2019/11/10 GI エリザベス女王杯

京都2200m芝外・3歳以上・牝馬・定量56.0kg(3歳馬は−2.0kg)

オークスを征したラヴズオンリーユーと先日秋華賞を征したクロノジェネシスの両3歳馬に対して、ラッキーライラックやクロコスミアといった古馬が迎え撃つ形となった。

2年連続で複勝するリピーターが多いが、今年は2年連続2着のクロコスミアのみ。

展開的には京都の外回りらしく、3コーナー上り坂まではゆったりした流れから下りで仕掛けが入り、ラスト2Fまでどんどん加速するパターン。

トップスピードもそれなりに求められるがやはり良い足を長く使える馬が良い。

1枠1番ブライトムーン牝5 福永祐一56.0kg

ゴージャスランチに同じ、◯勝クラス勝ち上がり組は全頭切るつもり。

前走は道中13秒前後のかなりゆったりとしたペース。

多頭数だと後ろからにならざるを得ないだろう。

1枠2番ラッキーライラック牝4 スミヨン56.0kg

前走の府中牝馬Sでの講評の通り、高いレベルではスローよりも平均〜ハイペースで先行して一脚使って出し抜く競馬が得意。

2200mはやや長いかもしれないが、思い切って前に出てペースを作って欲しい所ではあるので、乗り替わりで鞍上がどう乗ってくるか。

馬群に包まれても器用に抜け出せるタイプではないので、枠や展開による所は大きい。

2枠3番シャドウディーヴァ牝3 松山弘平54.0kg

前走の秋華賞はハイペースなレースを内ラチ沿いロス無く回せたのが大きいとは言え、それが持ち味ではあるし道中も楽に追走できた。

一つ、直線加速段階でカレンブーケドールに邪魔をされた部分はあるものの、クロノジェネシスには完敗の内容。

距離も京都外回りという舞台も向いているしギアチェンジも器用ではあるが、上位互換的な存在も多いので相当ハマらないと、という感じ。

2枠4番ウラヌスチャーム牝4 マーフィー56.0kg

前々走のクイーンSでは、最速ラップ地点のコーナーでは4〜5頭分も外を回している訳で、前がやや詰まったスカーレットカラーと比較しても遜色ない。

前走の京都大賞典は距離延長は良かったものの、テンが悪く平均ペースの追走と仕掛けが早い4F戦ではもう一脚に欠いた。

愛知杯くらい前めに付けてスローペースから単純な3F勝負になれば、スカーレットカラーを逆転は出来る。

3枠5番ポンデザール牝4 藤岡康太56.0kg

ゴージャスランチに同じ、◯勝クラス勝ち上がり組は全頭切るつもり。

前走は札幌2600mでしかもレースラップ的にもスタミナ色が強く、斤量が最軽量の50.0kgというのはかなり大きいアドヴァンテージ。

上がり34秒未満を出したこともないし切り。

3枠6番クロコスミア牝6 藤岡佑介56.0kg

(騎乗予定だった戸崎圭太騎手の容態が気になる所、無事に回復して復帰出来ることを願います。)

エリザベス女王杯2年連続で2着のこの馬は、基本的にヴィクトリアマイルでの講評の通りスロー先行巧者だとは思う。

そのヴィクトリアマイルも超高速馬場でアエロリットが暴走気味に逃げただけで、ラッキーライラックやクロコスミアの位置ではややスローのペース。

自身は平均ペースで入っている前走の府中牝馬Sではラッキーライラックに逆転されている通りで、つまり昨年や一昨年と同じような展開になれば馬券内は十分にある。

4枠7番レイホーロマンス牝6 岩崎翼56.0kg

昨年のエリザベス女王杯のレースを見ると、テンが良くないので後ろから、ただ道中内ラチ沿いをロス無く回しているにも関わらず、直線で置いてかれてしまった。

4枠8番クロノジェネシス牝3 北村友一54.0kg

前走の秋華賞は前半ビーチサンバやコントラチェックが飛ばして58.3−61.6とハイペース、6・7Fは12.5前後と明確に落ちて仕掛けも遅く、内回りらしい3F勝負でギアチェンジとスピードの持続で完勝。

どんな展開でも馬券内に入れる総合力はやはり大きく今回も期待は出来るが、外回りに変わり直線が長くなり仕掛けが早まれば、頭まであるかと言われると難しいライン。

ローテ的には春から直の秋華賞だったし惰性で挑んではないものの、京都外回りでの古馬相手では枠や人気次第。

5枠9番アルメリアブルーム牝5 武豊56.0kg

ゴージャスランチに同じ、◯勝クラス勝ち上がり組は全頭切るつもり。

前走は13秒弱のラップが続くスローペースで、コーナーの立ち回りも完璧でスムーズに伸ばせた。

とはいえ付き抜けたものでもないし、最近のレースは13頭立て以下、1桁の頭数ばかり。

5枠10番フロンテアクイーン牝6 津村明秀56.0kg

クイーンS→府中牝馬S→エリザベス女王杯と、昨年と全く同じローテで挑んでいる所からも本気度が伺える。

そこで昨年のエリザベス女王杯は、直線で前が壁になってスムーズに追えず、ほぼラスト100mしか追えてない中で3着僅差。

前走の府中牝馬Sでは普通に前のラッキーライラックを目標に結果抑え込んでいるわけで、距離延長になる今回も同様にやれれば馬券内はある。

6枠11番ラヴズオンリーユー牝3 M.デムーロ54.0kg

オークスから直行ということで、状態や馬体重は確認したいものの、直線の長い2200mの京都なら長く良い脚を使えるラヴズオンリーユーの方がクロノジェネシスよりは信頼できる。

スタートがあまり良くないのは気になるものの、向こう正面上り坂でラップが落ち着きやすいので前には取り付きやすい。

ただ仮に仕掛けが遅くなったり内枠を引いて馬群に揉まれると、エンジンのかかりが遅い分届かない可能性もあり、絶対的な信頼は置きづらい。

6枠12番センテリュオ牝4 C.ルメール56.0kg

前走の新潟記念で加速地点で明確に遅れを取っていた所や、前々走のマーメイドSでのスカーレットカラーとの比較を見るに、ギアチェンジは苦手なタイプ。

3走前の京都2000mのように下りで加速しやすいコースなら、超高速馬場ではあったが11秒弱のスピードを長く維持できる。

ただしマーメイドSのような差し決着において遅れを取っているように、トップスピードは劣るので、ポジションや斤量の不安はある。

7枠13番サトノガーネット牝4 坂井瑠星56.0kg

後ろからの末脚は、道中脚を溜めているのだから当然といえば当然。

クイーンSにおいてもスカーレットカラーに見劣り、ウラヌスチャームとの比較でもコーナーで内をロス無く回しているのに見劣り。

7枠14番ゴージャスランチ牝4 幸英明56.0kg

今年の秋のGIの特徴として、◯勝クラス勝ち上がり組はほとんど活躍出来ていないと、具体的には菊花賞のヒシゲッコウやホウオウサーベル、秋華賞のエスポワール。

ゴージャスランチも例に漏れずだと思っていて、前走は超スローの逃げ、新潟の内回りのコーナーでの加速をロス無く回せて、それでもラストは11.0−12.2と大きく減速している。

パールSでのスカーレットカラーとの比較で見ても逆転は厳しいだろう。

7枠15番ミスマンマミーア牝4 浜中俊56.0kg

ゴージャスランチに同じ、◯勝クラス勝ち上がり組は全頭切るつもり。

前走は超高速馬場の府中において12.5〜13.0秒のラップが連続する超スローペースから、残り5Fでやや仕掛けが入った3F戦。

芝の重馬場での好走が多いことからも、スタミナ色の強い馬。

8枠16番スカーレットカラー牝4 岩田康誠56.0kg

前走の府中牝馬Sでは長い直線で良い足をしっかり出し切れたし、昨年の秋華賞で逃げて粘ったミッキーチャームを小箱の札幌で差し掛けたクイーンSは、改めて見ると強さを感じる。

問題は2200mという距離、中京2000mの愛知杯や阪神2000mのマーメイドSでのラスト1Fの減速が気がかり。

ただ馬群を抜け出せる器用さというか瞬発力も持ち合わせているので、展開がハマれば1着まである。

8枠17番サラキア牝4 川田将雅56.0kg

今年に入ってのレース5戦のうち、1600mでは全て馬券外だが、距離というよりは内枠で揉まれたり前半の追走で脚を使ったりと割と敗因は分かりやすい。

逆に馬券内の2戦は距離的にスローになったこともあり、極端な前残りの展開だったためで、こちらも要因は分かりやすい。

基本的にスローになりやすい1周コースは歓迎で、前めを取りスローに持ち込んで単純な3F戦になれば馬券内もある、ただし最内枠の場合を除く。

8枠18番レッドランディーニ牝4 池添謙一56.0kg

前々走のマーメイドSは明らかに差し決着の特殊なレースで、それにおいて斤量の恩恵はかなり大きい。

結果前走の府中牝馬Sではスカーレットカラーに鮮やかに逆転されてしまった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

結局3歳牝馬と古馬との力関係をどう読むかにはなる。

また古馬同士の比較でも、人気サイドの古馬は古馬で懸念事項があり、やや荒れそうな感じはする。

やや仕掛けを遅らせたい馬が多く、近年の傾向とも合致するので、スローの3F戦になるのが濃厚か。

とはいえ軸にしたい馬もいないし本命が難しい。

ワイドで穴目を手広く狙うのが良いか、絞って3連系で勝負をかけるか。

正直全く分からず絞りきれないので、スローの瞬発力勝負によった予想とします。

そうなると加速性能に劣る2ラッキーライラック、11ラヴズオンリーユーの上位2頭は思い切って切りたいところ。

◎8クロノジェネシス

◯4ウラヌスチャーム

▲16スカーレットカラー

△11ラヴズオンリーユー

11ラヴズオンリーユーは自力出来てしまうこともあるだろうから抑え。

6歳牝馬は昨年と比較しても上積みは無いと。

3連複ボックス計4点。

レース振り返り

うーん、全てが裏の結果で残念ですね。

あそこまで極端なクロコスミアの楽な単騎逃げドスローになるとは思わなかったので仕方ない。

ラッキーライラックを除き極端な前残りの展開になるのは当然、◯4ウラヌスチャームは物理的に不可能。

しかもラヴズオンリーユーが蓋をした、クロコスミアが残り4Fで勝負に出たことで、後ろは4コーナー地点ではすでに加速している筈。

△11ラヴズオンリーユーはなぜ4F地点でクロコスミアに追従しなかったのか分からない、それでも2着かどうかだが。

その地点で外に振られたから▲16スカーレットカラーは厳しかった筈で、確かに残り100mで失速しているが、距離自体が問題ではなかったと思う。

実際少し内めだったセンテリュオは3着にクビ差までは来ているし、展開的にはセンテリュオに向いていた。

逆に内を回せたが想定より仕掛けが早まった◎8クロノジェネシスは思いの外頑張っていたとは思う、ただ突き抜けるほどでは無かった。

以上の展開の中で最内を回し最内を付いて差し切ったラッキーライラックはスミヨン騎手の実力とも相まって強かった。

ドスローな展開で内で我慢して脚を溜めて、ここまで末脚を爆発できるとは思っていなかったので、正直実際とは逆張りしてたとしても拾えるかは微妙。

昨日のデイリー杯2歳Sもだけど、内回りとの合流地点で内を鋭く伸ばせた馬が勝っているので、京都の馬場ともマッチしたのかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする