2019/6/2 GI 安田記念

今年はかなりの豪華メンバーが揃いました。

特にアーモンドアイとダノンプレミアムの2強は熱い。

他も有力馬ばかりで、穴馬を探したいのですが流石に2桁人気の馬が穴を開けられるようなメンバーでは無いか。

前回は2桁人気から3頭も選出しましたが、今回は多少自重した方が良さそう。

(金曜追記)穴馬として目をつけていたタワーオブロンドンは出走せず。残念。

基本情報

レース:安田記念

条件:3歳以上・牝馬56.0kg・牡馬58.0kg

開催日:2019年6月2日(日)

出走時刻:15:40

開催場所:東京11R

コース:1600m・左回り・Cコース

東京競馬場
https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/tokyo/t1600/

コース特徴①:コーナーまで直線長い→最初ポジション取りやすく枠不利少ない

コース特徴②:コーナー最初が下り→コーナーでのペースが落ち着かない

コース特徴③:最後の直線前半は上り→ある程度のスタミナが求められる

コース特徴④:最後の直線が長い→瞬発力勝負になりやすい

過去レース傾向

ほとんど前傾ラップ、前後3Fは共に34秒以下。

11秒台のラップが続き、勝ち時計が1:31秒台になる超ハイペース。

前半が早いほどロンスパ勝負となり、後方からの差しも決まりやすくなる。

一方でタフな逃げ馬が残る場合も近年は見られる。

全頭診断

1枠1番 ケイアイノーテック

牡4歳・差し・幸英明(乗り替わり)

過去戦績(総合)※ダート戦除く

1着−2着−3着−着外:3−2−1−5

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)※ダート戦除く

GI:1−0−0−2 重賞:1−1−1−5 東京:1−0−0−1 1600m:3−2−1−3 左:1−0−0−1

2018NHKマイルC:1着

参考レース① 2019/4/21 GIIマイラーズC 京都芝1600m 6着

前残りのみの特殊な決着で、物理的に差しそこねた形。

スタートで前に出そうになって抑えたにもかかわらず、上がりを出せたのは評価できる。

参考レース② 2018/5/6 GINHKマイルC 東京芝1600m 1着

スタートやや遅れ後ろからの追走、4コーナー辺りから仕掛けて見事にロンスパで差し切った。

当然だが会心のレース、出遅れたことが寧ろ功を奏し、展開も向いた。

寸評

NHKマイルC以降複勝から遠ざかっているのは、折り合い難によるもの。

割とテンが早く、道中折り合いがつかずに掲示板外に沈むパターンが続いている。

逆に超高速馬場ならその心配は無用、むしろ今回はテンの早さを活かして若干前め、物理的に差し切れる位置を取りたいところ。

実績もある穴馬として面白い1頭。

(金曜追記)先週からCコースで内も伸びている馬場とはいえ、最内枠は最悪。

この馬に器用さは無く、大外をぶん回してナンボ。

そうなると鞍上次第だが・・・。

1枠2番 アエロリット

牝5歳・逃げ・戸崎圭太(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−5−0−6

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)※海外戦除く

GI:1−1−0−4 重賞:3−4−0−5 東京:3−2−0−2 1600m:1−4−0−4 左:3−2−0−2

2019ヴィクトリアマイル:5着、2018安田記念:2着、2018ヴィクトリアマイル:4着、2017NHKマイルC:1着

参考レース① 2019/5/2 GIヴィクトリアマイル 東京芝1600m 5着

最初の直線で先頭を取るのにあれだけ脚を使ったにもかかわらず、最後の直線では残り150mまで先頭を維持。

枠が恵まれていれば勝ちもあった。

参考レース② 2018/11/18 GIマイルCS 京都芝1600m 12着

1〜3着が1〜3番という特殊決着。

上記3頭は内枠を活かすために、アルアインはともかく、本来は差しのステルヴィオなどが先行。

京都の1600m外回りは最初の直線が長いので、そこで外枠だったアエロリットは脚を使わされた。

寸評

前走は海外帰り一発目の不安が出て、やや暴走気味の逃げになった。

そこからの2走目は修正してくるだろうし、何より枠がかなり良い。

2強に隠れて案外馬券秒味はあるかもしれない。

鞍上も去年の安田記念と同じ。

2枠3番 サクラアンプルール

牡8歳・差し・横山典弘

過去戦績(総合)※ダート戦除く

1着−2着−3着−着外:4−4−3−13

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)※ダート戦除く

GI:0−0−0−5 重賞:1−2−2−9 東京:0−1−0−4 1600m:初 左:0−2−0−4

2018天皇賞(秋):6着

参考レース① 2019/3/23 GII日経賞 中山芝2500m 3着

2500mで上がり最速35.2秒、長距離向き。

参考レース② 2018/10/28 GI天皇賞(秋) 東京芝2000m 6着

最後伸びてきているが距離足らず、というより距離が短い分トップスピードで劣った印象。

寸評

東京(0−1−0−4)よりも中山(3−1−3−4)の方が圧倒的に成績は良い。

歳に負けず2018年以降、GI含めて7着以上と安定した成績を残している。

普通の1600mなら距離適性外、タフさも必要な東京マイルはその中では合う方だが、力関係的に今回は厳しい。

2枠4番 サングレーザー

牡5歳・差し・岩田康誠(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:7−2−4−5

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)※海外戦除く

GI:0−1−1−2 重賞:3−0−3−4 東京:0−1−0−1 1600m:1−1−3−2 左:0−1−1−1

2018安田記念:5着

参考レース① 2018/10/28 GI天皇賞(秋) 東京芝2000m 2着

1着レイデオロとの差は道中の位置取りの差。

末脚は十分だし、特に道中ペースが緩んだわけでもない。

参考レース② 2018/6/3 GI安田記念 東京芝1600m 5着

単純に外枠による距離損の分が影響したと言えるような内容。

先着した馬と比べても、終始外を回っていたのはこの馬のみ。

寸評

前走は海外帰り一発目だったからかテンが遅く、早々に前が詰まったために位置取りミス。

道中はエポカドーロにより超スローに落とし込められ、前が有利な展開に。

道中ペースが流れる今回の方が展開は向いている。

何よりディープ産駒ということで、レコード決着はむしろ願ったりか。

懸念は他に差し馬が多く枠が内なので、前に壁が出来てしまうこと。

鞍上が札幌記念の再現を出来れば問題は無さそう。

3枠5番 インディチャンプ

牡4歳・差し・福永祐一

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−1−1−2

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)

GI:初 重賞:1−0−1−2 東京:1−0−0−0 1600m:4−1−0−2 左:2−0−0−0

参考レース① 2019/4/21 GIIマイラーズC 京都芝1600m 4着

パクスアメリカーナと比較すると分かりやすいが、4コーナーでサッと交わして3番手。

そこから半馬身くらいリードするも、最後差し返されてクビ差の4着。

前残りしやすいスローな展開では、トップスピードの面で劣った結果。

参考レース② 2019/2/3 GIII東京新聞杯 東京芝1600m 1着

スタート出遅れた分、始めに脚を使ったため内をついた競馬に。

ペースが流れた結果、前が落ちてくるところをスルスルっと抜け出して1着。

器用さがあるし、伸びや粘りがある。

寸評

ギアチェンジを活かして出し抜くタイプ。

一瞬のトップスピードでは劣るため、今回予想されるハイペースは嬉しい。

またこの馬にとっては枠が恵まれた。

距離損も無しに器用にまくれるし鞍上も良いので期待できる。

3枠6番 グァンチャーレ

牡7歳・先行・松岡正海(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−9−5−19

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−2 重賞:1−1−1−7 東京:1−0−0−6 1600m:4−6−2−12 左:1−0−0−9

2015NHKマイルC:12着

参考レース① 2019/4/21 GIIマイラーズC 京都芝1600m 2着

上位4頭が道中の上位4頭という完全前残りな特殊決着。

少頭数というのもあり、楽逃げスローでかなり展開は向いていた。

最後はギリギリ残して2着。

参考レース② 2019/1/5 GIII京都金杯 京都芝1600m 6着

最内で距離損もなく、前も空いて残り200mから一瞬抜けかけるも失速。

寸評

左回りで唯一勝ったのは2018年11月のOPキャピタルS(東京芝1600m)。

東京マイルにしては珍しく前3Fは36.1のスローペースで最後瞬発力勝負に。

ペースが流れると1600mは長く脚が保たない可能性が高い。

4枠7番 モズアスコット

牡5歳・差し・坂井琉星(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−4−0−6

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)※海外戦除く

GI:1−0−0−1 重賞:1−3−0−2 東京:2−0−0−0 1600m:3−1−0−3 左:3−0−0−0

2018安田記念:1着

参考レース① 2019/4/21 GIIマイラーズC 京都芝1600m 7着

超スローの前残り展開とはいえ、伸びが全く見られなかった。

特に前が詰まったわけでもなく、外を回っていたケイアイノーテックにあっさりと差されていた。

海外帰り一発目で体重も+12kgと、馬体が重かったのかもしれない。

参考レース② 2018/6/3 GI安田記念 東京芝1600m 1着

1週前に京都を走らせるという謎のローテで挑んだ結果、まさかの1着。

道中特に脚を使うこともなく、最後の直線ではスワーヴリチャードが外側に斜行したため、前がすんなり空いたところを真っ直ぐ進めた。

かなり展開が向いていたのは間違いないが、上がり最速なのも事実。

寸評

3コーナー手前の上り坂で一旦ペースが落ちやすい京都1600mは、3・4コーナーから自然とペースが上がりやすい。

勢いそのままに入る最後の直線は、そのために一瞬のスピード勝負になりやすい。

そういう意味でこの馬はキレには欠ける。

逆に道中ペースが流れやすく、最後の直線に上り坂がある東京1600mで勝てたのはタフさがあるから。

それは昨年のマイラーズCで先行して粘って2着なことからも伺える。

隣のグァンチャーレの後ろに付いていく展開でいけば可能性はあるが、そこは鞍上次第か。

4枠8番 ステルヴィオ

牡4歳・差し・D.レーン(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−3−1−3

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)

GI:1−1−0−3 重賞:2−3−1−3 東京:1−2−0−1 1600m:2−2−0−0 左:1−2−0−1

東京→2018東京優駿:8着、1600m→2018マイルCS:1着・2017朝日杯FS:2着

参考レース① 2019/3/31 GI大阪杯 阪神芝2000m 14着

外枠から先行して脚を使った分、最後の上り坂でかなり失速した。

2000mは距離も長かったし、本来の走りが出来ていないので度外視して良い。

参考レース② 2018/11/18 GIマイルCS 京都芝1600m 1着

最内枠という距離得と、京都競馬場の特徴を最大限活かす競馬が出来たと言える。

最後の直線のキレ勝負に持っていけた時点で勝ちは堅かった。

寸評

データ的には距離はマイルが最適、ただ2着のどれもがダノンプレミアムに大差負け。

タフさよりもキレを活かしたい所だが、超高速馬場の東京マイルには合いづらい。

攻めて先行してもタフには粘れない、後方待機しても物理的に差し損ねる可能性が高い。

ただ枠には恵まれた印象で、先行しすぎず後方すぎずの位置取りを、鞍上が上手く立ち回ることで取れれば分からない。

5枠9番 スマートオーディン

牡6歳・追い・池添謙一

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−1−0−7

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−1 重賞:4−0−0−6 東京:1−0−0−4 1600m:0−0−0−3 左:1−0−0−5

東京→2016東京優駿:6着

参考レース① 2019/5/11 GIIスプリングC 東京芝1400m 7着

残り400m地点で、先頭と約10馬身差の最後方から鬼の末脚で約2馬身差の7着。

恐らくラスト1Fは10秒台のスピード。

とはいえレコード決着の超高速馬場で縦長の展開では物理的に厳しかった。

参考レース② 2019/2/24 GIII阪急杯 阪神芝1400m 1着

3コーナー手前では先頭と約15馬身から4コーナーで仕掛けて、最後の直線入った時点で既に先頭と約6馬身差。

上がりはダントツトップの33.4秒で復活を印象づけた1着。

明らかにコーナリングに長けている。

寸評

近3走で上がり最速を出し続けている(かつ徐々に短くなっている)のが気にはなる。

とはいえ超高速馬場が予想される東京は、コーナリングの差での出し抜きは期待出来ず、前走同様縦長の展開に沈む可能性は高い。

5枠10番 フィアーノロマーノ

牡5歳・先行・北村友一(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:6−0−0−5

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)

GI:初 重賞:1−0−0−1 東京:0−0−0−2 1600m:4−0−0−1 左:0−0−0−3

参考レース① 2019/3/30 ダービー卿チャレンジT 中山芝1600m 1着

4コーナーのコーナリングで上手く交わし、短い直線粘って1着。

参考レース② 2018/5/12 スプリングC 東京芝1400m 18着

最後の直線まったく粘れず。

寸評

地方や中山、阪神内回りといった小回りを利かす競馬場が得意。

馬場が渋れば面白いが、今の所当日の天気は良く良馬場が想定される。

6枠11番 エントシャイデン

牡4歳・差し・田辺裕信

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−1−3−8

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)

GI:初 重賞:0−0−0−4 東京:2−0−1−2 1600m:4−1−2−2 左:3−0−1−3

参考レース① 2019/5/11 GIIスプリングC 東京芝1400m 11着

テンが遅く、そのうえ超高速馬場のレコード決着となっては、前が詰まり物理的に差し切れないのは当然。

前が詰まりながらも上がりは早く、一瞬のスピードに長けているのは確か。

前々走の阪急杯も同様。

参考レース② 2019/2/2 1600万下節分S 東京芝1600m 1着

少頭数の差しが決まりやすいレースだった。

寸評

テンが遅いゆえに、前走や前々走のような結果に終わる可能性が高い。

6枠12番 ロードクエスト

牡6歳・差し・石川裕紀人(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−3−2−18

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)

GI:0−1−0−4 重賞:3−2−1−16 東京:1−2−0−7 1600m:3−1−0−11 左:2−2−0−9

2016NHKマイルC:2着

参考レース① 2019/5/11 GIIスプリングC 東京芝1400m 12着

スタートやや出遅れ後方からのスタート。

直線の追いでは前が空きかける→結局詰まるの繰り返しが数回。

不器用さは否めないが脚は長く使える。

無駄が多かったにもかかわらず上がりが全体の2位と、スピードはある。

参考レース② 2019/2/3 GIII東京新聞杯 東京芝1600m 4着

それほど前は詰まらずにスピードを上げていけたが届かず。

寸評

人気通りの走りが多いが、素質(東京マイルは1−1−0−4)は元々はある。

とはいえ衰えは否めず、特に東京新聞杯はその傾向が顕著に現れた。

7枠13番 ペルシアンナイト

牡5歳・差し・M.デムーロ

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−4−1−8

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)※海外戦除く

GI:1−3−0−3 重賞:2−3−1−7 東京:0−1−0−4 1600m:3−1−1−3 左:1−1−0−5

2018安田記念:6着

参考レース① 2019/3/31 GI大阪杯 阪神芝2000m 11着

超スローの展開で残り800mからの仕掛けが早いタフな勝負。

最後の直線で前がやや詰まったところで鞍上が諦めた。

あまり器用では無さそう。

参考レース② 2018/11/18 GIマイルCS 京都芝1600m 2着

ステルヴィオと同じようなレース運び。

単純に位置取りの差で2着。

一瞬の切れ味は持っている。

寸評

戦績的には左回りよりも右回り、というよりかは上がりが掛からないレースを得意としている点から、タフさよりキレが持ち味。

基本的には東京マイルはキレ勝負になりづらいので厳しい。

実際東京マイルではGIII富士Sですら結果を出せていない。

器用さに欠けて前が詰まって差しが決まらないパターンが多い。

ステルヴィオと同じような結果を残していることからもタイプは同じ。

鞍上は信頼できるといえど、枠が外過ぎるし展開は向かない。

7枠14番 アーモンドアイ

牝4歳・差し・C.ルメール

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:7−1−0−0

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)※海外戦除く

GI:4−0−0−0 重賞:5−0−0−0 東京:3−0−0−0 1600m:3−0−0−0 左:3−1−0−0

東京→2018ジャパンC・オークス:1着、1600m→2018桜花賞:1着

参考レース① 2018/11/25 GIジャパンC 東京芝2000m 1着

逃げるキセキと最内枠、斤量の恩恵を意識しての先行競馬。

普段とは異なる競馬にもかかわらず、上がり2位で余裕の世界レコード1着。

斤量の差があったとは言え、タフさを示す圧巻の結果。

参考レース② 2018/4/8 GI桜花賞 阪神芝1600m 1着

マイルということもあり、前半はそこそこペースが流れた。

にもかかわらず、最後方からダントツの上がり最速で余裕勝ち。

最後の400m、キレの競馬のみで勝ってしまった。

寸評

後ろからも差せるスピードがあり、先行しても上がりを出せるタフさもあり、大外だろうと最内だろうと力を出し切れる。

その上で斤量のハンデがあるのだから、言うことなし。

唯一の懸念は海外帰り一発目ということくらい。

8枠15番 ダノンプレミアム

牡4歳・先行・川田将雅

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:6−0−0−1

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)

GI:1−0−0−1 重賞:5−0−0−1 東京:1−0−0−1 1600m:3−0−0−0 左:2−0−0−1

東京→2018東京優駿:6着、1600m→朝日杯FS:1着

参考レース① 2019/4/21 GIIマイラーズC 京都芝1600m 1着

超スローの展開で、上がりも上位はほとんど差が出なかったレース。

改めてキレの凄まじさを世に知らしめた。

参考レース② 2018/5/27 GI東京優駿 東京芝2400m 6着

道中スローから最後の直線での粘り勝負となった。

エタリオウを除く上位7頭の上がりにほとんど差は無い。

数字だけ見ると、ほとんど4コーナーでの位置取りの差で決まったように見える。

しかし実際レースを確認すると、残り200mでダノンプレミアムが他より失速しているのが分かる。

初めは持ち前のキレで前に出かけるものの、距離が長く粘り切れなかった。

寸評

日本ダービーでは最後の直線保たなかったものの、マイルなら無理やり押し切れる可能性は秘めている。

ただ、道中ペースが流れたままのレース経験がなく、その場合に長い直線をタフに粘れるかは疑問。

また、内枠にいる逃げ馬のアエロリットが出だしを早めれば、大外枠のダノンプレミアムはいきなり脚を使うハメになる。

当然これらの懸念を吹き飛ばすほどの実力があるかもしれないし、またそれを引き出せる鞍上であることは確か。

8枠16番 ロジクライ

牡6歳・先行・武豊(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−2−4−7

過去戦績(GI・重賞・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−2 重賞:2−1−3−4 東京:2−0−1−1 1600m:5−2−2−5 左:2−1−1−2

1600m→2018マイルCS:14着、左回り→2019高松宮記念:8着

参考レース① 2019/5/11 GIIスプリングC 東京芝1400m 3着

レコード決着の超高速馬場で先行しながら、最後100mで差し返していた。

参考レース② 2019/2/3 GIII東京新聞杯 東京芝1600m 9着

先行して前で粘っていたが残り100mで失速。

寸評

近走は人気通りの走りに終始しているのは、やはり衰えが見えるからか。

東京マイルというタフさも求められると厳しく、枠も大外と先行には向かない。

最終見解

展開は恐らくアエロリットがテンを早めて逃げにかかる。

ペースを緩めてしまうと切れ味抜群の差し馬に持っていかれるので、ヴィクトリアマイルの二の舞にはならない程度にペースを流す。

そうなると最後の長い直線は、タフさや馬群の中での器用さがものを言う展開になる。

その中でも特に前めに付けられるテンの早い馬や単純に距離損のない内枠が有利。

それらを満たすのは2強以外なら、2アエロリット・4サングレーザー・5インディチャンプ・8モズアスコット。

そして2強の扱い。

15ダノンプレミアムはやはりスピードを維持できるかが鍵。

それに比べると14アーモンドアイは死角がほとんどない。

本来なら馬体重などを見てから判断したい所だが、それが叶わないので印は決めます。

予想印

◎ 2アエロリット

◯ 14アーモンドアイ

▲ 4サングレーザー

△ 5インディチャンプ

△ 7モズアスコット

☆ 1ケイアイノーテック

結果的に東京マイルや東京2000mで結果を残している馬を選んだ感じでしょうか。

ダノンプレミアムは思い切って外し。

2桁人気の中で唯一、可能性を感じる穴馬のケイアイノーテックは、枠と鞍上の不安から買い目に入れるかは微妙。

買い目

ダノンプレミアムを思い切って外しているのなら、ワイドで当てに行くよりも3連系を買うべきか。

ということで。

◎1頭軸3連複流し計10点10,000円均等買い

で攻めます!

結果

スタートの不利はありましたが、久しぶりに的中

スタートの不利でダノンプレミアムが後ろに下がらざるを得ない事を除けば、ほぼ予想通りの展開。

さらに土日共に内枠の穴馬が来ていたように内枠有利の馬場。

またその中でも差しにこれる馬のチョイスも完璧(5〜7着にサングレーザー・モズアスコット・ケイアイノーテック)でした。

一つ想定外とすればグァンチャーレの粘り。

確かにOPレベルでは前傾ラップでも粘れています。

ただマイル重賞レベルでの成績はそれほどだったので驚きです。

道中、単独の2着で内を回れたのが良かったのでしょう。

ダノンプレミアムに関しては、運がなかったとした言いようがありません。

あそこまで沈むとは思いませんでしたが、やはりハイペースのスタミナ勝負向きでは無かったのは正しかった。

とはいえ馬の能力が低いわけではなく、展開が不向きだっただけなので逆にこの結果で次走人気が落ちれば買いでしょう。

確実に京都マイルの方が向いているので、秋のGIマイルCSに出走するなら楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする