2020/3/28 GIII 毎日杯

阪神1800m芝外・3歳・別定

当初は3F勝負の瞬発力勝負に読んでいたが、天気予報によると雨予報。

そうなるとスピードよりも上がりのかかる道悪で走れるタフな馬を選定しなくてはならない。

しかも急坂コースなので2000でも走れる馬が良さそう。

1枠1番アーヴィンド牡3 国分恭介56.0kg

新馬戦は阪神1800mのダート。

2枠2番アルジャンナ牡3 ヒューイットソン56.0kg

前走のきさらぎ賞でもそうだがギアチェンジタイプではないので、ラスト3Fのみの展開になると位置取りの差が出て負けてしまう。

急坂の阪神外回りに替わり差しきれる可能性はあるが、今走のメンバーでも前走敗れたストーンリッジもいて、絶対的存在では無い。

本来は1800mは短い中で、また前走同様に単勝1倍台に押されてしまうなら、雨が降って道悪だろうが何だろうが、ここも「見」したいところ。

3枠3番アーニングフェイム牝3 松山弘平54.0kg

新馬戦は出遅れ、外からマクリ、大外ぶんまわし、次戦は小倉の重馬場でハイペース、差し有利の展開で大外ぶんまわし。

前走は阪神マイルに距離短縮、やや抑えながらも逃げ切った。

速い脚はそれほど長くは保たないが持久力はあるタイプだと思うので、距離延長は良くハナか番手からそのままもありそう。

新馬戦はその後に勝ち上がっている馬も多いく、全く人気もしてないので抑えてもいいかも。

4枠4番テイエムフローラ牝3 和田竜二54.0kg

新馬戦は京都マイル、ゴリゴリの不良馬場を一頭だけ後ろから差して2馬身差の勝利。

相手はその後勝ち上がった馬はいないが突き抜けてはいたので、今週も同じく不良馬場までなってしまえば。

5枠5番ダノンアレー牡3 福永祐一56.0kg

ダートで勝ち上がっているだけあって、近2走の1勝クラスでは京都の重馬場、阪神の急坂変わらずラスト1Fの粘りが良い。

残念ながらラストにマインオブスプリットやスペードエースに上がり最速で差されてしまったものの、雨が降れば面白い存在。

6枠6番ストーンリッジ牡3 岩田望来56.0kg

前走のきさらぎ賞は一つ後ろのコルテジアにしてやられたが、道悪のせいか直線でよれていた。

新馬戦同様に瞬発力は光ったレースで、アルジャンナをもう一度出し抜ける可能性は秘めている。

どちらかと言うとピッチ走法なので、雨の重馬場の方が良さそうにも思える。

7枠7番メイショウラツワン牡3 浜中俊56.0kg

阪神1800mでの3戦で負けた相手はマイラプソディ、クリスティ、スペードエースと結構手強い相手で、なぜかその馬らのペースメーカーな感じの位置取り。

1着馬に1秒程度離されているレースもあるが、どれも急坂で突然失速しているわけではない。

またどのレースも言い訳は利きそうな内容で、前走久々からの叩き2戦目で多少の上積みが期待できると考えると、ダノンアレーを逆転も可能かも。

7枠8番サトノインプレッサ牡3 武豊56.0kg

新馬戦で負かした相手の勝ち上がり率が高く、3着のオーマイダーリンはシンザン記念で4着、5着のマンオブスピリットは1800で1勝クラスを勝っている。

前走のこぶし賞も新馬戦と同じく良い脚を長く使う感じで、破った2着ギルデッドミラーはレベルの高いサフラン賞で3着。

距離延長は問題にしないが、急坂コースは初、ここ2戦は京都の重馬場が続き、上がりもスピードもあまり求められていないためその点も不安。

トビは大きめで首も低めなので、平坦な直線長いコースの方が適正的には高く、また雨で滑りやすい馬場になると本来の力が発揮出来ないのでは。

8枠9番トウケイタンホイザ牡3 北村宏司56.0kg

新馬戦は前有利の高速馬場で、しかも番手をコーナー最内をロス無く回せて追い出しもスムーズ、かなり展開は向いた。

唯一差し込んできた4着のゼノヴァースはその後勝ち上がったが、他の馬は特に勝ち上がっておらずレベルも低かった。

8枠10番メイショウダジン牡3 幸英明56.0kg

ダートからの転向1戦目。


結局雨はほどほど、開催日の本日は開催中まで雨は降らなそうで、思ったよりはタフでは無い標準的、あるいはやや高速馬場寄りになりそう。

頭数も少ないのでスローの瞬発力勝負になる可能性が高く、スピードのある馬を選んでいきたい。

となると人気上位決着になりそう。

アルジャンナは「見」するとして、上位なら新馬戦で上がりを出せているストーンリッジか。

サトノインプレッサは京都の内回りでの重馬場続きで、11秒前半の脚が引き出せるかは未知数、それで人気サイドなら。

ただメンバー的に消すほどでもないということで、アルジャンナ同様「見」。

◎6ストーンリッジ

☆7メイショウラツワン

◎複勝とワイド◎一頭軸流しの計2点。

レース振り返り

レース展開を完全に読み違い、前後4Fで47.3−12.3−48.3のややハイペース、勝ったサトノインプレッサは最後方からでスロー気味だろうが、他は平均以上。

◎6ストーンリッジは出負けして、促してポジションを確保しに出した所で脚を使ってしまった。

しかもハイペースに付いていって先行したかと思えば、3コーナー辺りからポジションを下げるチグハグな競馬で、直線の伸びは初めだけ。

瞬発力は勝るがスローありき、流れたペースに付き合うと使える脚は一瞬タイプなのだろう、展開が向かなかった。

一方で展開が向いたのは勝ったサトノインプレッサで、馬群の中で包まれかけたが、前が空いた所を持ち味のロンスパ(11.7−11.7−11.9程度)で差し切り。

そこまで直線スピードを要求されなかったことや、直線が長いコースだったことも功を奏した。

2着のアルジャンナも前走よりは展開は向いたと思うが、急坂での伸びがイマイチに見えた。

直線ではサトノインプレッサと比較してもアルジャンナの方がストライド走法なので、道中のポジション差に加えてそこで差が出たか。

4着ダノンアレーはスタートが良くハナを取る勢い、一方でテンがそれほどだった☆7メイショウラツワン。

ともに急坂までは粘れていたが、展開的に先行しては厳しい流れだった。

道中押し上げ時に脚を使ったはずのメイショウラツワンが、ハイペースながら急坂手前まで粘れてしまい、結果4着とレベル的にやや物足らないレースだったかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする