2020/4/5 GI 大阪杯

阪神2000m芝・4歳以上・定量

今週後半は晴れ予報、コース替わりで久々に高速馬場でのレースが見られそう。

しかも逃げ馬不在の今走はスローからの直線勝負か、あるいは4〜5F戦が濃厚。

1枠1番ロードマイウェイ牡4 武豊57.0kg

前走の金鯱賞はスタート出遅れ、後方からの競馬になり、スロー前残りの上がり3F勝負の展開になってはどうしようもなかった。

2走前のチャレンジCは行き脚がつかずに後方からになったが、残り6Fから徐々にペースアップして、仕掛けの早い3F勝負。

一番早いラップ地点でコーナーを大外に回しながら差し切っているので、メンバー中で一番強い競馬だった。

とはいえ高いレベルでは切れる脚はそれほど長くは保たないと思うので、先行して良さが出るタイプを乗り替わりでどう乗ってくるか。

近走のスタートが良くないのと斤量が初の57kgという点は不安。

2枠2番サトノソルタス牡5 藤岡康太57.0kg

前走の金鯱賞は前哨戦でありがちなスローの上がりだけの勝負になり、スタートは良くなかったが先行争いも激しくなく、楽に前に位置どれた。

そこから相手はかなり強化され、仮に上がりだけの勝負になったとしても、サートゥルナーリア級のキレを持つ馬が多く分は悪い。

良い脚は一瞬タイプなので、4・5F戦になればより一層厳しく、今走は穴をあける期待は出来ない。

3枠3番ブラストワンピース牡5 川田将雅57.0kg

前走のAJCCでも触れたが、過去戦績が勝ちor馬券外ということは、好走パターンがはっきりしているということ。

特に勝った有馬記念以降の日本でのレースでは、レース上がりが36秒以上かかるトップスピードの問われないレースで勝っている。

目黒記念は斤量、昨年の大阪杯はレース展開や外々を回したロスと、負けたレースは言い訳は立てられる。

今走は昨年とは違い2頭少なく内枠に入り、距離ロスを被る可能性は低くはなった一方で、高速馬場となるとスピードに不安がある。

4枠4番ワグネリアン牡5 福永祐一57.0kg

前走のジャパンCその前の天皇賞秋を比較しても、高速馬場だった後者では長く良い脚は使えたが、ユーキャンスマイルよりトップスピードで劣った。

札幌記念で伸びがイマイチだったのは、前に厳しい展開と大外からのマクりの分で差されたのだろう。

あるいはジャパンCのメンバーが手薄だったとも取れる。

昨年の大阪杯では内枠を活かして最内をロス無く立ち回って、前のアルアインらのスペースを使ってイン差しを決められた。

逆に言えばあそこまで立ち回れて差し損ねたとも捉えられるし、2000mは本質的には若干短くスピード負けの不安はある。

5枠5番ラッキーライラック牝5 デムーロ55.0kg

前走の中山記念は昨年と同じく先行策、違う点はそこまでハイに飛ばさなかったことで、瞬発力勝負ではダノンキングリーにやや劣るもラスト詰めた所から、直線が短いか、脚をやや余した印象。

また前哨戦と言ってしまえばそれまでだが、昨年と馬場差はほとんど無かったと思うが、昨年比較で時計が平凡なのも気になる。

2000への距離延長も阪神内回りで直線短いまま、舞台的には疑問符だが、前走は馬体重+11kgで余裕仕上げからの上積みは期待できる。

あるいは、昨年の中山記念のように積極的な先行策を鞍上が打って出れば面白いが、前走の感じと枠的にやや控えるかもしれない。

5枠6番レッドジェニアル牡4 酒井学57.0kg

前走の日経新春杯は初めての古馬相手に、行き脚が全くなくほぼ最後方から、極限まで脚を溜めてロス無く内を回して上がり最速も、当然届かず。

その前の菊花賞神戸新聞杯もドスローでは前目に付けられているが、日本ダービーではペースが流れてほぼ最後方。

神戸新聞杯ではヴェロックスにキレ負けしてしまったように、2000mへの距離短縮はスローだとキレ負けし、流れると追走で忙しいのでは。

6枠7番ステイフーリッシュ牡5 岩田康誠57.0kg

基本的にキレ負けするタイプなので、阪神の高速馬場に変わるのはマイナス。

また3走前のチャレンジCのように絶対的な先行力があるわけではないし、馬群を起用にさばけるタイプでもない。

前走の京都記念その前のAJCCのようにタフな馬場でスロー先行、粘り込みがハマるように、今走は相手も強化されて厳しい。

6枠8番ダノンキングリー牡4 横山典弘57.0kg

前走の中山記念は昨年よりも勝ち時計が平凡なことは気になるが、中山では常に直線での反応がとても良く、機動力が活きる内回り向きなのだろう。

ただ縦長の展開の中、仕掛けやすい単独3番手と展開はハマっており、また本番ではなかなか勝ち切れていない点も気になる。

7枠9番マカヒキ牡7 ヒューイットソン57.0kg

前走のジャパンC昨年の大阪杯も最後方から完璧にロス無く回して、直線のみ外に追い出して上がり最速の4着という競馬。

その間にあった天皇賞秋宝塚記念はキレ負けで、若い時はともかく今はスローからの持続力勝負や道悪の方が分が良い。

先行して内をロス無く立ち回れたほうが面白そうで、乗り替わりでレース運びを思い切って変えてくるかもしれないので、期待するならそこ。

ただ今走は先行したい馬が思いの外多く、一つ外にはその筆頭のジナンボー、外々を回されても厳しいので後ろに控えて内を確保するしか無いか。

7枠10番ジナンボー牡5 藤岡佑介57.0kg

前走の小倉大賞典は前崩れ、先行馬にはややハイの差し有利な展開の中、斤量2kgの軽ハンデがあったとはいえ、唯一先行馬で粘りしかも馬体重+20kgと成長も感じる。

その前のジャパンCは内有利の馬場で終始外、距離も2400と長く先行することも叶わなかったので度外視して良い。

3走前の新潟記念は58.6−58.9と決してスローではないペースで先行しながらも、斤量3kgの軽ハンデはあったが、上がりは追い込み勢と差し当たり無かった。

ユーキャンスマイルとの比較で、外を回した分のロスと瞬発力で見劣り先に先頭は譲ったものの、ラストは逆に差し返す勢いだった。

先行力があり逃げ経験もあるこの馬が、マイペースに楽逃げしつつロンスパを仕掛ければ、コース替わりの高速馬場の阪神ならそのまま残る可能性は大きい。

8枠11番カデナ牡6 鮫島克駿57.0kg

前走の小倉大賞典は48.2−12.1−48.0の超平均ペースだが、前崩れで馬群もそこそこ凝縮していたので、先行馬にはややハイの差し有利な展開。

上位差し勢の中では道中常に最内をロス無く回せ、仕掛けも内から潜り込むように進出し、直線追い出しもスムーズとかなりハマった印象。

その前の中山金杯もスタート全然出ず、これでは少しでもスローや前残りの展開になると上がり最速でも物理的に届かない。

8枠12番クロノジェネシス牝4 北村友一55.0kg

前走の京都記念では重馬場を苦にせず上がり最速、自身に位置でかなりスローペースも折り合いは及第点。

3歳春までは高速馬場で33秒前後の上がりを頻発していて、スピードに長けている印象だったが、大幅に馬体重を増やして出走してきた前走や秋華賞を見るに、パワー系にシフトしてきたような印象を受ける。

それは超スロー展開だったエリザベス女王杯を見ても、高いレベルではイン差しとはいえラッキーライラックと比較しても瞬発力では劣ったことからも伺える。

先行力が上がり長く脚を使えるようになった反面、トップスピードではやや劣ってしまうのなら、高速馬場だと不安がある。


土曜日のレースを見るに、馬場はやはり軽く普通に高速馬場状態。

内ラチ沿いがかなり良いという風でもないが、スローペースで大外からの差しは決まっておらず、先行〜好意差しが有利そう。

2年前の大阪杯くらい、勝ち時計1:58.5の前後5Fで60.5−58.0程度、上がり3Fは34秒前後でラスト4〜5Fは最速で11.3秒前後のスピードが求められると見て良さそう。

上位5頭で一番不安視されるのが、スピードの観点からブラストワンピース、次いで外枠のクロノジェネシス。

共に前走から相手強化、距離短縮、重馬場から高速馬場替わりと舞台変化が大きく、またすんなりラチ沿いを先行できそうにない枠に入った。

クロノジェネシスは外から積極的に前を取りに行くかもしれないが、1コーナーで外を回されると、後半の脚に不安が残る。

またブラストワンピースは、スピード不安から道中マクリにいったとして、ダノンキングリーやラッキーライラックはその仕掛けを待ってからでも十分対応できるスピードがある。

ちなみにこの2頭の前走からの上積みを考えると、ラッキーライラックの方が分はある。

ワグネリアンは際どく、あまり仕掛けは遅くない方が良いが、そこは位置取りなど鞍上次第ではある。

休み明けも関係なく走るが、スピードにも持続力にも極端にレベルが高いわけではなく、流石に軸にはしづらい。

これら5頭に割って入るなら、これらの馬よりは確実に前を取る必要があり、枠的にはロードマイウェイの一択になるか。

軸にするなら瞬発力もあり機動力もあるダノンキングリーか。

◎8ダノンキングリー

○5ラッキーライラック

▲4ワグネリアン

△1ロードマイウェイ

消3ブラストワンピース

◎複勝とワイド◎一頭軸流し計4点。

レース振り返り

ペースが予想ぴったりの60.4−58.0でレース上がりも3Fで34.2と、スローペースで内回りにしては仕掛けの遅い3F勝負。

レースラップは概ね先頭を走った◎8ダノンキングリーのもの、道中で少しアップダウンがあり12.9 – 11.7 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1 – 11.7 – 11.3 – 11.2 – 11.7。

内先行有利の展開で、スタートもテンも良かったダノンキングリーと○5ラッキーライラックはここで馬券内が確約されたも同然だった。

先行ラチ沿いさえ取れてしまえば正直あとは前走の中山記念と同じ事。

一つダノンキングリーにとって違ったのは、番手ですぐ外の後ろに付けた10ジナンボーの存在。

前述の通り1000m付近で一度11.6秒までラップが上がっているように、本来脚を溜めておきたかった所でやや使ってしまった。

一方で4馬身程度後ろにいたラッキーライラックは前に十分なスペースを確保しつつ脚も溜められた、いわばダノンキングリーの前走を再現したような形。

しかもコーナーでも最内を回しつつ極限まで仕掛けを待てた、ラスト直線での2頭の差はこれらの要因が大きい。

▲4ワグネリアンはやや出負け、テンで押して何とかラッキーライラックの後ろブラストワンピースの前を付いてラチ沿いに。

最低限の位置取りは確保できたものの、コーナーで他の馬が仕掛けていく中、前のラッキーライラックに詰まりスムーズな加速が叶わず。

ラストはジワジワ伸びてはいるように、ギアチェンジには劣るワグネリアンにとってはかなりの痛手。

さらに後ろで上手く立ち回ったとはいえ11カデナにすら差されたのは心外だが、そこにこの馬の特性が象徴されているように思う。

2000mはスローだと短い、仕掛けの遅いレースだと内回りは直線が短い、つまりもう少し先行したい所。

12クロノジェネシスはあまり良いスタートでは無かったが、大外が功を奏したのが一つ、内の10ジナンボーに付いていくだけで先行できたのが一つ。

ラッキーライラックの外をピッタリマークして、コーナーも大きくはロス無くだったものの、やはり勝ち馬と比べれば外を回した分の差はある。

大外枠だったことは、スタート悪くも先行できたという点では吉と出たが、コーナリングという点では凶と出た。

とはいえ上位入着の中で唯一最速地点で外を回しながら勝ち馬とクビ差なので、今走の中でも強い競馬をしたのは間違いない。

特に久々の速い馬場だったにもかかわらずキレ負けしなかったのは驚きで、今後の中距離路線では間違いなく中心になる存在。

上位5頭の中で一番厳しい競馬になってしまったのは3ブラストワンピース。

結局、ラッキーライラックやワグネリアンに前を取られ、2サトノソルタスにラチ沿いも取られ内枠を活かしきれず外々を回す羽目に。

昨年の二の舞、外を回してマクル競馬になってしまい、直線入りでクロノジェネシスに並びかけるまでが精一杯、番手のジナンボーにすら届かず。

ただ今走は展開が全く向かなかっただけで、思いの外スピードにはついて行けていたので、もう少し楽に先行できれば良さが活きる。

△1ロードマイウェイはゲートでやや落ち着きが無く、スタート直後に滑るような仕草、鞍上も前を取れないと判断し腹をくくって最後方に。

コーナーで大外回してマクリにいった馬は全滅なので、これはどうしようもなかったが、上手く先行できないとなるとこの馬は今後買いづらい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする