重賞競馬予想2018年7月結果考察

こんにちは!

当たらない競馬予想シリーズ、今回は2018年7月の結果を振り返りたいと思います。

7月22日の結果はコチラ

7月29日の結果はコチラ

7月8日から重賞はGIIIのみでしたが、計7回に5頭3連複ボックスでそれぞれ100円、合計7,000円を入れました。

その結果をまとめました。

※7/15まで(薄い青い色の箇所)は予想印を付けて無かったため、馬番順になっています。

こうして色付けして(黄色の所)見てみると分かりやすいですね。

この結果から自分は以下の3点に着目しました。

① 的中馬は全て5番人気以上

② 本命◎や対抗◯の的中が1頭のみ

③ 1着・2着の的中率は高い

① 的中馬は全て5番人気以上

これはかなり大問題ですね。

仮に当たってもオッズが低くなってしまうので、回収率が低く長い目で見るとトータルでマイナスに振れてしまいます。

実際7月の結果は正にそうなってしまってます。

ただまだ試行回数が少ないので、何とも言えないです。

② 本命◎や対抗◯の的中が1頭のみ

これももちろん問題ですね。

本命◎に関してはまだ一度も的中してません。

単純に見る目がないということになります・・・

ただ、これもまだ試行回数が少ないので、と言い訳しておきます笑

③ 1着・2着の的中率は高い

問題ばかりが目立つ中、唯一と言っていい明るい結果ですね。

これに関しては少し立ち止まって簡単に考察したいと思います。

1・2着の的中率が高いので、仮に5頭の馬連を購入していた場合の収支を考えてみます。

ついでにワイドの場合も考えてみましょう。

※共に10通り、各100円を購入した場合を考えますので、支出額は3連複の場合と同様です。

<馬連の場合>

トヨタ賞中京記念 12ー16的中 2,430円

クイーンS 5−9的中 1,000円

アイビスサマーD 8−15的中 1,020円

結果・・・支出7,000 払戻4,450 収支▲2,550

<ワイドの場合>

トヨタ賞中京記念 12ー16的中 980円

函館2歳S 5−6的中 570円

クイーンS 2−5・2−9・5−9的中 計1,380円

アイビスサマーD 8−15的中 430円

結果・・・支出7,000 払戻3,360 収支▲3,640

やはり馬連だったら3連複よりも回収はしてるんですね。

ワイドですら3連複よりは回収してます。

まあ全てマイナスなんですけどね笑

ワイドは倍率が10倍以上になりにくいので買いませんが、馬連の同時購入は検討しても良さそうですね。

ここまで7月の結果を振り返りましたが、競馬を本格的に始めたのは7月8日の重賞からなのでまだ1ヶ月。

何かを結論付けるには、年内までは続ける必要があるでしょう。

また今はまだ、秋〜冬のGIに向けた試運転、準備運動みたいなものなので賭け金は低いですが、今後徐々に上げていきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた明日!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする