2019/11/17 GI マイルCS

京都1600m芝外・3歳以上・牡57.0kg牝55.0kg(3歳馬は−1.0kg)

割とリピーターが多く、今年は一昨年の勝ち馬で昨年2着のペルシアンナイト、昨年3着のアルアインが参戦。

3歳馬からはダノンキングリーを含めた3頭が参戦。

古馬ではインディチャンプやダノンプレミアム、モズアスコットらGI馬も参戦。

過去のレース傾向は京都外回りらしい4F戦が多いものの、仕掛けが早い年と遅い年に分かれている。

仕掛けが早いと差しも台頭するが、仕掛けが遅いと先行決着に終わる。

仕掛けの早いロンスパか、仕掛けの遅いギアチェンジか、各馬どちらの展開の方が向くのか検討したい。

ダノンプレミアム牡4 川田将雅57.0kg

2000mでもスローバランスならやれているし、特に天皇賞秋では4F戦ながらもアエロリットを抑えての2着は強さを感じた。

2歳時ではあるが、サウジアラビアRCでは46.1−46.9のややハイペースでも番手から直線抜け出してステルヴィオを千切っている。

スタートもテンも基本的に良いので1600mなら正直どんな展開になっても強いと思うので、大外枠でも引かない限りは本命筆頭。

ダノンキングリー牡3 横山典弘56.0kg

前走は出遅れたものの基本スタートは悪くなく、ダービーのような4F戦でも皐月賞のような3F戦でも強さを見せている。

ただ毎日王冠で叩いてだったが、斤量が+2kgになることと騎手が乗り替わりで初騎乗なのは気がかりではある。

また3歳牡馬サートゥルナーリアが天皇賞秋で古馬相手にかなり苦戦した所からも、ダノンキングリーもすんなりはいかないだろう。

また前走は斤量の差もあって外差しが決まったものの、基本は内を回して良さが出るタイプだと思うので、外枠なら切りまで。

インディチャンプ牡4 57.0kg

昨年6月から鞍上だった福永騎手が騎乗停止で乗り替わりが誰になるのか。

アルアイン牡5 ムーア57.0kg

ダイアトニック牡4 スミヨン57.0kg

レイエンダ牡4 C.ルメール57.0kg

ペルシアンナイト牡5 マーフィー57.0kg

モズアスコット牡5 和田竜二57.0kg

プリモシーン牝4 ビュイック55.0kg

マイスタイル牡5 田中勝春57.0kg

カテドラル牡3 武豊56.0kg

グァンチャーレ牡7 松岡正海57.0kg

クリノガウディー牡3 藤岡佑介56.0kg

レッドオルガ牝5 55.0kg

フィアーノロマーノ牡5 57.0kg

エメラルファイト牡3 石川裕紀人56.0kg

タイムトリップ牡5 57.0kg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする