2019/9/22 GII オールカマー

中山2200m芝外・3歳以上・別定

先週のセントライト記念と同じコース。

今週末も天候が怪しく、流石に馬場も重めになるだろう。

そうなると2200mという微妙な距離も相まって、タフな馬場でもある程度のスピードを持続できる馬が期待できる。

1枠1番ミッキースワロー

後ろからトップスピードを生かして一気にまくるタイプ、速くとも平均ペース以下ならだが、いかんせん後ろ過ぎて届かないパターンも多い。

2枠2番ゴーフォザサミット

脚はもって3Fの瞬発力、4F以上の長い仕掛けになると厳しい。

3枠3番クレッシェンドラヴ

平均ペースで分散したレースで、トップスピードではなく長い脚が求められるタフなレース向き。

4枠4番グレイル

馬群に包まれても前が詰まらずに自分のペースで差しにいけるポジションを取りたい、スタートは悪いが微妙に長い2200mならバテた馬を差しきれるか。

5枠5番トニーファイブ

芝へ転向後も2勝クラスで苦戦しているので流石に消し。

6枠6番エンジニア

一瞬の加速が出来ず馬群に包まれると厳しい、トップスピードも持続力もいまいち。

7枠7番ウインブライト

説明不要の中山巧者、後半での1Fが11.5秒を切るようなスピード勝負になるとキレ負けする、昨年のマイルCSなどが分かりやすい。

7枠8番レイデオロ

キレもそこそこ高いが一番は高いレベルで脚を長く使えること、東京だろうと中山だろうと力を出せるタフさもあり、総合力ではこのメンツの中ならダントツ。

8枠9番スティッフェリオ

キレは無いが平均以上のペースでも一瞬の加速で頭を取って粘れる、ただし頭数が少ないとはいえ外枠で序盤に脚を使わされると厳しい。

8枠10番ショウナンバッハ

スローペースからの上がり3Fスピード勝負で後ろからまくるタイプ、そのため最後の直線が長めの東京・中京・新潟とあからさまに左回り巧者。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まだ天候次第ではあるにせよ、10頭と少なく、7枠の2頭が抜けていてるので、あまり旨味のないレースになりそう。

狙うなら3連単で7枠の2頭以外の馬が2着に割り込んでくるパターンだが、穴サイドでそれが可能な馬はいないかな。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

土曜のレースラップを見ると全然雨の影響は無い感じ。

普通に高速馬場な感じ、逃げ馬もいないとなると少なくともスローペース。

仕掛けが早まっても上がりでさらに速い脚を求められるレースになりそう。

予想では61.0−58.0のレースタイム2:11.5で、展開イメージは昨年とほぼ同じ。

となるとマックスで劣るウインブライトはかなり人気しているが怪しくはなる。

逆にスピードのあるミッキスワローは相対的に良い。

同様に穴目ではゴーフォザサミット、ショウナンバッハが面白い。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨日からCコース替わりで中山も高速馬場。

単純にウインブライトが推されすぎていることが気になる。

過去ウインブライトが中山を制したのは内回りで割とペースは分散している。

要するにキレを求められていないわけで、今回は案外厳しいと見ます。

もちろん複勝圏内には入る可能性は十分あるが、あえて印から外して勝負しましょう。

◎8レイデオロ

◯1ミッキスワロー

△2ゴーフォザサミット

△10ショウナンバッハ

3連単1着◎固定流し計6点

レース振り返り

レースラップは以下の通り。

12.6 – 11.2 – 12.8 – 12.6 – 12.6 – 12.2 – 12.2 – 11.8 – 11.2 – 11.0 – 11.8

前後5Fで61.8−58.0のどスローペースを作り上手く逃げ切った9スティッフェリオの完勝。

頭数が少ない分、外枠というのは特段気にしなくてよかった。

最速は11.0と9スティッフェリオが思いの外速かったというのもある。

また残り1200mからと800mからでペースを上手いこと微妙に分散させ、極端な直線勝負にはしなかった。

これでは後ろに位置していた◯1ミッキスワローや△10ショウナンバッハは届かない。

一方で物足らなかったのは◎8レイデオロで、イメージとしてはもう少し早めに仕掛けてラストの4〜5F戦に持っていかないと。

とはいえ出せなさ過ぎでは、という印象もある。

コーナーでの内と外の差があったとはいえ、最後はわずかに4グレイルに差されているし。

その4グレイルは心配のスタートが良かったので、頭数が少ない分ポジションが取りやすかった。

△2ゴーフォザサミットは、9スティッフェリオが微妙に上手く分散させたのもあり、2200mと微妙な距離で最後の200mで結局脚が保たず失速した。

3クレッシェンドラヴは前の7ウインブライトが失速して壁になった影響が大きい。

それでも上がりはそれなりで、加速したあとのスピードは見せられたし、2400mとか長距離向きかな。

コーナーで11.2−11.0では苦しすぎた7ウインブライトは完敗。

もう4コーナーの時点でスピードについていけず見るからにシンドそうだった。

もう少しやれても良い気もするけど、それだけ得手不得手が分かりやすい馬ということ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする