2019/3/31 GI 大阪杯

長らく更新していませんでしたが、GIやメンツの揃った重賞限定で記事を立てます。

まだ競馬歴1年も満たないやつの普通の予想だけでは面白くもないと思うので・・・

素人ガチ予想

VS

AI予想

という構図で予想していきます。

※現在、AI予想の方は理論構成中の為、ガチ予想のみとなります。

基本情報

レース:GI大阪杯

条件:4歳以上・定量

開催日:2019年3月31日(日)

出走時刻:15:40

開催場所:阪神11R

コース:芝2000m右・内回り

阪神競馬場
https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/hanshin/t2000/

コース特徴①:スタート直後の直線が短く上り坂→外枠の逃げ・先行馬は厳しい

コース特徴②:1・2コーナーのカーブが狭い→外の距離損が大きい

コース特徴③:3・4コーナーのカーブは緩め→この位置から仕掛やすい

コース特徴④:最後の直線はやや短く上り坂→瞬発力よりはスタミナやタフさ

全頭診断

1枠1番 マカヒキ

牡6歳・差し馬・岩田康誠

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−2−2−7(仏 ニエル賞1着・仏 凱旋門賞14着含む)

直近5戦:0−1−1−3 前走:2019/2/10 GII京都記念 京都2200m芝 3着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:1−1−0−5 阪神:0−0−0−1 2000m:2−2−0−2 右:3−2−2−3

2017大阪杯:4着

寸評

凱旋門賞後はGIクラスでは着外が続いているものの、依然上がりは好調。

ただし大外から一気にまくるタイプなので最内は厳しい。

実際、凱旋門賞後で上がりタイムが3位外だった3レースは全て4番以下の内枠。

逆に思い切って先行したら面白いが、前残りできるほどのスタミナは無いか。

以上を踏まえ消し

2枠2番 ワグネリアン

牡4歳・差し馬・福永祐一(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−1−0−1

直近5戦:3−1−0−1 前走:2018/9/23 GII神戸新聞杯 阪神2400m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:1−0−0−1 阪神:2−0−0−0 2000m:1−1−0−1 右:2−1−0−1

大阪杯は初出走

寸評

前走から約半年ぶりの出走。

昨年の皐月賞以外は全て連対と安定している。

その唯一着外だった皐月賞と奇しくも同じ枠番・馬番。

隣が先行馬の影響で、特に1・2コーナーで内を回されると厳しいか。

前走の神戸新聞杯は頭数も少なく、逃げ・先行馬の割合も多かった。

外からの先行策はともかく今回は内に包まれそうなので消し

3枠3番 アルアイン

牡5歳・先行馬・北村友一

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−3−2−6(香港 QE2世C5着含む)

直近5戦:0−1−1−3(海外戦含む)前走:2019/3/10 GII金鯱賞 中京2000m芝 5着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:1−0−2−3 阪神:2−0−1−0 2000m:1−0−1−2 右:4−3−2−2

2018大阪杯:3着

寸評

昨年大阪杯で3着のときよりも枠が内で期待できる。

阪神内回りや中山の良馬場であれば複勝率100%(1−2−1−0)。

左よりも右回り、小回りのコースとも相性は良く、先行もしやすい枠。

鞍上に左右されない過去戦績で乗り替わりは関係なし。

人気もしなさそうなのでかなり美味しい。買い

3枠4番 エポカドーロ

牡4歳・先行馬・戸崎圭太

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:3−2−1−4

直近5戦:1−1−0−4 前走:2019/2/24 GII中山記念 中山1800m芝 5着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:1−1−0−1 阪神:0−0−0−1 2000m:2−0−0−0 右:3−1−1−4

大阪杯は初出走

寸評

直近3走は着外だが、3走前は出遅れながら差しにいって4着、前々走は距離の長い菊花賞(3000m)、前走は中山巧者のウインブライトやマイルに強いステルヴィオと争った中山1800m。

いずれも割引して考えるべき。

昨年の皐月賞は3・4コーナーで前が空くなど展開にかなり恵まれた感はあるが、日本ダービーでの外からの逃げは、惜しくも2着だったとはいえ印象的。

今回は枠にも恵まれているので期待できる。

アルアイン同様にあまり人気しなさそうなので買い

4枠5番 ムイトオブリガード

牡5歳・先行〜差し馬・横山典弘

過去戦績(総合)※ダート戦除外

1着−2着−3着−着外:4−2−0−4

直近5戦:2−1−0−2 前走:2019/3/10 GII金鯱賞 中京2000m芝 7着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:初 阪神:0−0−0−1 2000m:0−0−0−1 右:1−1−0−3

大阪杯は初出走

寸評

前走の金鯱賞で実力の多寡は計れた。

GIレベルでは厳しい。消し

4枠6番 キセキ

牡5歳・逃げ馬・川田将雅

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−2−4−5(香港 香港ヴァーズ9着含む)

直近5戦:0−1−2−2 前走:2018/12/23 GI有馬記念 中山2500m芝 5着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:1−1−1−2 阪神:1−1−2−1 2000m:2−0−1−0 右:2−1−2−3

大阪杯は初出走

寸評

昨年の毎日王冠から鞍上が川田騎手になって以降、逃げの競馬に変えて3連続複勝。

前走の有馬記念は、距離延長・外枠・中山・連戦の疲れといった諸要因から着外も十分健闘の5着。

特に超高速馬場だった昨年のジャパンカップでの逃げの走りは強いの一言。

今回は距離が短く枠位置も十分、先行争いもほぼ無し、簡単に先手を取れそう。

少なくとも複勝圏内は確実。買い

5枠7番 ブラストワンピース

牡4歳・差し馬・池添謙一

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:5−0−0−2

直近5戦:3−0−0−2 前走:2018/12/23 GI有馬記念 中山2500m芝 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:1−0−0−2 阪神:1−0−0−0 2000m:1−0−0−0 右:2−0−0−1

大阪杯は初出走

寸評

過去戦績は勝つか着外かだが、着外はいずれもGI、1着と0.4秒差以内の4・5着と実力は十分。

距離が短い気もするが、3走前の新潟記念のように大外を回れば問題なし。

前々走の菊花賞でスタミナがあることも証明済み。

ただし、出走馬の中に同じような競馬をする馬(サングレーザー・エアウィンザー・ペルシアンナイト・ステルヴィオ)も多いので、一旦保留。

この時点で、逃げ先行のキセキ・アルアイン・エポカドーロの3頭に、上述差し馬5頭から選んでいく方向になりそう。

5枠8番 サングレーザー

牡5歳・差し馬・F.ミナリク(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:7−2−4−4(香港 香港カップ4着含む)

直近5戦:2−1−0−2(海外戦含む)前走:2018/12/9 GI香港カップ 芝2000m 4着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:0−1−1−1 阪神:1−1−1−0 2000m:1−1−0−1 右:7−1−3−2

大阪杯は初出走

寸評

海外帰りからの1戦目。

過去GI・GIIのクラス問わず上がりは最速またはそれに近いタイム。

前々走の天皇賞秋2着も踏まえると、海外帰り&乗り替わりで実力より人気が劣っている感はある。

6枠9番 エアウィンザー

牡5歳・差し馬・浜中俊(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:7−5−2−1

直近5戦:4−0−1−0 前走:2019/3/10 GII金鯱賞 芝2000m 3着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:初 阪神:4−2−0−0 2000m:4−4−2−0 右:6−5−1−0

大阪杯は初出走

寸評

レースクラスが低いとはいえ、2017年の共同通信杯以外全て複勝圏内と超安定。

過去のレースではレースクラス問わず上がりは最速またはそれに近いタイムのみ。

鞍上もあまり気にならない過去戦績。

6枠10番 ステイフーリッシュ

牡4歳・差し馬・藤岡康太(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:2−2−2−4

直近5戦:0−2−1−2 前走:2019/2/10 GII京都記念 芝2200m 2着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)

GI:0−0−1−2 阪神:0−0−1−1 2000m:1−1−2−0 右:1−2−2−2

大阪杯は初出走

寸評

直近3戦の結果は悪くない。

ただ3走前のチャレンジカップでエアウィンザーに完敗しており、そこで序列は決まった感。消し

7枠11番 ペルシアンナイト

牡5歳・差し馬・M.デムーロ

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−4−1−7(香港 香港マイル5着含む)

直近5戦:0−1−0−4(海外戦含む)前走:2019/3/10 GII金鯱賞 芝2000m 4着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:1−3−0−2 阪神:1−1−0−0 2000m:0−2−0−1 右:3−3−1−1

2018大阪杯:2着

寸評

海外帰りからの2戦目。

過去の戦績を見ると、GIで連対した4回は全て右回りの中山・京都・阪神で、着外2回は左回りの東京。

前走の金鯱賞は左回りながら叩きとしては上々の4着と言える。

7枠12番 ステルヴィオ

牡4歳・差し馬・丸山元気

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−3−1−2

直近5戦:1−1−1−2 前走:2019/2/24 GII中山記念 芝1800m 3着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:1−1−0−2 阪神:0−1−0−0 2000m:0−0−0−1 右:3−1−1−1

大阪杯は初出走

寸評

マイルが主戦だが、昨年の皐月賞は大外15番で後ろから最終的に4着まで伸びた。

中山でそこまで走れるのなら、阪神内回りも十分走れる。

枠的にも今回はちょうどよい位置取りか。

8枠13番 スティッフェリオ

牡5歳・先行馬・田辺裕信(乗り替わり)

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:7−3−2−8

直近5戦:3−0−0−2 前走:2019/2/17 GIII小倉大賞典 芝1800m 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:0−0−0−1 阪神:2−1−0−1 2000m:4−2−2−4 右:7−3−2−6

大阪杯は初出走

寸評

重賞2連勝中だが、GIIIクラスの域を出ないか。消し

8枠14番 ダンビュライト

牡5歳・先行馬・松若風馬

過去戦績(総合)

1着−2着−3着−着外:4−1−4−9(香港 QE2世C7着含む)

直近5戦:1−0−1−3 前走:2019/2/10 GII京都記念 芝2200m 1着

過去戦績(クラス・競馬場・距離・右左)※海外戦除外

GI:0−0−1−5 阪神:1−0−0−5 2000m:1−0−2−3 右:3−0−4−7

2018大阪杯:6着

寸評

一番複勝がありそうな穴馬か。

過去GIクラスでは朝日杯FSを除けば5・6着以内と安定。

皐月賞以外はほぼ人気通りの着順だったとも取れる。

とはいえステイフーリッシュ同様、チャレンジカップの負けを考えると消し

最終見解

天皇賞春が本線だと思われるキセキが逃げる展開なら、普段よりはスローペースになりそう。

天候は晴れだが、昨日の雨で馬場は11時現在で稍重。

なのでアルアイン・エポカドーロ・キセキのうち少なくとも1頭は前残りすると予想。

残りはブラストワンピース・サングレーザー・エアウィンザー・ペルシアンナイト・ステルヴィオの差し馬5頭から。

正直差し馬の差は4コーナーでの位置取り次第だと思うので読みづらい。

ここは潔く、前残り2頭に期待して・・・

アルアイン・エポカドーロ・キセキのワイドボックス計3点10,000円予算買い

でいきます!

これで差し馬5頭ばかりだったら、勉強代だったと思います笑

結果

1着3番アルアイン・2着6番キセキでワイド3−6オッズ10.9倍的中!

アルアインの粘りに感謝

・エポカドーロがキセキより前で逃げてくれた

・予想以上にスローペースな展開

・(良馬場と発表されていたが)前日の雨の影響

この辺が予想と見事にマッチしました。

レース途中1000mが1分1秒台のペースだった時点で半ば勝ちは決まりました。

実際どのくらいスローだったかを比べると、今回の勝ちタイム2:01.0(アルアイン)は、去年の勝ちタイム1:58.2(スワーヴリチャード)より3秒近く遅いです。

一昨年の勝ちタイム1:58.9(キタサンブラック)と比べても2秒強遅い。

競馬で3秒の差はかなりの大差。

阪神2000mは他の競馬場2000mと比べてもハイペースになりやすい事も相まって、「超」がたくさんつくほどのスローペースだったわけです。

ただし反省点もあります。

展開に恵まれ前残り2頭を当てられた一方で、3・4着が消したワグネリアンとマカヒキでした。

まず2番ワグネリアンが思ったより内で回っても問題がなかった点。結果上りは2番手。

次に1番マカヒキが予想以上に差し、というより追ってきた点。結果上り最速。

恐らくスローペースになったことで、単純に内枠の距離得がそのまま差し馬達の結果に現れたと思われます。

例えば外枠だったペルシアンナイトやステルヴィオは外から前に行くために足を使いすぎたため、最後の直線は全く伸びてませんでした。

この2頭よりは内枠で、道中それほど前には行かなかったエアウィンザーやブラストワンピースは、結局のところ外を回った分の距離損がそのまま順位に反映された感じでしょう。

とはいえ、ワグネリアンとマカヒキの力が十分でないと、こうはなりません。

ワグネリアンとマカヒキを甘く見ていたことが一番の反省点であります。

特にワグネリアンはそこまで人気していなかったので、もう今回くらいのオッズでは買えないでしょう。

次回は4月7日(日)GI桜花賞です。→ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする