2019/9/16 GII セントライト記念

中山2200m芝・3歳・定量牡56.0kg牝54.0kg

中山外回りの特殊コース。

直線→1コーナー→直線→2コーナー→直線→3・4コーナー→直線と言っていい。

コーナーはそれほどキツくはないものの、中山名物ゴール前の急坂を2回上るなど上下幅は激しい。

過去4年間のレースラップは古い順から以下の通り。

2015年:12.6 – 11.6 – 12.2 – 12.3 – 12.4 – 12.6 – 12.5 – 12.6 – 11.9 – 11.5 – 11.6

2016年:12.5 – 11.6 – 12.0 – 12.2 – 12.7 – 12.5 – 12.5 – 11.7 – 11.7 – 11.5 – 12.2

2017年:12.3 – 11.1 – 12.4 – 13.1 – 12.9 – 12.8 – 12.1 – 12.0 – 11.7 – 11.3 – 11.0

2018年:12.4 – 10.9 – 12.3 – 12.4 – 12.9 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.6 – 12.3 – 12.6

年々仕掛けのタイミングは早まっており、それに伴って時計も伸びている。

ただし2018年は残り6Fから先頭のタニノフランケルが大きく逃げており、他の馬は目視で残り3〜4F辺りからの仕掛けになっている。

また2017年は中緩みがかなり大きな超スロー、結果加速ラップとなり実質残り3F勝負。

おおよそ最後の直線が短い中山らしく、スピードの持続が求められるタフな3〜4F勝負が多い。

日月の現地天候が微妙で先週ほど早い馬場にはならず、中山らしいタフな馬場に戻るのか。

どちらにしろ長く脚を使えるロンスパできる馬を見極めたいところ。

1枠1番ザダル

前走はレコードを叩き出したヴィクトリアマイルと同じ日で超高速馬場、ペースが分散して極端なトップスピードは求められずタフに追って1着。

前々走はタフな馬場の中山で、大外枠でしかもスタート出遅れ、終始外を回されながら2000mの急坂で粘って差し切り1着。

3枠5番シークレットラン

時計のかかる馬場、かつペースが分散した中でのロンスパ戦なら大穴として面白い1頭。

3枠6番モズベッロ

典型的な道悪・急坂巧者、スタート出られれば。

4枠8番リオンリオン

恐らくハナを取って12秒前後の淡々としたペースで分散させる、だが最後に急坂がある中山では差される可能性の方が高い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする