重賞競馬予想結果(18/11/4)【単複ワイド選定編】「GI JBC3連戦」

こんばんは。確率で当てる競馬予想の結果報告です。

今回はGI JBC3連戦含む6レースが開催されました。

この記事ではGI JBC3連戦の結果を振り返ります。

JBC以外の5頭ボックス予想はコチラ

GI JBC3連戦の5頭ボックス予想はコチラ

結果報告【5頭3連複ボックス編】

結果報告【5頭3連複ボックス編】「GI JBC3連戦

結果報告【単複ワイド選定編】

11月3日(土)

東京11R GII 京王杯2歳S 1,400芝

京都11R GIII KBSファンタジーS 1,400芝

11月4日(日)

東京11R GII アルゼンチン共和国杯 2,500芝

京都10R GI JBCスプリント 1,200ダ

京都11R GI JBCクラシック 1,900ダ

京都12R GI JBCレディスクラシック 1,800ダ

選定基準は以下の通り。

<選定基準>

①以下のいずれかに該当する馬は除外

・単勝10人気以上

・複勝オッズ下限5.0以上

②ワイド下限21.0未満の組合せのみを含む3連複馬券を次が成り立つよう購入

・購入する馬券枚数<購入する馬券の最低オッズ

※直前のオッズ確認が出来ない時もあるため、最終オッズでは上記の条件を満たしていない場合(逆も然り)もあります。その可能性も考慮して実際は下限オッズを若干厳しめで選定しています。

GI JBCスプリント

まずは当日の12時頃の単複オッズ。

単勝9人気以上が対象。最終オッズでも同様。

次に当日の12時頃のワイドオッズ。

マテラスカイが人気だったため、単勝10人気以下との組合せも一部ありました。

最終では8−9のみ圏外(下限25.2)まで落ちていました。

結果対象となった3連複馬券は以下の通り(オッズは当日の12時頃)。

黒枠・・・単複ワイド選定による馬券32組

青枠・・・5頭ボックス馬券10組(うち2組が重複、4−6−9は100人気以下)

赤枠・・・当たり馬券(5頭ボックスで的中→結果報告【5頭3連複ボックス編】

対象馬券が多く、的中馬券をかすめる形となっていまいました。

30倍台は当たって欲しいところだったので残念です。

最終オッズでは8−9が圏外だったのと、比較的人気上位のオッズが下がっていたので、直前であれば抑えられたかもしれません。

またこのレース、最低オッズが10倍以上なのと、対象馬券100倍以上が多いので、「低オッズの切った点数<オッズ」と「100倍以上を切る」の両方をしても良さそう。

一応、「低オッズの切った点数<オッズ」のみ実施した場合の収支変化は以下の通り。

▲3,200 → ▲480

だいぶマイナスが減ります。

GI JBCクラシック

まずは当日の12時頃の単複オッズ。

このレースも単勝9人気以上が対象。最終オッズでも同様。

次に当日の12時頃のワイドオッズ。

こちらは上位3頭が人気を分け合っていたため、その3頭にやや偏っています。

最終オッズでは1−12と9−10が圏外まで下がりました。

結果対象となった3連複馬券は以下の通り(オッズは当日の12時頃)。

黒枠・・・単複ワイド選定による馬券30組

青枠・・・5頭ボックス馬券10組(うち6組が重複)

赤枠・・・当たり馬券

今までと違い、ワイド選定でも対象馬券はほぼ上位馬券のみ。

最終オッズでは1−12と9−10が圏外だったので、更に上位人気のみになっていました。

恐らく上位3頭が等しく厚い人気があったのでしょう。

実際上位3頭が絡まない馬券の最低オッズは9−10−12で最終オッズ226.5倍でした。

さて、このレースで「低オッズの切った点数<オッズ」を実施した場合の結果は以下の通り。

▲3,000 → ▲2,590

馬券4点分の改善が見られます。

GI JBCレディスクラシック

まずは当日の12時頃の単複オッズ。

このレースも単勝9人気以上が対象。ただし最終オッズでは12番が圏外へ。

次に当日の12時頃のワイドオッズ。

よく見ると12番の絡んだ組合せはありません。

最終オッズでも対象ワイドは同じでした。

結果対象となった3連複馬券は以下の通り(オッズは当日の12時頃)。

黒枠・・・単複ワイド選定による馬券25組

青枠・・・5頭ボックス馬券10組(うち7組が重複)

赤枠・・・4−15−16 最終オッズ70.6 的中!!

なんとか最後のレースで的中。

しかもわりと高配当側で的中したので良かった。

さて、今までは不的中のレースで「低オッズの切った点数<オッズ」を実施した場合の結果を追っていたので、このレースでも実施したら以下の通り。

+4,560 → +3,960

当然ながら追加の購入点数分、プラスが減ります。

<考察>

各レースで考察した「低オッズの切った点数<オッズ」を追加購入するパターン。

仮に6レース全てで実施した場合の収支変化は以下の通り。

土曜2レース:▲3,700 → ▲1,260 (2,440↑)

日曜4レース:▲4,740 → ▲3,210 (1,530↑)

合計6レース:▲8,440 → ▲4,470 (3,970↑)

さらに「100倍以上を切る」も実施した場合は以下の通り。

土曜2レース:▲3,700 → ▲260 (3,440↑)

日曜4レース:▲4,740 → ▲810 (3,930↑)

合計6レース:▲8,440 → ▲1,070 (7,370↑)

これに関しては、結果的に万馬券の的中が無かったから改善されるのは当然ではあります。

ですが現状の賭け方で万馬券が来る確率は統計上約2.5%。

それに対して1レース当たりに切れる100倍以上の枚数は、レースによってバラツキはありますが、あれば数枚は必ずあります。

2.5%で出現する万馬券の平均は130倍、確率的に単純計算で200レース中5レースは的中します。

この場合の的中プラス分は130×5=650。

650÷200=3.25なので、100倍以上の馬券を4レース合計13枚以下であればもとが取れます。

なるほど、であれば下手に選定して万馬券を外すくらいならいっそ、初めから切ったほうが良さそうです。

ということで、次回よりワイド選定では、「100倍以上を切る」と「低オッズの切った点数<オッズ」の追加購入の両方を新たに導入します。

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた週末!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする