2019/9/15 GII ローズS

阪神1800m芝・3歳・牝馬・定量54.0kg

向こう正面の直線が長くて平坦なため、先行争いはそれほど激化しない。

外回りなのでコーナーも緩く、道中のペースは落ち着くことが多い。

ローズSでは過去ほとんどが残り600mの直線上がり勝負。

ゴール前の急坂も相まって、前半1000mのペースがほぼそのまま脚質の有利不利に直結する。

過去結果見てもそこそこ荒れやすい印象だが、今年はメンツが良い割に現状12頭と少ないので、あまり荒れそうにない。

特にハナを取る馬が、どういうペースで逃げたいかを読み切りたい。

まずは人気どころについて考える。

4枠4番ダノンファンタジー

トップスピードや一瞬の加速では劣るので、なるべく前に位置づけペースを流すか仕掛けを早めて、極端な直線勝負は回避したい。

6枠8番ウィクトーリア

基本スタートが悪く後ろからの競馬になりがちだが、直線で前が詰まりながらも一瞬の加速とトップスピードで残り1Fでも差しにいける。

7枠10番シゲルピンクダイヤ

距離短縮・高速馬場共にプラス、基本後ろからの競馬になるが器用さはあるので、最後の直線トップスピード勝負になれば差しきれる。

8枠11番ビーチサンバ

テンが遅めで後方からの競馬、最後の直線の加速で一気に追い抜いて粘るタイプなので、ゴール前に急坂のある阪神ではなるべく道中で脚を温存したい。

8枠12番スイープセレリタス

コーナーの内をロス無く回り、直線のトップスピードの持続で前で粘るか後ろからまくるかのどちらか、距離延長や阪神であることを踏まえると前者が良いか。

5枠6番シャドウディーヴァ

阪神適正は未知数、エンジンがかかるのが遅めだがかかれば持続は出来る、距離短縮の今回はペースが早くなればなるほど良い。

6枠7番アルティマリガーレ

加速は遅くトップスピードもそれほどだが、スピードにのれば持続力はあるので、ある程度ペースを流してスピードにのったまま最後の直線を迎えたい。

1枠1番メイショウショウブ

あからさまに超スロー巧者で、しかもラスト3Fより長くは保たず限定的だが、スピードは良いものがある。

3枠3番ビックピクチャー・7枠9番ラシェーラ・5枠5番モアナアネラ

そこそこ時計がかかる馬場でのスピード持続が持ち味で、キレ勝負なら厳しいがかといって、軽い馬場で早仕掛けしても最後まで力を出しきれるか微妙。

2枠2番ベストクィーン

前走はベストの競馬、タフな馬場でのスピードの持続が持ち味。

以上を踏まえて(事後書き込みで)以下の印。

◎10シゲルピンクダイヤ

○8ウィクトーリア

▲11ビーチサンバ

△1メイショウショウブ

メイショウショウブがハナを取ってスローペース、上がり3Fスピード勝負。

そうなるとダノンファンタジーは劣るかと。

レース振り返り

前後4Fのラップが47.1−45.1と超スローペースで、最速がラスト2Fの10.5秒。

先週に引き続き超高速馬場の3F勝負でペース予想は読みどおり。

それでいて外してしまった要因は三つある。

一つはラスト1Fは11.9秒とかなり甘くなっているところ、要するに1800mという距離の微妙さ。

実際1600m地点では、目視で1馬身差以内に11−8−10−12、そこから1馬身半ほど離れて4ダノンファンタジー。

要するにこの最速地点で4ダノンファンタジーは前3頭にキレ負けしている。

特に4コーナー入りでは(内と外の差はあるが)同じ位置にいた◎10シゲルピンクダイヤとの比較が分かりやすい。

もう一つは、ラスト甘くなったとはいえ前4頭を差し切った4ダノンファンタジーの伸びしろ。

一瞬のスピードでは劣ったかもしれないが結果的に上がり3Fは最速の33.1秒、予想以上に速かった。

単純に比較はできないが、桜花賞の時のイメージを覆された印象。

桜花賞よりも200m長いことを考えると尚更。

そこに更に最後の一つ、道中の位置取りを加える。

後ろからの競馬になると予想していた◎10シゲルピンクダイヤなどの各馬が、予想以上に積極的に前目を位置取った。

休養明けで足取り軽く走れたというのもあったのかも分からない。

もちろん超高速馬場のスローペースだと後ろからでは物理的に追いつかず厳しいという鞍上の判断もあっただろう。

そんな中でスタートもテンも良かった4ダノンファンタジーは、道中控えた分が最後の1Fに繋がったのもある。

そういう意味で△1メイショウショウブの鞍上にはガッカリした。

もう少し主張してハナ、あるいは2番手集団での位置取りをしてほしかった。

それこそ4コーナーであの位置では物理的に差しきれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする