うし、さらに前半流れる可能性のあるマイルへの距離短縮は疑問。

また距離損してでも自分のペースで上げていきたいタイプなら、今まで走ってきた福島や中山のような小箱より東京向きだと思う。

8枠15番グレイトホーン牡3 野中悠太郎56.0kg

前走はスローの瞬発力勝負の展開になり、加速地点で置いていかれてしまったように、ワンペースで良さが出る持続力タイプ。

高いレベルではスピードに劣り、首も高く硬い走りでダートの方が良さそう。

8枠16番ウイングレイテスト牡3 横山武史56.0kg

前走のファルコンSは直線外が伸びていて、その代わりにイン差しでロス無く回せたので判断難しいが、レッドライデン比較でキレ負けしていた。

デイリー2歳杯でもイン差しを決めているように、コーナリングは上手く中山は問題ないだろう。

朝日杯FSは流石に前半が速すぎてラスト手応え無しも、サリオスを除けば先行勢はほとんど沈んでいるので度外視、むしろ粘ったほう。

とはいえ外からマクリに行くような競馬になると厳しいので内枠が良い。


ここは元々ハーモニーマゼランで行く予定だったので、初志貫徹で。

◎10ハーモニーマゼラン

○11ルフトシュトローム

▲5ペールエール

消9オーロラフラッシュ

◎複勝とワイド◎一頭軸流しの計3点。

レース振り返り

前後4Fで45.9−47.1とややハイペースで先行には厳しいレース展開に。

2カリオストロがスタート良くそのまま逃げたが、馬が掛かってしまい付いていってしまった◎10ハーモニーマゼラン。

結果的には走破時計が前走の勝ち時計より0.2秒速いので、時計的に厳しかったのはあるが、道中も速いペースの中、外を回していたし直線ではジリ貧。

厳しい展開だったのは間違いないが、上位との差を感じたのも確かと言える。

○11ルフトシュトロームは途中まで内で控え、4コーナー手前から外に回してマクリに、16ウイングレイテストは更に外から。

途中、ルフトシュトロームが8コウソクスピードを交わすのに外へ振り、ウイングレイテストは更に外に振られた。

その後、14シーズンズギフトが外へ斜行してルフトシュトローム、ウイングレイテストが共に外に振られた。

やはりルフトシュトローム、ウイングレイテスト共にコーナーリングが上手く勢いを削がれること無く末脚を出していた。

ウイングレイテストは外からマクル形になると厳しいと思っていたので、更に外に振らされてより厳しい展開の中でこの競馬は驚き。

ルフトシュトロームも前走までの走りが本物だったことを証明した走り。

一方でシーズンズギフトは2着には来たが、道中掛かっていたし仕掛けも上記2頭よりも早く、やはり直線長いほうが一層力を出せそうなイメージ。

よってNHKマイルカップはルフトシュトロームよりもハマる余地があると考える。

▲5ペールエールは走る気をなくしてしまった感じに見える走りで、ジリジリ下がるのみだった。

12アブソルティスモは4コーナーで勢いを削がれなければそのまま圏内に行けた可能性はある。

9オーロラフラッシュもそうだが、共に直線長いコースの方が力は出し切りやすそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする