2020/3/1 GII 中山記念

中山1800m芝・4歳以上・別定

4強に割って入れそうな馬はいるのか。。。ただ斤量差がなかなかあるので、そこで逆転はあるかもしれない。

9頭出走でGI馬が6頭とか豪華過ぎる。

ソウルスターリングはラストラン。

1枠1番インディチャンプ牡5 福永祐一58.0kg

前走の香港マイルは出遅れやら直線どん詰まりやらでほとんど競馬になっていなかった。

ギアチェンジの優れたピッチ走法の馬、むしろ掛かり気味になるので最内枠は好都合、また斤量58kgは安田記念や毎日王冠で経験済み。

距離1800mも過去毎日王冠や毎日杯で経験しており、毎日杯では後ろからの競馬で届かず、毎日王冠の判断は難しいが、どちらかというとソラを使ったと見る。

ソラを使うこの馬にとって直線の短い中山内回りは、器用さも活きるかなり都合の良いコース形態だと思うので、状態面や調整など問題なければ馬券内は堅い。

2枠2番エンジニア牡7 大野拓弥56.0kg

素直に厳しい。

3枠3番ダノンキングリー牡4 横山典弘56.0kg

前走のマイルCSは内で思いの外伸び悩みはしたものの、開幕週の中山なら馬場もまだ良し、内目の枠も皐月賞が思い出されるように問題なし。

久々でも走るし斤量の恩恵もある今走は逆らえないかな。

4枠4番ソウルスターリング牝6 北村宏司54.0kg

他が叩きばかりなのに対して、ほぼ一年ぶりのラストランであること、斤量が軽いことは優位にある。

2018の札幌クイーンSでディアドラに完敗、その後ディアドラは昨年の中山記念でウインブライトらに完敗しているので、舞台適正的には難しいと思う。

無理はしないだろうから難しい所もあるが、期待したい気持ちはあるので抑えても良いか微妙な具合。

5枠5番ペルシアンナイト牡6 池添謙一57.0kg

基本的にトビが大きく右回りでよく走っていて、2走前のマイルCSも前走の香港マイルも後ろからジリジリ伸びて上位に食い込んでくる。

器用に内を回せばコーナーが急なコースではスピードを出し切りづらく、距離損覚悟で外を回すと2年前の中山記念のように届かない。

基本的にテンも遅くこのメンバーだと恐らく最後方から、直線短い中山では届かないかな。

6枠6番マルターズアポジー牡8 武士沢友治56.0kg

逃げて残れるなら昨年それが出来ているはず。

7枠7番ラッキーライラック牝5 デムーロ55.0kg

前走の香港ヴァーズもその前のエリザベス女王杯も鞍上はスミヨン騎手で、中位に控えラスト3Fに勝負を仕掛けるパターンで来ている。

一方で昨年の中山記念は積極的に前に行って後ろからそこそこ離れた番手で11.5秒前後のラップを持続する競馬だった。

恐らく直線短いコースでは、早めに仕掛けて出し切る競馬の方が良いと思うが、近2走の結果を踏まえると後ろに控える競馬をするかもしれない。

一つ外にウインブライトもいて前に出ないとなると、4強の中では恐らく一番後ろになるので馬券内が怪しくなる。

8枠8番ウインブライト牡6 ミナリク58.0kg

中山内回りでは5−1−0−1で唯一馬券外はGI皐月賞、目下中山記念は2連覇中でしかも毎年GI馬を下すという、典型的な中山巧者。

ただ今年は中山金杯からではなく香港C帰りの1戦目、斤量も58kgと重めを背負ってGI馬と相対する。

とはいえ58kgは経験済み、昨年も57kgだがステルヴィオやエポカドーロと同等、ラッキーライラックとは斤量差がむしろ1kg減っているので問題は状態面に限る。

当日の馬体重は確認出来ないが、少頭数でこのメンツなら好位に付けられるだろうし、実力は発揮できる展開になるだろう。

8枠9番ゴールドサーベラス牡8 横山和生56.0kg

素直に厳しい。


思考停止するなら4強の3連複ボックスで十分なんだけど。

ただ4強のうち1頭は必ず馬券外に沈むわけで、そこを狙うほうが長期的には確実にプラス。

1頭切れたらソウルスターリングを抑えられるかもしれないし。

どちらにせよワイドはかなり分が悪いので今回は本命一頭と複勝に限る。

なら現時点で複勝が一番付く8ウインブライトかな。

◎8ウインブライト

消7ラッキーライラック

◎複勝の1点。

レース振り返り

ラッキーライラックが普通に先行したので、結局4強の中で一番うしろになったのは、1インディチャンプと並びだが、ここは外の◎8ウインブライトの方が厳しかった。

勿論本来なら7ラッキーライラック辺りに位置取りたかったとはいえ、ハナの6マルターズアポジーすら差せなかったので、状態面や調整面の問題もあったかも。

レースラップは前後4Fで47.8−11.5−47.0、少頭数だがやや縦長なので、そこそこのスローペースだったと見ていい。

勝った3ダノンキングリーは単独3番手で楽な展開ではあったし斤量差はあったとはいえ、一頭だけ直線での切れが違ったのも確か。

最速地点では恐らく11秒切るか切らないか程度だと思うので、最後の上り坂でのラップ12.1秒は若干気になるものの、詰められてもいない。

7ラッキーライラックはトップスピードではやや劣ったがラストまでしっかり持続していたので、結果的にはダノンキングリーと同じ上がり時計。

まさにエリザベス女王杯のように、長い直線コース、あるいはもう少し長い距離が一番合う条件なのだろう。

勝ちに行くならもう少し前のポジションが欲しかっただろう1インディチャンプは、ギアチェンジ性能や内を回す器用さをしっかり見せた。

まあここは叩きで斤量も58kgを背負っていたので、無理はしなかったと見るべきか。

5ペルシアンナイトは戦前の予想通りの展開に。

さらにスローになったことで、コーナーからの押し上げが必要になり、ラストの急坂では流石にジリ貧。

最後に4ソウルスターリングは3着ではあったものの惜しかった。

無理のない範囲内ではあると思うが、その中でやれることを積極的にやってきたという感じで、6マルターズアポジー同様ナイスランだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする