2019/11/17 GI マイルCS

京都1600m芝外・3歳以上・牡57.0kg牝55.0kg(3歳馬は−1.0kg)

割とリピーターが多く、今年は一昨年の勝ち馬で昨年2着のペルシアンナイト、昨年3着のアルアインが参戦。

3歳馬からはダノンキングリーを含めた3頭が参戦。

古馬ではインディチャンプやダノンプレミアム、モズアスコットらGI馬も参戦。

過去のレース傾向は京都外回りらしい4F戦が多いものの、仕掛けが早い年と遅い年に分かれている。

仕掛けが早いと差しも台頭するが、仕掛けが遅いと先行決着に終わる。

仕掛けの早いロンスパか、仕掛けの遅いギアチェンジか、各馬どちらの展開の方が向くのか検討したい。

1枠1番ダノンキングリー牡3 横山典弘56.0kg

前走の毎日王冠は出遅れたものの基本スタートは悪くなく、ダービーのような4F戦でも皐月賞のような3F戦でも強さを見せている。

ただ毎日王冠で叩いてだったが、斤量が+2kgになることと騎手が乗り替わりで初騎乗なのは気がかりではある。

また3歳牡馬サートゥルナーリアが天皇賞秋で古馬相手にかなり苦戦した所からも、ダノンキングリーもすんなりはいかないだろう。

また前走の毎日王冠は斤量の差もあって外差しが決まったものの、基本は内を回して良さが出るタイプだと思うので、最内枠だと逆らいづらい、あとは乗り替わりがどう出るか。

1枠2番グァンチャーレ牡7 松岡正海57.0kg

マイラーズCのような極端な3F戦でもダノンプレミアムに肉薄するレベルで、安田記念でもハイペースながら粘りを見せた。

前走のスワンSは先行勢殺到で前を取れず、しかも前半流れたペース、直線で前が壁になって理想の競馬は出来なかった。

ただ1月の京都金杯を見ると、ある程度展開は理想的ながら伸び悩んでいるところを見るに、現実的な馬場よりもスピードの出る超高速馬場向きか。

2枠3番マイスタイル牡5 田中勝春57.0kg

前走のスワンSでは距離が短かかったと思うが休み明けでもしっかり粘れたし、スローが予想される今回はもう少し前に位置取れる。

今年の京都金杯では時計のかかる馬場でパクスアメリカーナ相手に健闘しているし、加速の器用さはないので京都の舞台は合っている。

内枠なら馬群に包まれないように前に出て攻められるか、思い切ってハナを取ってしまうか、鞍上次第の所もある。

2枠4番レッドオルガ牝5 岩田望来55.0kg

前走の富士Sでもその前のヴィクトリアマイルでも内を通すも前が壁になって上手く加速できずの展開。

確かに加速が上手い馬では無いので、内枠はあまり良くなかったかもしれない。

東京新聞杯を見てもインディチャンプとの比較でやはり要所の加速は弱いし、ただスピードをそれ程求められず下りの惰性で加速しやすい京都は適正があると思うので、思い切って最内を通せられればだがそれでも。

3枠5番インディチャンプ牡4 池添謙一57.0kg

昨年6月から鞍上だった福永騎手が騎乗停止で乗り替わり、池添騎手に。

前走の毎日王冠前々走の安田記念時の考察でも触れているが、基本的にはギアチェンジタイプで、前走は3着だったが斤量差を考えればむしろ健闘。

ただマイラーズCでダノンプレミアムより0.1秒速い上がり32.1秒を出せているので、トップスピードも持っていると認識を改める。

むしろ先頭に立ったり早めに抜け出したために、いわゆるソラを使ったから最後差されるパターンが多いのだろう。

内枠を引き、また内には当てになりそうな先行馬も多く、あとは乗り替わりがどう出るか。

3枠6番フィアーノロマーノ牡5 藤岡康太57.0kg

休み明け一発でこのメンツに勝てるほど成績はない。

4枠7番ペルシアンナイト牡5 マーフィー57.0kg

個人的には前走の毎日王冠でもう少しやれて欲しかった所だが、やはり右回り巧者なのか。

今年は叩いて2戦目の大阪杯で結果を出せなかったが、鞍上のM.デムーロ騎手の不調もあったかもしれない。

狙うか切るか迷いどころだが、去年のマイルCSは展開面での恩恵は大きかった。

今回はスロー濃厚でギアチェンジの上手い先行勢も多く後ろからとなると厳しいから昨年のように前目を取れたら。

4枠8番プリモシーン牝4 ビュイック55.0kg

前走の府中牝馬Sはスタートが悪く後ろから、若干かかり気味でコーナーは大外ぶん回し、距離も長く見せ場なし。

道中あまりにスローだと掛かりグセがあって、今回はスローペースが予想される中でギアチェンジは得意ではないタイプ。

なのでコーナーから下りの京都も合っているが、馬場的には加速が紛れる超高速馬場の方が良いので、現実的な今の京都の馬場は微妙。

5枠9番クリノガウディー牡3 藤岡佑介56.0kg

ダノンキングリーというより3歳牡馬を疑っているし、斤量56.0kgは重いので切り。

5枠10番アルアイン牡5 ムーア57.0kg

高速馬場、直線の短いコース、内枠、好位取りがこの馬の典型的な好走パターン。

前々走の宝塚記念では好走パターンに分類されるレースだったと思うが、馬場がそこそこタフだった中での仕掛けの速い展開はキセキやリスグラシューと比べて厳しかった。

京都外回りは1600mという短い距離なら昨年のマイルCSのようにやれる可能性はあるが、内枠が絶対条件となる今回、この枠ではちょっと買えないかな。

6枠11番カテドラル牡3 武豊56.0kg

クリノガウディーと同様、後ろからでは厳しい。

6枠12番モズアスコット牡5 和田竜二57.0kg

昨年のマイルCSは後方に下がり過ぎたし、王道の後ろから外差しの競馬となったが特にキレるわけではないので、前々走の毎日王冠もそうだが展開も含めて正直競馬が出来ていなかった。

前走のスワンSくらいの位置取りなら、前も開いて伸ばせてくるとは思うがトップスピードでは劣る分、スローペースのギアチェンジ戦は厳しい。

ただ昨年の安田記念のように馬群の中でも器用には抜けられるが、最近は外枠で外差しが多くなっているし、叩き良化型。

もう少し内の枠が良かったものの、京都の馬場が割と現実的なのは救いで、ここまで人気しないのなら抑えても良いかも。

7枠13番タイムトリップ牡5 幸英明57.0kg

馬券内に来たら仕方ない。

7枠14番ダノンプレミアム牡4 川田将雅57.0kg

2000mでもスローバランスならやれているし、特に天皇賞秋では4F戦ながらもアエロリットを抑えての2着は強さを感じた。

2歳時ではあるが、サウジアラビアRCでは46.1−46.9のややハイペースでも番手から直線抜け出してステルヴィオを千切っている。

スタートもテンも基本的に良いので1600mなら正直どんな展開になっても強いと思うので、大外枠でも引かない限りは本命筆頭だったが、やや微妙な枠。

まあ今回は内に先行勢がある程度集まったので、それらを見ながら位置取り出来ると考えれば悪くはないか。

8枠15番ダイアトニック牡4 スミヨン57.0kg

前走のスワンSを見ても分かる通り、外差しが届く馬場・展開になるかどうか。

ともかく狙うなら外枠が前提だが、先週のデイリー杯2歳Sエリザベス女王杯のような内差しが決まる馬場だと難しくなる。

エンジンのかかりは遅く器用なタイプではないので、スミヨン騎手に委ねられた感じはあるし、馬の適性として1600mはやや長いか、差しが届かずか。

8枠16番エメラルファイト牡3 石川裕紀人56.0kg

3歳牡馬で成績も平凡。

8枠18番レイエンダ牡4 C.ルメール57.0kg

前走の富士Sは明らかに外差し有利の差し決着で、府中ならではという感じ。

直線が平坦な京都では、後ろからでは末脚を見せても届かずの展開になりやすいので、ドスローでスタートを決めて好意取り出来ないと厳しい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当日の馬場状態は気になるものの、上位3頭が割と良い枠に入ったことで難しくなった。

逆に10番人気辺りの穴サイドの先行勢は面白そうな気配。

上位3頭で決着することは無いとして、どの馬を切るかだが、不安要素が多いのは1ダノンキングリー。

乗り替わり、斤量増、3歳牡馬のレベル、スタート、位置取りなど。

その割に2番人気と人気を集めすぎているようには思う。

1ダノンキングリーを切り、4番人気14ダイアトニックも切ると3連系でもそれなりに倍率はあるので、手広く抑えられる。

展開的には逃げ馬不在のどスロー直線勝負になるだろう。

そうするとギアチェンジに長けた馬でしかも前に出ても脚を削がれない馬。

ということで印は以下の通り。

◎14ダノンプレミアム

◯5インディチャンプ

▲3マイスタイル

△7ペルシアンナイト

△12モズアスコット

☆2グァンチャーレ

うーん、△2頭は完全にただの抑え、ダノンキングリーが来たら諦める。

買い目は3連複◎軸1頭流し計10点。

レース振り返り

ただの抑えの△7ペルシアンナイトが馬券内に来て、3連複◎◯△が久々の的中。

ダノンキングリーやダイアトニックを切ったことで手広く拾ったことが功を奏した。

▲3マイスタイルは惜しくも半馬身差の4着と悔しいも、健闘してくれた。

展開は12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7と上り坂で緩い京都らしい流れ、47.2−45.8のスローペースで前残りの直線瞬発力勝負。

ただし京都の馬場は東京ほど高速ではないので、ややタフさは求められた。

最後の直線で◎14ダノンプレミアムが一度は先頭に立つも伸びが地味で、それを上手く目標にした◯5インディチャンプが突き抜けて完勝。

池添騎手はテン乗りだったが正直完璧な騎乗をしたと思うし、勿論◯5インディチャンプの仕上がりも能力も本物、しかもソラを使わないという。

一方でまたもや2着に敗れた◎14ダノンプレミアムも、天皇賞秋のような流れた展開でも今回のようなギアチェンジ戦でも結果を残し、総合力の高さを示した。

強いて言うなら道中もう少し前を取りたかったかな、あとは高速馬場だったら分からなかったとは思う。

惜しくも差された▲3マイスタイルは鞍上がしっかりハナを取って見せ場を作れたし、こればかりは相手が相手なので仕方ない。

これを後ろから差した△7ペルシアンナイトの伸びは予想以上で、確かに出遅れたもののスローで前に取り付けたし、直線で前がきれいに空いて加速しやすかったとは思う。

△14モズアスコットは4コーナーで大外を回さざるを得なかったし、結果的に去年のマイルCSと同じ展開になり、キレ負け。

☆2グァンチャーレはやはり高速馬場巧者だったと思うし、1ダノンキングリーの伸び悩みや外が伸びてたのも見るに内は馬場が厳しかったかな。

その1ダノンキングリー含めた3歳牡馬勢が5〜7着と思ったより健闘はしたと思うし、後方にいたとは言え馬体重10kg増の11カテドラルの末脚には驚いた。

10アルアインはスタートと道中位置取りで詰みだったので、天皇賞秋同様にこのレースも度外視していいと思う、馬体重も10kg増だったし。

15ダイアトニックは距離、あとは位置取り、結局王道の外差し競馬になって苦しかっただろうし、加速段階では地味だったがその割に上がりが良いのはやはりジリジリ伸びるタイプで京都自体は合っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする