2020/3/22 GII 阪神大賞典

阪神3000m芝・4歳以上・別定

積極的に前に行くタイプが多くないので、長距離レースだがスローの瞬発力勝負になりそうな予感も。

ただしキセキやドレッドノータスらヨーイドンは避けたい馬も多いので、恐らく4F戦のロンスパ、当然コーナリング性能は問われる。

右回りでツーターン以上、レース4Fの上がりが47秒以上で上がりを出せている、あるいは逃げ先行でそのまま粘り込めた経験のある馬を選定していく。

ダイヤモンドSは左回りでしかも3400mと更に長い、かつ直線勝負になりやすいので今回は度外視する。

1枠1番レノヴァール牡5 幸英明56.0kg

2走前の京都3000の万葉S、4走前の札幌2600の札幌日経OPが条件に当てはまる。

どちらのレースも他の馬の強気の仕掛けに続いていく受け身スタイル、ただし前者は外差し、後者は内差し。

札幌では終始最内を回していたのでコーナリングは問題なし、斤量も同じく札幌等で経験済み、人気が0.1秒差だったタイセイトレイルと逆転。

2枠2番メロディーレーン牝4 岩田望来53.0kg

直近のレースは大体当てはまるが、斤量を53kg以上に絞ると2走前の阪神2400の江坂特別、3走前の京都3000の菊花賞。

前者は前で2頭が20馬身くらい突き放して逃げる展開、3コーナーから積極的に押し上げるも、ラストの急坂で後ろから差されてしまった。

後者は割と良いスタートを切ったが後ろに控え、ラストの末脚に賭けたレース運びで、ハマった点はある。

2走前のレベルは疑問、菊花賞のように前が苦しい展開や馬場なら後方からでも届くかもしれないが、今回は先行策で後ろの仕掛けを待つほうがハマりそう。

3枠3番ムイトオブリガード牡6 藤岡佑介57.0kg

東京をよく使うので直近は少ないが、4走前の阪神2000の大阪杯と6走前の京都2400の日経新春杯、一応2年前の阪神大賞典。

大阪杯は相手が破格の中でも仕掛けを出来る限り待って、結果やや内有利の中での外差しだったので、十分健闘したと言える。

日経新春杯は外に出したかった所を出せずややスムーズな伸びが出来なかったものの、相手はグローリーヴェイズやルックトゥワイスらなので悪くない。

2年前の阪神大賞典は前半が速くそこで脚を使いすぎたのは明らかで、今走はヤマカツライデンのような逃げ馬もいないのでチャンス。

4枠4番トーセンカンビーナ牡4 藤岡康太55.0kg

要件ギリギリだが、前走の京都2400の松籟Sと3走前の京都2200の2勝クラス。

前者は稍重だったが道中遅く、11.5秒のラップが2F続くレースで出遅れがカバーできたし、結果的に後ろから猛烈な末脚でバテ差しを決められた。

後者もゲートが悪く後方から、そこで脚を溜めて残り4Fで徐々に押し上げて最後は外から差し切り。

インパクトは強いものの相手が弱く、スピードが持ち味だと思うのでこれ以上の距離延長は厳しいのでは。

5枠5番タイセイトレイル牡5 福永祐一56.0kg

2走前の京都2400の日経新春杯、5走前の札幌2600の丹頂S。

前者は少しペースが緩く前有利の展開に差しきれずだったが、後者はしっかり先行して抜け出しに出るも後ろから最軽量のポンデザールに差される。

しかしドレッドノータスは抑えた形で、その前も先行してレノヴァールを抑えている。

とはいえ僅差、レノヴァールの方が内枠で人気しないならレノヴァールか。

6枠6番メイショウテンゲン牡4 松山弘平55.0kg

2走前の中山3600のステイヤーズSと3走前の京都3000の菊花賞。

前者は前走もそうだが後ろでずっと控えて我慢した結果と捉える事もできる、それでもハナのエイシンクリックを捉えられていない。

後者は先行したものの最後はジリ貧、斤量の問題もあったかもしれない。

それにしても人気過剰には思えるし、先行しての結果では無いので見送りたい。

7枠7番ボスジラ牡4 武豊55.0kg

2走前の中山2500のグッドラックHと3走前の札幌2500の1勝クラス。

ともに相手が弱くレベルの保証が無い中での人気サイドは消したい所。

ユーキャンスマイルとほぼ同じ単勝オッズなのは流石に人気しすぎ。

7枠8番ドレッドノータス セ7 坂井瑠星57.0kg

前走の京都2200の京都記念と4走前の札幌2600の丹頂S。

前者は重馬場でかなり厳しいレースだった一方で、京都大賞典で勝てたのはそこそこ上がりの出せる馬場だったからだろう。

後者は番手をぴったり追走、割と好走パターンの展開だったと思うがタイセイトレイルにはやられた。

今の阪神の馬場なら先行してそのままもありそうで、人気も流石に舐められすぎな感じはあるので大穴でありっちゃあり。

8枠9番キセキ牡6 川田将雅57.0kg

レースを振り返るまでもなく、ここはレベルが違いすぎる、というかここで勝てなくていつ勝つのか。

久々も関係なく走るし、少頭数で楽に前を取れる、逃げてもいいし番手でも良い。

単勝2倍台なら確実に買い、1倍台後半でも他の馬の複勝を買うぐらいなら。

8枠10番ユーキャンスマイル牡5 岩田康誠56.0kg

4走前の京都3200の天皇賞春と6走前の京都3000の万葉S。

前者はレベルが高かったとは思うがかなり離された5着、後者は中団から差しに行くも逃げ馬ヴォージュを捉えきれず。

やはり右回り、とくに内回りではスピードが活かしづらいので厳しいか。


先行して結果を出したことのある馬にさらに絞った。

◎9キセキ

△3ムイトオブリガード

☆8ドレッドノータス

消7ボスジラ

◎単勝とワイド◎一頭軸流しの計3点。

レース振り返り

◎9キセキは出遅れグセは確かにあったが、あそこまで出遅れて、しかも道中引き上げて向こう正面で馬も掛かってしまい、そりゃあラスト失速するわな。

5Fごとのラップは62.6−60.3−60.1で向こう正面時点で前にいたキセキ、☆8ドレッドノータス、タイセイトレイルにはかなり厳しい流れ。

となると後方でじっくり脚を溜められた差し馬が台頭するのは当然で、上位3頭はまさにそのパターン。

中でもユーキャンスマイルはラストのコーナーを一番内をロス無く回せた分も大きい。

メロディーレーンに限っては、前から落ちてきたドレッドノータスを交わすのに手間取った分、届かなかった。

前有利の展開を予想していたために大きく外す事となったが、唯一前目で粘っていた△3ムイトオブリガードが4着の結果は、ある意味で正しい選択だったといえる。

天皇賞春に向けてユーキャンスマイルは充実の内容だったし、馬体重も+12kgとこちらも充実。

同様にムイトオブリガードは馬体重+18kgに斤量の差もあって、天皇賞春にもし出走してきたら面白い存在だと思う。

タイセイトレイルも番手にずっと付きながら、あの厳しい流れで良く粘ったと言える。

キセキはゲートに不安を残し本番に向けて扱いの難しい馬になったしまった感じはあるものの、叩いて良くなる面もあるので、今走のように大きく出遅れさえしなければ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする