2020/4/11 GII 阪神牝馬S

阪神1600m芝外・4歳以上牝・別定

1枠1番テーオービクトリー牝6 太宰啓介54.0kg

1枠2番サウンドキアラ牝5 松山弘平54.0kg

前走の京都牝馬Sもその前の京都金杯も、さらには3走前のリステッド競争も上がり最速34秒台と、上がりを求められていないレース。

直線が平坦な京都はともかく、阪神ではスローペースでも決定的な上がり、瞬発力は使えていない。

また自分のペースで加速したいタイプでもあるので、基本的には先行あるいは外枠が必須。

内枠に入ったことで先行必須だが、スタートが良いわけではないし、少なくともビーチサンバより後ろの内となると、詰まってしまう。

2枠3番メジェールスー牝5 岩田望来54.0kg

2枠4番ビーチサンバ牝4 福永祐一54.0kg

前走の京都牝馬Sはスタートで出遅れてしまい最後方、最内枠を活かして距離ロスは防ぎつつ馬群が広がる中を突っ込んで、上がり最速も物理的に届かず。

基本的にはワンペースが良く、2走前の秋華賞3走前のローズSで距離が長くても好走した理由はその辺りにある。

前走は久々でもあり、叩き2戦目で距離延長はプラス、阪神高速馬場に戻り、本来のスピードの持続力を発揮出来れば十分チャンスはある。

展開的にはスローよりもある程度流れる方が良いので、トロワゼトワルを行かせて番手内で突くか、いっそハナを取ってしまうか。

3枠5番リバティハイツ牝5 藤岡佑介54.0kg

前走の京都牝馬Sはジリジリと伸びてきていたが前が止まらず、その前のターコイズSでは速いラップ地点の4コーナーで大外を回されて伸び切らず。

今走も展開的にはハマりそうにはなく、その2戦から更に相手が強化されるとあっては厳しいか。

3枠6番ノーワン牝4 坂井瑠星54.0kg

2走前の京都牝馬Sは特に押して行かずに後方、4コーナーは大外ぶんまわしで直線伸びもイマイチ。

3走前の阪神Cのように内をロス無く回してイン差しがハマっても5着なので、今走も展開ハマり待ちだが、前の止まらない高速馬場では厳しいか。

4枠7番プールヴィル牝4 浜中俊54.0kg

前走の京都牝馬Sはテン良く先行、前にスペースを確保しつつコーナーでマクリながら進出、一時抜け出すもサウンドキアラに差されてしまった。

前走は展開に恵まれたとはいえ、馬体重+24kgの成長分を感じつつ、勝ちきれない辺りは決め手に欠けるのだろう。

また極端に戦績が1400に偏っており、桜花賞では先着を許したシゲルピンクダイヤやダノンファンタジー、ビーチサンバも今走は出走する。

マイルでは先行して粘りきれるほどの距離ではなかったが、マイルは久々で前走の成長分とそこからの上積みに期待したい所。

4枠8番ブランノワール牝4 武豊54.0kg

前走では、1世代上でラッキーライラックやアーモンドアイが制した同じ阪神マイルの阪神JFや桜花賞で4着のトーセンブレスをイン差しで見事に破った。

3走前の阪神マイルは牡馬相手で常に外を回されていたし、その前の秋華賞では先行に厳しい流れをロス無く回せたとはいえ、ラスト1Fまで粘っていた。

チューリップ賞も前が壁になって脚を余したレースではあるし、ダノンファンタジーやシゲルピンクダイヤといったクラシックで活躍した同世代と大きな差があるわけではない。

ただ血統的にやや硬い走りで軽い馬場はあまり向かないように見える。

5枠9番シャドウディーヴァ牝4 池添謙一54.0kg

前走の東京新聞杯ではクリノガウディーらと比較すると、ギアチェンジでは劣るもラストまで続く末脚が魅力。

本来マイルは距離が短いものの、縦長になり仕掛けが速い展開になったことと、最内をロス無く回せた事が大きかった。

よってローズSのように単純な3F戦になりやすいワンターンの阪神外回りでは加速部で置いていかれてしまう。

逆に流れた展開である程度の好位に付けられれば、末脚の持続力が活かせる。

5枠10番ディメンシオン牝6 松田大作54.0kg

前走の京都牝馬Sは重馬場ながら前後3Fで36.0-34.8とスローだったからか、道中掛かってしまい直線での反応はいまいち。

昨年のハイペース超々高速馬場だったオータムHでしっかり前残りしているように、恐らく高速馬場のワンペース巧者。

流石に2走前のターコイズSは控えすぎて大外回しになったが、道中掛からずある程度先行して自分のペースで走れるのなら、府中牝馬Sのように馬群に包まれるリスクも減るだろう。

問題は前哨戦でよくあるスローの直線勝負になると弱いことで、自分からペースを作りにいければ可能性はあるが、力関係的に厳しいか。

6枠11番シゲルピンクダイヤ牝4 デムーロ54.0kg

前走の京都牝馬Sは4コーナーで遅れをとりつつ直線で前が壁になり、完全な消化不良で度外視。

2走前のターコイズSはエスポワールよりも外を回しながらマクリながらで脚を使い、得意条件では無い中でやれた方だろう。

阪神の高速馬場は確実に適合しているとは思うし、脚を溜められれば末脚の爆発力は抜けているものの、乗りづらいのも事実で、人気サイドでは抑えづらい一頭ではある。

6枠12番トロワゼトワル牝5 藤岡康太54.0kg

2走前のオータムHは馬場(超高速)、展開(前有利)、ハンデ(軽斤量)などすべてが噛み合った事によるレコード決着。

逆に前走のターコイズSは展開(マークされる番手)、枠(大外枠)、ハンデ(+3kg)など噛み合わなかった。

基本的にはスピードでごまかしながら押し切るタイプだと思うので、2走前はハマりすぎで、今の阪神の馬場では距離が長く、急坂も本来はマイナス。

7枠13番ダノンファンタジー牝4 川田将雅54.0kg

2走前のローズSでは勝ったものの一瞬の切れでは負けていたように、先行持続が持ち味のこの馬は、前走の秋華賞のようなタフな馬場は厳しいようだ。

一つ気になる敗戦の昨年の桜花賞は、最速ラップが10秒台に入ってしまうほどのスピード勝負、上がり最速がシゲルピンクダイヤの32.7秒という展開が敗因か。

後続の脚が残っているマイルという距離の問題もあるだろうが、ローズSのような11.7 – 11.0 – 10.5の段階的な加速ならラストまで追える。

今の阪神は10秒台に入ってしまうほど高速ではないので、この馬にとっては丁度よい馬場状態、クロノジェネシスら同世代の牝馬も活躍しているし久々でも期待したい。

7枠14番アマルフィコースト牝5 幸英明54.0kg

前走の京都牝馬Sではスローの3F勝負と理想的な展開も、前の馬を交わすためにロスした分は大きく、馬場もタフでそれでも4着と健闘。

昨年と同じように高速馬場でスローの3F勝負になれば、いつも通り先行さえ出来れば今年も普通に穴を開けてもおかしくはない。

また昨年のポートアイランドSのように、血統的にもダイワメジャー×Sadler’s Wellsでハイペースでも粘り強さがある。

スタートが良いタイプなので、外から内の各馬の様子を見つつ、トロワゼトワル辺りを目標にしたい。

8枠15番スカーレットカラー牝5 岩田康誠54.0kg

前走の有馬記念は距離的に度外視、その前のエリザベス女王杯も先着された馬よりも外を回した差もありつつ、ラスト失速しているのでここも距離の問題かあるいは仕掛けが早かったか。

やはり府中牝馬Sのように長い直線での上がり3F勝負が強く、距離的には1800がベストだろうが、エンジンのかかりが遅めなので流れればマイルでもこなす。

血統的にも軽い馬場の瞬発力勝負には強く、外枠から直線一気に差しきれるスピードは持っている。

8枠16番サトノガーネット牝5 川島信二54.0kg

道中後方で脚を溜めて溜めての末脚で追い込むタイプなので、ワンターンのマイルでは本来の力は発揮しづらい。

スローになれば前が止まらない高速馬場では届かないし、流れたとしても府中牝馬Sのようにマイルでは届くほどの末脚の違いは持っていない。


前がどれだけ引っ張るか次第だが、馬場が軽いのでペースが流れれば1分33秒を切る決着もありうる。

丁度平均の前後4Fで46.5−46.5を想定すると、多頭数なので後ろは33秒台の上がりを要求される事となる。

恐らくやや縦長の展開になると思うので、前〜好位中団辺りに付けられる馬が良さそう。

それより後方の馬は物理的に届かないだろうし、仮に進出するとしても距離損が大きいか。

内枠なら先行しても粘れる馬、外枠なら中団から末脚を出せる馬を選びたい。

◎4ビーチサンバ

○11シゲルピンクダイヤ

▲15スカーレットカラー

△9シャドウディーヴァ

☆14アマルフィコースト

消2サウンドキアラ

◎の複勝とワイド◎一頭軸流しの計5点。

レース振り返り

ペース予想は完璧で、前後4F46.5−46.4の平均ペースで縦長の展開、後方から唯一突っ込んできた▲15スカーレットカラーが上がり最速の33.4秒。

他は最内をロス無く立ち回った先行勢で、2サウンドキアラ、10ディメンシオン、◎4ビーチサンバがそれに当てはまる。

展開読みはハマったが、サウンドキアラのスタートが良く、ビーチサンバがその後ろになってしまい、道中は中団まで下がるハメになってしまった。

さらにビーチサンバはコーナー通過順が7−9と4コーナーで下がっているように、内で詰まった。

その逆を予想していたので、着順が逆転して外すのは当然のこと。

内を立ち回った分はあるにせよ、これで4着まで追い上げたことを評価したい。

ディメンシオンやサウンドキアラは、前のトロワゼトワルが仕掛けを早めていく中で、前に空いたスペースや阪神の下り坂を上手く利用して仕掛けを待てたことも大きい。

2頭とも展開面や馬場面でハマったのは間違いない。

一方で前のトロワゼトワルを捕まえに行かざるを得ず、外を回したのは☆14アマルフィコースト、太め残りでもあった13ダノンファンタジー。

さらに外からマクリに行った△9シャドウディーヴァや枠入り不良で一番外を回してマクリに行った○11シゲルピンクダイヤなどなど。

この地点でのラップが最速の11.2秒であり、基本的にこれらの馬は直線ではジリ貧になってしまうのは仕方ない。

特に後者の2頭は完全に内前有利の展開とは真逆の競馬をしているので、相当厳しい競馬になってしまっている。

唯一覚悟を決めて馬群の中を追い出してきたとはいえ、途中挟まれそうな場面もありながら、他とは違う末脚を見せたのがスカーレットカラー。

馬体重+16kgは前走−12kgの分を考えれば妥当、3ヶ月の間でしっかり休養できたのだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする