2019/5/5 GI NHKマイルC

令和最初のGIは近年に比べて豪華メンバーとなりました。

基本情報

レース:GI NHKマイルC

条件:3歳・牡馬・斤量57.0kg・牝馬・斤量55.0kg

開催日:2019年5月5日(日)

出走時刻:15:40

開催場所:東京11R

コース:1600m・左回り

東京競馬場
https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/tokyo/t1600/

コース特徴①:コーナーまで直線長い→最初ポジション取りやすく枠不利少ない

コース特徴②:コーナー最初が下り→コーナーでのペースが落ち着かない

コース特徴③:最後の直線前半は上り→ある程度のスタミナが求められる

コース特徴④:最後の直線が長い→瞬発力勝負になりやすい

全頭診断

1枠1番 クリノガウディー

牡馬・先行・藤岡佑介

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:1−1−0−3

直近5戦:1−1−0−3 前走:2019/4/14 GI皐月賞 中山2000m芝 16着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−1−0−1 東京:0−0−0−1 1600m:0−1−0−0 左:0−0−0−1

2019皐月賞:16着、2018朝日杯FS:2着

寸評

朝日杯FSでは同じマイル戦で2着の実績があるが、その時より今回は有力な先行馬も多く厳しいか。

1枠2番 プールヴィル

牝馬・先行・秋山真一郎

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:3−1−0−3

直近5戦:2−1−0−2 前走:2019/4/7 GI桜花賞 阪神1600m芝 6着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−2 東京:初 1600m:0−0−0−3 左:1−0−0−1

2019桜花賞:6着、2018阪神JF:5着

寸評

マイル戦では全て着外だが、過去2戦のGIは人気以上に走っている。

とはいえ複勝できるほどの実力は無いとも言える。

2枠3番 ダノンチェイサー

牡馬・先行・川田将雅

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:3−1−0−1

直近5戦:3−1−0−1 前走:2019/2/3 GIIIきさらぎ賞 京都1800m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:初 1600m:1−0−0−0 左:1−0−0−1

寸評

序盤からペースの出やすい東京に向いているか疑問。

また多頭数も初、かなり人気過剰に感じるが・・・

2枠4番 イベリス

牝馬・逃げ・浜中俊

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:3−0−1−2

直近5戦:3−0−0−2 前走:2019/4/13 GIIIアーリントンC 阪神1600m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:初 1600m:1−0−0−0 左:1−0−0−0

寸評

前走は12番人気ながら逃げ切って1着に。

ただ前走は他に有力な先行馬がおらず、物理的に差し馬勢が届かなかった感じ。

今回も恐らく先頭をハイペースで逃げると思われ、いわゆるペースメーカーに留まるか。

3枠5番 マイネルフラップ

牡馬・差し・松岡正海

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−1−0−5

直近5戦:1−1−0−3 前走:2019/3/23 GIII毎日杯 阪神1800m芝 5着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:初 1600m:2−1−0−3 左:1−0−0−2

寸評

前走はスローペースの1800mだったので度外視。

前傾ラップに強いが、後方からの競馬で上がりタイムを持っていない(34.5以下)ため実力的に厳しいか。

3枠6番 グルーヴィット

牡馬・差し・D.レーン(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−1−0−0(ダートで2勝)

直近5戦:2−1−0−0 前走:2019/3/16 GIIIファルコンS 中京1400m芝 2着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:1−0−0−0(ダート) 1600m:初 左:1−1−0−0(ダートで1勝)

寸評

前走はかなりのハイペースながら後ろから最後直線で差して2着。

とはいえ芝での実績がそのレースのみにもかかわらず、割と人気しているのは気になる。

4枠7番 グランアレグリア

牝馬・先行・C.ルメール

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:3−0−1−0

直近5戦:3−0−1−0 前走:2019/4/7 GI桜花賞 阪神1600m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:1−0−1−0 東京:2−0−0−0 1600m:3−0−1−0 左:2−0−0−0

2019桜花賞:1着、2018朝日杯FS:3着

寸評

朝日杯FSを見れば分かるが、元々は左回り巧者。

上がりタイムも持っているし、ハイペースの展開経験もある。

鞍上も好調、実績も十分、枠も完璧、軸馬には最適。

唯一の不安要素は前傾ラップ経験が無いこと。

4枠8番 ヴァルディゼール

牡馬・差し・北村友一

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−0−0−1

直近5戦:2−0−0−1 前走:2019/4/13 GIIIアーリントンC 阪神1600m芝 8着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:初 1600m:2−0−0−1 左:初

寸評

前走はほぼ最後の直線の瞬発力勝負。

それよりも前傾ラップの前々走を評価したい。

ただ上がりタイムが弱い。

5枠9番 ミッキーブラック

牡馬・差し・岩田康誠(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−0−0−4

直近5戦:1−0−0−4 前走:2019/4/6 GIIニュージーランドT 中山1600m芝 9着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−1 東京:初 1600m:0−0−0−1 左:初

2018ホープフルS:9着

寸評

特になし。

5枠10番 カテドラル

牡馬・差し・B.アヴドゥラ(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−1−0−2

直近5戦:2−1−0−2 前走:2019/4/13 GIIIアーリントンC 阪神1600m芝 2着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:0−0−0−1 1600m:0−1−0−0 左:1−0−0−1

寸評

前走のアーリントンCでは最後方から上がり最速でわずかに届かず2着。

6枠11番 ロードグラディオ

牡馬・先行・大野拓弥(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−1−0−2

直近5戦:2−1−0−2 前走:2019/4/13 GIIIアーリントンC 阪神1600m芝 7着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:初 1600m:2−1−0−2 左:初

寸評

特になし。

6枠12番 ワイドファラオ

牡馬・逃げ・内田博幸

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−2−0−0

直近5戦:2−2−0−0 前走:2019/4/6 ニュージーランドT 中山1600m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:0−1−0−0 1600m:2−2−0−0 左:1−1−0−0

寸評

落ち着いたペースの逃げ馬だが、今回はイベリスの後ろに付ける競馬になりそう。

枠も外目だし、前走のように楽逃げとはいかないだろう。

7枠13番 ファンタジスト

牡馬・差し・武豊

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:3−1−0−2

直近5戦:2−1−0−2 前走:2019/4/14 GI皐月賞 中山2000m芝 13着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−2 東京:1−0−0−0 1600m:0−0−0−1 左:2−0−0−0

2019皐月賞:13着、2018朝日杯FS:4着

寸評

最後直線瞬発力勝負といきたい馬だが、レベルの高いハイペースな展開に付いていけるかは疑問。

7枠14番 ハッピーアワー

牡馬・差し・吉田隼人

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:3−2−1−1

直近5戦:3−0−1−1 前走:2019/3/16 GIIIファルコンS 中京1400m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:初 1600m:0−0−1−1 左:2−0−0−0

寸評

右回りよりも左回りに向いているし、ハイペースにも強くコンスタントに上がりも出せている。

単純なグルーヴィットとの比較でも、実力以上にオッズに開きがある。

7枠15番 ヴィッテルスバッハ

牡馬・差し・戸崎圭太

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−0−1−2

直近5戦:2−0−1−2 前走:2019/4/6 GIIニュージーランドT 中山1600m芝 3着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:1−0−0−0 1600m:2−0−1−1 左:1−0−0−1

寸評

スローからのヨーイドンタイプか。

上がりタイムは持っているがハイペースになった時は未知数。

8枠16番 トオヤリトセイト

牡馬・差し・福永祐一

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−0−1−1

直近5戦:2−0−1−1 前走:2019/4/13 GIIIアーリントンC 阪神1600m芝 3着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 東京:1−0−0−0 1600m:0−0−1−0 左:1−0−0−0

寸評

前走はそこまでペースは早くなかったにもかかわらず前崩れの展開に助けられた。

8枠17番 アドマイヤマーズ

牡馬・先行・M.デムーロ

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−1−0−1

直近5戦:3−1−0−1 前走:2019/4/14 GI皐月賞 中山2000m芝 4着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:1−0−0−1 東京:0−1−0−0 1600m:4−0−0−0 左:2−1−0−0

2019皐月賞:4着、2018朝日杯FS:1着

寸評

1600m、左回りなら本来の実力は出し切れるはず。

ただ鞍上が不調、枠が大外、また多頭数での先行で残れるのかが気がかり。

8枠18番 ケイデンスコール

牡馬・差し・石橋脩(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−1−0−2

直近5戦:2−1−0−2 前走:2019/3/23 GIII毎日杯 阪神1800m芝 4着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−1 東京:初 1600m:2−1−0−1 左:2−1−0−0

2018朝日杯FS:13着

寸評

左回りで結果を出しているがレースレベルは低い。

最終見解

NHKマイルCの過去の結果を見ても、前傾ラップ、前3Fは34.5前後とハイペース。

今回はイベリスがそのペースを作りそう。

そのペースで差し馬の上りタイムは34.0を切る程度は欲しい。

最後の直線は長いので4コーナーでの位置取りが後ろめでも瞬発力で差せる。

大抵は前残り1〜2頭、差し馬1〜2頭が複勝するパターン。

前残り筆頭は7番グランアレグリア。

次点で3番ダノンチェイサーや17番アドマイヤマーズだが、正直オッズほど信頼はおけない。

ここは思い切って差し馬勢を狙っていきます。

差し馬筆頭はオッズ的には6番グルーヴィット。

そしてこの馬をさらに後方から交わした14番ハッピーアワーが気になる。

10番カテドラルや15番ヴィッテルスバッハも上がりタイムは持っているし悪くはない。

予想印

◎ 7 グランアレグリア

◯ 14 ハッピーアワー

▲ 6 グルーヴィット

△ 10 カテドラル

△ 15 ヴィッテルスバッハ

買い目

ワイド◎1頭軸流し計4点10,000円予算買い

で勝負!!

結果

グランアレグリアは(降着ありで)5着と沈みました。

途中馬群に囲まれて外に抜け出せませんでした。

ただそこは朝日杯FS同様、アドマイヤマーズがいたからこそのように見えた。

結果的には、グルーヴィットの代わりにアドマイヤマーズとケイデンスコールは抑えておいても良かった。

展開は読めていましたが、軸と差し馬の選択ミスです。

やはり枠確定時点から熟考しないとダメっぽいので、次週はしっかり考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする