2019/11/30 GII ステイヤーズS

中山3600m芝・3歳以上・別定

中山の内回りを2周するJRA芝コースで最長の3600m。

おおよそ2周めの向こう正面から仕掛けの入る12秒をやや切るラップでの5F戦。

年に1回しか無いのでリピーターが多く、また距離が長いので実力が反映されやすく荒れにくい。

今年は一昨年までムーア騎手とのコンビで3連覇したアルバート、そのアルバート不在の中、昨年勝ったリッジマン、昨年と3年前に3着のモンドインテロ。

それに加えて今年はオジュウチョウサンに3歳牡馬のメイショウテンゲンも参戦と、顔ぶれは面白い。

これらに割って入れる馬が他にいるかどうかを見極めていきたい。

1枠1番オジュウチョウサン牡8 M.デムーロ56.0kg

2枠2番ヴァントシルム牡5 田辺裕信56.0kg

3枠3番サンシロウ牡5 勝浦正樹56.0kg

4枠4番エイシンクリック牡5 津村明秀56.0kg

4枠5番ネイチャーレット牡6 野中悠太郎56.0kg

5枠6番メイショウテンゲン牡3 池添謙一55.0kg

5枠7番レイホーロマンス牝6 横山典弘54.0kg

6枠8番チェスナットコート牡5 坂井瑠星56.0kg

6枠9番ベイビーステップ牡5 大野拓弥56.0kg

7枠10番リッジマン牡6 蛯名正義57.0kg

アルバート不在の中、昨年は勝っているわけで当然抑える。

斤量が直近でも57.0kg以上で戦ってはいるが、他より重いのでやや不安。

7枠11番アルバート牡8 マーフィー56.0kg

昨年は出走取消で4連勝はならなかった上に、今年は鞍上がムーアではなくマーフィー。

7歳になって流石に衰えが見え始めて、二桁着順もある中でアルゼンチン共和国杯を挟まないローテでここに。

不安要素は多いものの、メンバーを見ても他に有力馬も少ないしオッズが割れそうなので抑え。

8枠12番モンドインテロ牡7 ビュイック56.0kg

8枠13番ララエクラテール牡7 石橋脩56.0kg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出走馬のレースをほとんど見られてないので、特殊なコースならリピーターを狙え、ということと、最内枠のオジュウチョウサンに期待して。

◎1オジュウチョウサン

◯10リッジマン

▲11アルバート

△12モンドインテロ

△8チェスナットコート

☆13ララエクラテール

ワイド◎1頭軸流しの計5点で勝負。

レース振り返り

今年は結構ラップ的には分散した勝負になって、◎1オジュウチョウサンも見せ場は十分に作ってくれた。

4エイシンクリックの粘りと△12モンドインテロの上手い位置取り、▲11アルバートの追い込みも見応えがあった。

ただ個人的には、6メイショウテンゲンが4コーナーでかなり外に振られていたにもかかわらず、4着まで突っ込んできていることに驚き。

3月の弥生賞のような重馬場でタフなスタミナ色の強いレースなら今後も期待できそう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする