2020/2/9 GIII きさらぎ賞

京都1800m芝外・3歳・別定

3歳戦なので過去走含め全馬しっかり見ます。

ただ8頭立てなので堅い決着になりやすいし、普通に1〜3人気決着もあり得るので、1または2頭に絞りたい。

1枠1番コルテジア牡3 松山弘平56.0kg

前走のシンザン記念が意外に強く、その時よりも馬場が重くかつ1Fの延長。

少頭数でペースがそれほど上がらなければ前走同様の粘り込みもあるかも。

2枠2番サイモンルモンド セ3 和田竜二56.0kg

ダートからの転向1戦目なので消し。

3枠3番トゥルーヴィル牡3 北村友一56.0kg

デビュー戦は4コーナー出た所で前が詰まり追い出しが遅れたが、その後のリカバリーのギアチェンジがなかなか早かった。

ギアの上げ下げが上手いので、そこほど展開に左右されないだろう。

4枠4番ギベルティ牡3 武豊56.0kg

デビュー戦は直線ややぎこちない走りだったが、前有利の展開にやや助けられた面はある。

馬場的には今の京都は重めなので問題にしないと思うが、デビュー2戦目で前半どこまで追走できるか。

5枠5番グランレイ牡3 池添謙一56.0kg

前走の阪神FSは展開が向いたとはいえ、外回りでも上がりが使えたのは大きい。

上がりのかかる馬場でも上がりを出せるので、今の京都の馬場には十分対応できるし、問題は1800への距離延長だが、少頭数で追走は楽なので大丈夫か。

6枠6番サトノゴールド牡3 幸英明56.0kg

8月末の札幌2歳S以来なので馬体重などの状態面が気になる所。

その札幌2歳Sの走りを見る限り、コーナーの加速や直線入ってすぐの加速はイマイチだが、タフな馬場は苦にしないだろうから舞台適正は良さそう。

7枠7番ストーンリッジ牡3 シュタルケ56.0kg

デビュー戦らしいスローペース、さらに超高速馬場ではあったが、阪神外回り坂のある地点でもラップを落とさず。

素人目に見ても足の回転が速い走り方で、坂のある中山や阪神向きではある。

8枠8番アルジャンナ牡3 川田将雅56.0kg

前走の東スポ2歳Sはコントレイルにこそ千切られたが、3着以下は千切っていてその3着馬ラインベックもそこそこ強い馬。

直線での加速の反応は前走も新馬戦もそれほど良くはないので、京都コースは向いていると思う。


先週に引き続き良馬場発表だけどかなり重い馬場。

しかも鞍上の意識のせいか道中遅い加速ラップのレースで差しの決まっているほど、仕掛けが遅めの方が有利な外差し馬場。

頭数が少ないのでそこまで影響は無いにしろ、前・内は不利。

ただどちらにしても実力最上位の8アルジャンナは、馬場の良い外を走れるし自由自在に動きやすいため少なくとも馬券内は堅い。

なのでここはアルジャンナのワイド・複勝では旨味も無いので、アルジャンナを抑えずにの方針で(明確に消しではない)。

他の人気サイドでいうと、4ギベルティは前走のぎこちなさからの成長が鍵になるが、有馬記念と同日のタフな中山でと考えて期待したい。

一方で5グランレイはタフな馬場への1Fの延長が気になるし、前走の大穴を空けてここで人気している時点で消したい。

あとは久々の6サトノゴールドや前走超高速馬場だった7ストーンリッジより、京都1800を経験済みでギアの上げ下げの上手い3トゥルーヴィルに賭けたい。

1コルテジアは内逃げで1Fの延長は今の馬場ではかなり厳しいと見る。

◎4ギベルティ

◯3トゥルーヴィル

消5グランレイ

ワイドと◎の複勝の計2点。

レース振り返り

もっとタフになると思ったが、かなりのスローペースで上がり3F勝負という単純な展開となり、そこを完全に読み違えた。

本命を外しているとはいえ、1コルテジアを拾えなかったのは悔しい。

その本命◎4ギベルティは逃げの手に出たものの、恐らくラチ沿い付近は馬場が悪く、本来ならもう少し早めに仕掛けたい所での手応えがイマイチだったように思う。

その中で7ストーンリッジに促される形になり直線では苦しかったが案外粘った方だろう。

7ストーンリッジは最後差されたものの、瞬発力はデビュー戦も含めて流石のもの、直線で右によれていた分やや分が悪かった。

その後ろをぴたりと追走した1コルテジアはまんまとハマった形ではあるが、予想以上に瞬発力を見せてくれた。

ダントツ一番人気だった8アルジャンナはさらにその後ろで、もともとギアチェンジはそれほど得意ではないタイプだと思うので、この展開では届かず。

上がり最速33.7秒は出しているものの、抜けた存在でも無いことを示したとも捉えられる。

それよりも後ろにいた◯3トゥルーヴィルや6サトノゴールドは尚更届かない。

◯3トゥルーヴィルは内を通してだったので他よりはシンドかっただろうし、6サトノゴールドはロンスパタイプでしかも久々。

ただこのレース自体はクラシックを見据えて考えると、レベルが低い結果だったように思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする