2020/2/22 GIII 京都牝馬S

京都1400m芝外・4歳以上牝・別定

京都1400mは元来スローになりやすいし、今の馬場は先週のままなら差しが決まりやすい。

単純に1600でも上がりが出せる末脚の絶対量がある馬を選んでいく方針で良さそう。

1枠1番アルーシャ牝5 ルメール55.0kg

昨年の京都牝馬Sは上がり3Fのラップが11.8 – 11.0 – 11.9と直線勝負でキレ負けしたものの、今のスピードを求められない馬場なら問題ない。

外枠を引いて馬群に邪魔されずスムーズに加速することが出来れば、マクルようにして差せる力はある。

1枠2番ビーチサンバ牝4 福永祐一54.0kg

前走の秋華賞ではコントラチェックを抑えてハナを取り、かなりのハイペースでしかもタフな馬場でも5着と健闘。

久々でも走るし、前半ペースを流して粘っても良し、末脚勝負でも良しなので、1400の距離短縮は歓迎。

2枠3番リナーテ牝6 武豊56.0kg

1400でも京都外回りならさほど問題にはしないと思うが、タフな馬場で最重量の斤量となると前走の京阪杯からの上積みは期待できない。

2枠4番メイショウケイメイ牝4 酒井学54.0kg

フィリーズレビューを見ても特に急坂が苦手な感じは受けないので、近走の凡走は単純に力不足と捉える。

3枠5番リバティハイツ牝5 松若風馬55.0kg

戦績的には急坂コース巧者の差し馬という感じ、時計のかかる馬場経験があまり無いので未知だが、急坂の1600をこなせるので道悪の1400は悪くないか。

去年の京都牝馬Sではリナーテ比較でコーナーの加速地点で馬群に包まれてしまい、直線でもやや壁にあいスムーズに出せなかったので、外枠が良い。

3枠6番メイショウグロッケ牝6 大野拓弥54.0kg

前走は最内をきれいに回し、高速馬場の助けもあっての掲示板内の5着。

距離短縮でもやれそうで道悪も大丈夫そうだが、馬場次第では先行勢はやはり厳しい。

4枠7番メイショウショウブ牝4 四位洋文54.0kg

阪神Cでは高速馬場の助けもあり先行粘り込みで3着だったが、使える脚は短いので京都の外回りは基本的に適正外。

4枠8番プリティカメント牝5 川島信二54.0kg

札幌での2戦目からも、タフな馬場で1F延長しても走れるとは思えない。

5枠9番プールヴィル牝4 岩田康誠55.0kg

戦績がわかりやすく、1600は5戦すべて馬券外、1400は6戦すべて連対だが、単純にレースレベルの差の可能性も。

阪神JFや桜花賞では確かに健闘しているが、前走から斤量+2kgで馬場もタフ替わりで休み明けと、流石にここは厳しいか。

5枠10番ディメンシオン牝6 松田大作55.0kg

超高速馬場の前残り案件だったオータムHを度外視すると、急坂よりも京都や新潟といった平坦コースの方が出し切れそう。

重馬場でも上がりを出せているのでタフな馬場も大丈夫だが、斤量差の無い今走は力関係を考えてももう一つ足りないかな。

6枠11番ディアンドル牝4 藤岡佑介56.0kg

前走のシルクロードSは久々だから走らなかったわけではなく、恐らく時計のかかる馬場がシンドかった印象で、1200からの1F延長が向くとは思えない。

更にタフになった京都の馬場に対して、斤量も最重量となれば厳しすぎる。

6枠12番アマルフィコースト牝5 幸英明54.0kg

基本は高速馬場を前で押し切るタイプだと思うので、前々走のスワンS然り、今の京都の馬場ではたとえスローになったとしても粘りきりはかなり厳しい。

去年の京都牝馬Sは仕掛けの遅い直線のみの展開になった恩恵が大きい。

7枠13番シゲルピンクダイヤ牝4 和田竜二55.0kg

基本は1600前後の直線長いコースが適正だとは思うが、京都2000内回りの秋華賞での末脚には驚いた。

馬場に関係なく上がりが出せる強みがあり、前走のターコイズSも外からマクリながらの競馬で、型にはハマらない走りながら急坂でも粘れるタフさもある。

7枠14番ドナウデルタ牝4 北村友一54.0kg

1400で3戦3連勝で勝ち上がりと勢いは勝るが相手関係が微妙、一応どのレースもペース関係なく上がりは出せている。

チューリップ賞は先に抜け出したものの上位陣に差された形にはなったが、直線の反応は悪くなかったし、京都1400連戦は心強い。

8枠15番モアナ牝6 シュタルケ54.0kg

ギアチェンジで直線勝負するタイプなので先行必須だが、前走のターコイズSでは4コーナー時点で厳しかったように、今走も争い激化で辛いか。

8枠16番ノーワン牝4 坂井瑠星54.0kg

今の京都は差しが届きやすい馬場で、差しの届きやすい急坂コースの方が得意そうな戦績。

上がり最速が34秒台も多く、上がりがかかる方が向いている可能性はあるし1400は距離的にはベスト。

8枠17番サウンドキアラ牝5 松山弘平55.0kg

前走の京都金杯はハンデの軽量、仕掛けも遅く前残りに助けられた節はある。

京都の戦績は良いがどれも仕掛けの遅いスピード勝負、いずれも先行して出し抜く競馬、同じスタイルならビーチサンバの方が人気的にもいいかな。


京都の馬場次第ではあるが、先週のままであれば基本的には外枠外差しが有利だとは思う。

たとえスローペースになったとしても、差し勢が後ろからマクルようにペースを上げて、仕掛けが極端に遅くなるような展開にはならないと読む。

現在京都は雨で芝は重馬場、さらに展開が読みづらく、人気も結構変動していて上位5頭で割れている。

なので手広く狙いたいと思うが問題は本命をどの馬にするか。

正直だいぶタフな馬場になっているのなら、こうなると差し馬もそうそう仕掛けを早めようとはしない可能性も。

これまでの京都の芝の結果を見ても、ラチ沿いの馬場が思ったより回復している印象もあり、スローならば前残りの可能性が上がったのでは。

内、先行、粘り込める馬は、秋華賞など最近の競馬を継続するなら2ビーチサンバだが、本命を打つには未知部分も多い。

まあ雨の時点で未知数が多いのは当然といえば当然なので、ここはもう決め打ちするしか無いか。

京都外回りは内が空きやすいので1枠2頭と、先行できそうな馬を選ぶ。

◎2ビーチサンバ

◯14ドナウデルタ

▲1アルーシャ

△7メイショウショウブ

△12アマルフィコースト

☆10ディメンシオン

消13シゲルピンクダイヤ

◎複勝とワイド◎1頭軸流しの計6点。

レース振り返り

前後3Fで36.0−12.4−34.8と中緩みのスローになって、先行馬が強いだろうという読みは正しかった。

ただラチ沿いは馬場が相当厳しかったか、コーナーで内を回した馬は結果全滅。

結果的に、先行出来てラチよりは外を回せ、直線スムーズに入れた馬が上位4頭で、5着〜9着は後ろに控えて脚を溜めたが物理的に届かなかった馬。

◎2ビーチサンバはスタート出遅れて先行出来なかった時点で厳しかったが、逆によく5着まで上がれたなと言う印象。

◯14ドナウデルタも後ろからなので展開的に無理だったが、直線で前に壁ができて追い出しも遅れて全く競馬ができず。

▲1アルーシャはタフなラチ沿いを回し、直線も覚悟を決めて最内を攻めるしか無かったが、あからさまに外の方が伸びていた。

△7メイショウショウブはやはり使える脚が限定的で、ラスト1Fは失速も、馬場の厳しい所を通っていたので健闘した方。

選んだ馬の中で唯一好位に付けられた△12アマルフィコーストは、直線で17サウンドキアラと15モアナに挟まれなければ6メイショウグロッケを交わせたとは思う。

☆10ディメンシオンは勝った17サウンドキアラと比較しても反応がイマイチ、やはりワンパンチ足りなかった。

勝った17サウンドキアラは、後ろで脚を溜めていた馬を除けば一頭だけ直線での伸びが別格、もちろん得意な展開ではあったにせよ、ここでは違った。

2着の9プールヴィルは馬体重+24kgの成長もあり斤量+2kgを物ともせず、先行も出来たし結果1400は距離的にベストだった。

3着の6メイショウグロッケは展開が向いた面はあると思うが、タフな馬場でもしかり伸びて粘りきれたことは評価して良い。

距離も1400であるし、13シゲルピンクダイヤなんかは前が壁になったり展開的に厳しかったりと明らかに消化不良、本来の実力は全く発揮していない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする