2019/4/28 GI天皇賞(春)

平成最後の天皇賞 春。

13頭立てと頭数が少ないのは残念ですが、そこそこ粒ぞろいではあると思います。

予想の方はというと、距離が長いので・・・自信は無いです。

基本情報

レース:GI天皇賞(春)

条件:4歳以上・定量58.0kg

開催日:2019年4月28日(日)

出走時刻:15:40

開催場所:京都11R

コース:芝3200m・右回り(外)

京都競馬場
https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/kyoto/t3200/

コース特徴①:コーナーを6回も回る→単純に内枠または内を走る馬が距離得

コース特徴②:2回めの3・4コーナーは下り坂→基本はロングスパート

コース特徴③:距離が長い→ハナから通して逃げ切るのは難しい

コース特徴④:このコースの使用は天皇賞春のみ→リピーターはやや有利か

※少頭数で枠は気にしません。それでも予想が迷走してきたので、

①持続力②瞬発力(共に1〜5の5段階評価、5が最高)

の単純な2項対立で評価しようと思います。

全頭診断

1枠1番 チェスナットコート

牡5歳・差し・坂井瑠星

過去戦績(総合)※海外戦除く(以下同様)

1着−2着−3着−着外:4−5−1−8

直近5戦:1−1−0−3 前走:2019/3/23 GII日経賞 中山2500m芝 9着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−1 京都:1−0−0−2 コーナー6回:0−1−0−2 右:3−2−1−4

2018天皇賞春:5着

寸評

①持続力1

②瞬発力2

2枠2番 エタリオウ

牡4歳・差し・M.デムーロ

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:1−7−0−2

直近5戦:0−4−0−1 前走:2019/3/23 GII日経賞 中山2500m芝 2着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−1−0−1 京都:1−2−0−0 コーナー6回:0−2−0−0 右:1−6−0−1

2018菊花賞:2着、2018東京優駿:4着

寸評

ザ・シルバーコレクター。

連対しなかったのは新馬戦とダービー(トップと0.2秒差)共に4着のみ。

昨年の菊花賞のようにロングスパートで上りも使える。

①持続力3

②瞬発力4

3枠3番 リッジマン

牡6歳・差し・蛯名正義

過去戦績(総合)※ダート戦除く

1着−2着−3着−着外:5−4−0−15

直近5戦:2−0−0−3 前走:2019/3/17 GII阪神大賞典 阪神3000m芝 6着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−1 京都:0−1−0−1 コーナー6回:4−3−0−4※ 右:5−3−0−10

※中山3600m(コーナー8回)を含む

2018有馬記念:12着

寸評

長距離に方向転換後の成績、ステイヤーズSやダイヤモンドSなど特に3000m以上が良い。

その時の上りタイムは35秒台後半とやや物足らないものの、悪くはない。

前走は稍重の場で外を回した分のロスによって最後伸びを欠いた。

①持続力3

②瞬発力1

4枠4番 ヴォージュ

牡6歳・逃げ・和田竜二

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:7−1−2−15

直近5戦:1−0−0−4 前走:2019/3/17 GII阪神大賞典 阪神3000m芝 8着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 京都:4−0−2−3 コーナー6回:2−0−0−3 右:6−0−2−11

寸評

重賞では複勝経験無し。

①持続力1

②瞬発力1

4枠5番 メイショウテッコン

牡4歳・逃げ・福永祐一(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−0−1−5

直近5戦:2−0−1−2 前走:2019/3/23 GII日経賞 中山2500m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−1 京都:2−0−0−4 コーナー6回:1−0−0−1 右:5−0−1−5

2018菊花賞:14着

寸評

前走はスローペースに持ち込み楽逃げの展開で勝ちきった。

前々走は出遅れ、昨年菊花賞は自分の形に持って行けず、最後の直線スピード勝負に負けた。

今回は展開次第では前残りも十分ある。

①持続力5

②瞬発力2

5枠6番 カフジプリンス

牡6歳・先行・中谷雄太

過去戦績(総合)※ダート戦除く

1着−2着−3着−着外:4−1−4−11

直近5戦:0−1−2−2 前走:2019/3/17 GII阪神大賞典 阪神3000m芝 2着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−1 京都:0−0−0−3 コーナー6回:2−1−1−2 右:2−1−2−8

2016菊花賞:8着

寸評

瞬発力よりもスタミナがあるのは間違いない。

京都での戦績が悪いのが気になる。

①持続力4

②瞬発力1

5枠7番 グローリーヴェイズ

牡4歳・差し・戸崎圭太(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:3−2−0−2

直近5戦:2−1−0−2 前走:2019/1/13 GII日経新春杯 京都2400m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−1 京都:1−1−0−2 コーナー6回:0−0−0−1 右:2−1−0−2

2018菊花賞:5着

寸評

鞍上がデムーロなら・・・

①持続力2

②瞬発力5

6枠8番 パフォーマプロミス

牡7歳・差し・北村友一(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:7−2−2−6

直近5戦:1−0−1−3 前走:2019/2/10 GII京都記念 京都2200m芝 4着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−2 京都:2−0−1−2 コーナー6回:1−0−0−1 右:4−0−1−4

2018有馬記念:14着、2018宝塚記念:9着

寸評

良くも悪くも、ほぼほぼ人気通りの結果のみ。

①持続力2

②瞬発力4

6枠9番 ユーキャンスマイル

牡4歳・差し・岩田康誠

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−3−1−2

直近5戦:2−1−1−1 前走:2019/2/16 GIIIダイヤモンドS 東京3400m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−1−0 京都:2−2−1−1 コーナー6回:1−1−1−0 右:2−3−1−2

2018菊花賞:3着

寸評

典型的なスローペースからのヨーイドン巧者か。

①持続力2

②瞬発力4

7枠10番 フィエールマン

牡4歳・差し・C.ルメール

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:3−2−0−0

直近5戦:3−2−0−0 前走:2019/1/20 GIIアメリカジョッキーC 中山2200m芝 2着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:1−0−0−0 京都:1−0−0−0 コーナー6回:1−0−0−0 右:2−2−0−0

過去参考レース

寸評

菊花賞のようにスローなら断然強い。

①持続力2

②瞬発力5

7枠11番 ケントオー

牡7歳・差し・幸英明

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−2−5−28

直近5戦:0−0−0−5 前走:2019/3/17 GII阪神大賞典 阪神3000m芝 7着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 京都:3−0−2−11 コーナー6回:0−0−0−1 右:0−0−1−8

寸評

①持続力1

②瞬発力1

8枠12番 クリンチャー

牡5歳・先行・三浦皇成

過去戦績(総合)※海外戦除く(以下同様)

1着−2着−3着−着外:3−1−2−6

直近5戦:1−0−2−2 前走:2019/3/23 GII日経賞 中山2500m芝 7着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−1−1−3 京都:2−1−1−0 コーナー6回:0−1−2−2 右:0−0−0−2

2018天皇賞春:3着、2017菊花賞:2着

寸評

海外前は大箱のロングスパートとスタミナあり、特に京都は相性良い。

①持続力5

②瞬発力2

8枠13番 ロードヴァンドール

牡6歳・逃げ・横山典弘

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−5−4−11

直近5戦:0−1−1−3 前走:2019/3/17 GII阪神大賞典 阪神3000m芝 3着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−0−2 京都:3−2−1−3 コーナー6回:0−0−1−1 右:4−4−3−10

寸評

前走は稍重のスタミナ勝ち。

今回も前残りに期待したい。

①持続力4

②瞬発力1

最終見解

結局、「超スローペースからのヨーイドン」になるのか、「ややハイペースからのスタミナ戦」になるのかで変わる。

そして今回は、そのどちらでも無い中途半端な中間の展開になりそう。

すると単純に実績もあり力もあるエタリオウやフィエールマンは外せないか。

この2頭に、持続力特化の前残りと、瞬発力特化の差し切りを2頭ずつ、計4頭を選べば良さそう。

前残り候補は、メイショウテッコン・カフジプリンス・クリンチャー・ロードヴァンドール。

カフジプリンスは京都での実績、クリンチャーは割と人気している点でやめます。

差し切り候補は、グローリーヴェイズ・パフォーマプロミス・ユーキャンスマイル。

ユーキャンスマイルは人気しているのでやめざるを得ません。

ここで、個人的に大穴でリッジマンが気になっています。

前残り期待でメイショウテッコンは据え置き、オッズ的にグローリーヴェイズをやめてリッジマンにします。

予想印

◎ 2 エタリオウ

◯ 10 フィエールマン

▲ 5 メイショウテッコン

△ 8 パフォーマプロミス

△ 13 ロードヴァンドール

☆ 3 リッジマン

買い目

ワイドフォーメーション◎・◯―▲・△・△・☆計8点10,000円予算買い

で勝負します!!

結果

ワイド8−10オッズ16.6倍の1点的中!

1000m59.8秒のミドルペースは予想通り。

ただしエタリオウが最後方だった時点でフィエールマン次第に。

早くもなく、遅くもないペースで結局はロンスパ戦。

前は崩れ、中団前めにつけていた馬たちの直線勝負になりました。

結果フィエールマンとグローリーヴェイズの一騎打ちでした。

今回はどちらの展開でも拾えるような買い方をしたおかげで的中。

結果的にグローリーヴェイズを甘く見て、大穴リッジマンを狙ったのは余計でしたが・・・

ところでM.デムーロ騎手の調子が気になるところ。

NHKマイルCのアドマイヤマーズの鞍上なので復調を期待したいところですが・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする